スポンサーリンク

あいさつの号令「声が小さい」 神戸市立小でクラス全員に長時間の起立強制〈感想…神戸市の教育方針、間違ってんじゃないの〉

画像

スポンサーリンク

あいさつの号令「声が小さい」 神戸市立小でクラス全員に長時間の起立強制

神戸市立高倉台小学校(同市須磨区)で今月9日、1年生を担任する女性教諭が、あいさつの号令を巡って日直の児童を叱責し、授業をせずに学級全員を1時間以上立たせていたことが24日、同校などへの取材でわかった。文部科学省の通知では、長時間起立させることは、学校教育法で禁じられた体罰に当たるとしており、同校が調査をしている。

同校や市教委などによると、女性教諭はその日の日直の児童が「起立、礼」の号令をかけた際、「声が小さい」「ちゃんと言えるまで駄目」などと言って、学級の児童全員約30人を1時間以上立たせたままにした。その間、授業はしなかった。

後日、児童から話を聞いた保護者の問い合わせを受け、校長が女性教諭から事情聴取すると、長時間立たせたことを認めたという。

同校のある保護者は「明らかに不適切。子供も怖がっており、学校側にはきちんと説明と対応をしてほしい」と憤る。同校は「長時間立たせる行為が体罰に当たると認識している。詳細を調査して早期に保護者に説明したい」と説明している。
10/24(木) 18:38配信毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000060-mai-life

ネットの声・考え

 sho***** 
なぜ小さい声ではなく、大きい声で言うのか。
なぜ相手に対して、毎日礼をするのか。

それを教えないで、立たせるだけ
これでは教えになってない。

大切さに気づけるように助言する場面でしたね。

もっというなら、なぜ挨拶の大切さを半年以上経っても子供に伝わってなかったのか。
これを問題にしてください。

bra*****
1年生なら特に”なぜ”そうするのか、を教えるのが重要だと思うけどなー。これまでも指導してきた結果なら基本的に指導力がないわな。
それにさ、声の大小なんて個々人で違う。全く聞こえないならまだしも、何度も何度もやり直させるような教師本当に嫌いだった。

まるまるまるちーず | 7時間前
私の高校の始業式、終業式、
狭い体育館に中学生、高校生がギュウギュウに集められて、
冷房もないのに、校長が軽く1時間以上、説教するのが恒例行事でした。
(説教の内容は東大行け…東大合格者が少ない)
本当にバタバタ生徒が倒れてました。

本当に苦痛で、あれ体罰だと思う。
今みたいな時代なら問題になったんだろうけど、
誰かがチクったら、それはそれで説教されそうではあった。

教育問題を考える 
神戸市は独自採用を辞めたほうがいいかもしれませんね。

bonu
子供の頃よくあったなぁ。授業態度が悪い男子がいて先生怒って出てく→女子が職員室に行って先生に授業やってくださいと言うと先生は原因となった男子が謝りに来なきゃ授業なんてしません!て泣いてた。連帯責任だと悪いことしてない同じ班の子までハタキの棒で叩かれたり。そんな理不尽な事がよく許されてたなー。今じゃ考えられない!

pur****
まだ小1でしょ
てかさ大きければいいってもんじゃないよね
「明るく元気な子」を大人は望むけど、大人しくても思いやりのある子もいる
大人が望む子ども像を押し付けるのは好きじゃない

木花之佐久夜毘賣 
昔はよくあったな。
校長の話が長く、貧血で倒れる人いっぱいいた。
記事とは話違うけど、校長という役職者はなぜ話が長いのか。

rrr***** 
失礼かもだけどまた神戸?
小学生相手だと教師の方が圧倒的に強いから王様気分になっちゃうの?
しかもこれっていじめを助長するような行為だと思う。『あいつのせいで1時間も~』とかならないと良いけど…。




yy_*****
うちの娘はHSP傾向があり、敏感さんです。
答えがわかっていて、挙手もできるのに、当てられると、蚊の鳴くような声しか出ません。
注目されればされる程、緘黙します。
みんなの視線、場の空気、叱責する大きな声には固まってしまいます。
低学年の時、当てられて答えようと、自分なりに一生懸命大きな声を出したのに、先生に「聞こえません」と無視されたり、みんなに聞こえるまで言い直しさされたりしたため、緊張が強くなり、学校に行けなくなりました。

