名古屋市教委に対する文科省の前川氏授業調査は学校現場への圧力か

文科省の調査指示が名古屋市教委に届いていました。

今年2月、名古屋市立中学校の総合学習の時間に、文部科学省前事務次官の前川喜平氏が

講師として呼ばれ、その授業の一環で講演したところ、その内容を報告しろと命令してき

たのです。

事細かな質問事項に加え、講演の録音データまで提供するようにとの要求。

こんなことを文科省が税金を使って調査して、その結果を全国の学校教育にどう役立てよ

うというのでしょうか。

何の役にも立たないでしょう。

こんなバカげた調査(違法行為スレスレ…教育介入)を起案したのは文科省の淵上孝・教

育課程課長と上司の高橋道和・初等中等教育局長。

その命令を受けて、同課の課長補佐が市教委に初めて電話で問い合わせたとのこと。

今月1日には「授業内容を知りたい」とのメールを送っていました。(中日新聞記事より)

こんな調査を名古屋市教委に命令した意図はなんでしょうか。

前川氏が加計学園問題で政府に対し、「総理のご意向」などと記された記録文書に基づ

き、「公正、公平であるべき行政のあり方がゆがめられた」と発言していたことを高橋道

和・初等中等教育局長たちが問題視したのでしょう。

あるいは、初等中等教育局長たちが、内閣人事局のお目に叶うよう忖度したうえでの調査

だったのかもしれません。

淵上孝・教育課程課長は「法的に、調査に問題があるとは思っていない」と語っていまし

たが、前川氏が勤務時間外に「出会い系バー」で遊んでいたことだって、法的には何ら問

題はないでしょう。

違法行為を行っているような「出会い系バー」なら、営業許可がおりていないはず。

まあ、裏表のある商売のことだから、これ以上理詰めで言う気はないですが、文科省が現

場におろしてくる調査や研究事業はホントに現場を意味なく忙しくさせるだけ。

文科省のお役人には、文科省の教育調査や教育研究なるものは、教師を子供の教育から遠

ざけるものと肝に命じておいてほしいですね。

ただ、今回の文科省の違法行為とも言える名古屋市教委への調査に対し、名古屋市教委や

当該中学校校長は毅然とした態度で文科省に対応していました。

なかなか立派な態度でした。

よくやったと思います。

近畿財務局のお役人たちも、貧乏神・籠池氏の難癖に対し、毅然とした態度で対応してお

れば、現在、安倍政権がこれほど困ることにはならなかったでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。