このように、今の子供たちは、成長発達や特性がそれぞれに違い、それが単なる個性としてしつけで矯正できるものでもなく、昔のように「こうでなければならない」という価値観を一律に求めることは難しいです。

al2***** 
このケースは関係ないが昔から小学校の中年女性教師は変なのが多かった。
ヒステリックだったり変な躾にこだわったり。
今騒動になってる教師間虐待問題のボスもしかり。

jda***** 
こういうニュースを見ると、今は一般的に子供が正しく成長する教育をしなければしっかり問題視されるんだなと思う。

自分の場合は、小学生の頃(20世紀末)は、ほぼ同じようなことが起きてもまず問題視はされなかった。よほどの体罰がない限り、先生の言うことが全て正とされ、それに従うことが正と教育されてきた。もちろん、今それが全て正しかったかというと、必ずしもそうとは思わない。
そして中学になったぐらいから教育委員会がそれなりに力を入れ始めちょくちょく教師の問題行為が指摘されるようになった気がする。

自分より更に先人の昭和を生き抜いた世代は、教師が教室で棒を振り回し気に入らない生徒にはバシバシ当ててたとか。今となっては体罰以外の何物でもない。

しかしバランスも難しいよなとも思う。逆に生徒優位になると、教師はも問題生徒へ叱責指導もできなくなるからな。

pjp*****
小学生に剣道を教えていたことがあります。
面を被り大きな声を出すのは難しいので、竹刀を置いてまずは「わぁー!」と叫ぶ練習をします。
大きな声を出せたら褒めて、
大きな声で小手!と言えたら審判の人も○○くんが小手を打ったな、良い小手打てたなって旗を上げてくれるんだよ。だから上手に打つのも大事だけど大きな声も出せるように頑張ろうね。
と教えます。

学年が幼いほど、何故そうするのかを理解できるように教える必要があります。
教え導く者としてそれを怠ってはならないと思います。
大きな声で号令をかける理由・1時間もの長い時間(大人でさえ苦痛なのに)その場に立たせ続ける理由は説明したのでしょうか?

ちなみに経験則ですが、声が小さいからと叱責して繰り返させると、萎縮したり嫌気がさしたりでどんどん声が小さくなります。(高校生でさえそうなるのです)
日直さんの児童が本当に可哀想です。

bef*****
私が小学校の時の担任は、号令だけでなく、授業中の返答の声が小さかったり、担任が望んだような返答でなければ、授業をストップする人でした。
原因となった生徒が大声で謝るまでは、全生徒のことは無視して、ムスーっと椅子に座ったままでした。
私が原因になった時は、「授業とめたくせに」って他の子から言われました。
その時は、そんなものかなと思っていたけれど、大人になってからは、「変な先生だったな」と思います。えこひいきもあったし、水泳の授業が始まる前は、ロングヘアの子は髪の毛を強制でショートに切らされてました。
我が子は、いい先生と出会って欲しいですけどね…。

mih***** 
先生なのに、どうしたのよ?先生違うでしょう。誰に対しても挨拶をする事を更に教えるべきで、声の大小は成長と共に、その都度の環境でちゃんと学ぶのです。
小学低学年位なら、声が小さいのは挨拶を当たり前にがないかもだし、体調の良し悪しを気にかけてあげる、朝食をとりましたか?等を確認して、朝食をとらないと元気が出ない、体や声に元気がなくなるとか教えたら、小学生はより素直に受け入れる事をこの先生は分からなかったのかな。

ヴァ二ラ・アイス 
児童の声が大きい・小さいについてはふと疑問に思うことがある。なぜなら声の大小はほとんどその人の個性であったりはしないか?そしてなぜ「声が大きい方が良い」と考えるのだろうか?そうした価値観を社会全体で変えていく岐路にあるのではないか。その方が声が大きい人もいて良いし、小さい人もいて良いし、中位な人もいて良いし、全く声の出ない人がいても良い。そして様々な事情を持った人が生活しやすいのではないか。

声の大小よりも「思考思考しているのか?思考したことを表現できているのか?」の方が大切に思える時がある。

yok***** 
元教員です。なぜ礼するのか教えるべき、という意見が多いですね。でも実際の順番は逆です。
まずやらせる→後から理由。毎日することは、指導というより、しつけなので、まずはやらせること。なぜやる必要があるのかはもちろん説明、指導は最初にしますが、実際本当に理解できる子どもは少ないです。トイレのスリッパがいい例ですが、上手な指導を考えるより、毎日揃えてしまうのが効果的です。こっちが揃えると、揃っているのが当たり前なので揃っていきます。揃ってきてから、揃える理由を指導します。優秀な先生ほど、まずはやらせてそこから上手に理由を実感させて定着させる。だめな先生ほど、理由をわからせることに執着し、いつまでたっても生徒はやらない。
だから、授業の礼もまずはやらせる方が先。今回の先生のケースは、やり方がまずすぎる。礼をするモチベーションが下がるたけで逆効果。一時的にできても習慣にはならない。




mmm****
誰かを傷つけたわけでも、危険なことをしたわけでもない。ただ声が小さかっただけ。
声の大きさはその子によって違います。
ましてや一年生、まだ幼稚園や保育園を卒園して半年の子どもです。恥ずかしかったり緊張したり、あったのかもしれない。
そこを加味せずただ声が小さいと、クラス全員を立たせることに何の意味があるのか。
そこから何が生まれるのか。
保育園の暴力副園長然り、子どもに恐怖を与えて言うことを聞かせるなんて、教育とは言えないと思います。

rog***
自分が子供の時の両親は、勉強より挨拶がうるさかっな。
隣に住んでる人や、近所の人に挨拶しなかったら怒鳴られてた。
まあでも、そのおかげで良く見られた部分もあったから結果良かった。
特に会社の面接試験の時が一番自分にとって重要だった。
その会社採用が決まって、担任の先生が、学科試験では不合格の点数だったが、面接時の挨拶、礼儀正しかったのが良くて採用決めたと面接した方が先生に報告してくれて、当時はうれしかったし、両親にも感謝した。
自分の人生にとっては、もしかしたら挨拶は勉強より重要な事で、何を始めるでも、まず挨拶からが基本かな。

htydsryr
昭和の私が子供の頃は忘れ物でビンタされた
そこまで人を怒らせてしまった事に驚いたし、恥ずかしい気持ちにもなった
実は面倒だっただけで、忘れてはいないんだけど集団の約束を果たす努力をしないと罰せられると現実的に理解したと言うか
まあ他人も迷惑するでしょうからね
今でもそれぞれ良い先生しかいなかったと思うけど
今の子供は他人の怒りをどうやって学ぶのだろう
教師はどうやって怒りを伝えるんでしょう
今の教育現場で未熟な子供がそれを察する大人に成長出来れば良いんですが

cho*****
教員です。

1年生は何度かもちましたが…

集団として、元気のいいクラスもありましたし、
大人しめのクラスの時もありました。
それぞれ、いいところも、悪いところもありましたが、個性なのかなと。大人しめのクラスは、声
は小さい恥ずかしがりな面はあるけど、しっかり話が聞けるとか…

1年生は、特に親となって思うのは、一番大事なのは、楽しく学校に通得ることがだと思います。もちろん、規律は大事です。

この先生も、一生懸命だったのだとは、思います。でも、子どもを萎縮させるまで…は間違いでした。

学校としてはどうだったのでしょうか。私の経験では、昔、給食の食缶を見て、食べるクラスは賢い、食べないクラスはだめ、その担任は注意されるといったことがありました。

クラスの実態が担任の力量、確かにその部分もありますが、担任をおいつめるような学校の実態はなかったのか、気になります。

wes***** 
小学生の頃の担任は片付けるのが遅い者がいると連帯責任だった。
遅れた本人は資料室に引きずられた。
その間、他のクラスメイトは自習、破壊音が聞こえる中、幼いながらも自習という自由な時間、張り詰めた空気、誰一人口を開かなかった。
その教師は巨躯でスポーツ万能、身体は木の葉のように飛んだ。
痛みは麻痺し、30分を超えると涙も出ない、胸ぐらを掴まれ吊り上げられ教師のネクタイを見つめ、早く終わらないか?と小学生の身で考える。
稀な例であり、現代において許される事ではないだろう。
その教師は二日酔いのような匂いをさせ、変に熱血だった為余計に手に負えなかった。

しかし、その経験があるからこそ、人の痛みを知った。
人にしてはいけない事を学んだ。
理不尽を学んだ。

今の時代、子供が己で学ぶべき事が守られすぎている気がする。
暴力を肯定する訳ではないが、人の痛みを知らない大人が量産されていると感じる。

ma_***** 
神戸市の公立教育が危機的状態だ。
神戸市立の小学校の教師は多くが非常に質が低いことが良く分かった。
教員採用の方式も神戸方式なる特異なやり方でやっているらしく、不適格者が採用される原因となっている。
全国のスタンダードな方法に改善すべきだ。
教育委員会は「カレー中止」など保身の頓珍漢発言などで指導力がないことが明らかであり、総入れ替えするくらいの改革が必要だ。

jpg*****
いつの時代の人?教師が生徒に何か指示するときには、何か学びの理由が必要。1時間立ちっぱなしで、先生のこと怖がって、何か学びがあるのでしょうか。何も学べない指示を出している自分にその教師は存在の意義を見つけているのでしょうか。

******
うちの娘も気は強いのに内弁慶で、学校では1年生の時はモジモジして声が小さかったです。3年生の今はすっかり自が出ているようですが。
みんなの前で大きな声が出るかどうかは、性格的なものや、月年齢など、個人差もあるのではないでしょうか。

1年生の報告はまだ頼りないので、正確な状況はわかりませんが、保護者も目くじらを立てすぎず、先生も焦らずに指導できる環境が整うと良いですよね。




管理人の感想

小学校1年のクラス全員を1時間も立たせて、この女教諭は何をしたかったのでしょう

かね。本当に理解に苦しむよ。

この女教諭もちょっと異常だね。記事には年齢とか経験年数が書いてないけど、きっ

と指導力不足教員だと思います。

実は何処の学校にも、1人や2人はどうにもならない指導力不足教員がいるんですよ

ね。現実問題として。

教師集団はそうしたできの悪い教員をサポートしながら、学校全体としてはなんとか

いい形に持っていってるんです。そのためには、管理職(校長、教頭)が真剣になっ

て、教師と一緒に教育に参画していかないとだめなんですよね。

ところが、校長室の椅子にあぐらをかいて、偉そうにしているだけの勘違い校長がい

るんですよね。そういう校長は、子どもたちや教師たちを放ったらかしにして、用も

ないのに教育委員会に行って油を売ったり、意味もない出張にしょっちゅう出掛け

て、学校現場にいないのです。

でも、それでは、学校現場が回らないので、そういう勘違い・バカ校長は、教頭に仕

事を全部押し付けているのです。

東須磨小学校の前校長や現校長はおそらくそういう校長だったと思いますね。

元教師の僕が言うので間違いなし😅

ついでに言うと、学校の勉强がそれなりにできないと、教員採用試験に合格しないん

ですけど、教師としての指導力と教師自身の学力はあまり関係ないんですよね。

京都大学出身でも頼りない教員がいるし、一方で偏差値の低い大学出身の教員でも、

指導力の優れた教師がいます。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。