中間試験が間近。子供の学力を伸ばす良い方法は?

子供の成績・学力が伸びることは親の願いですよね。

子供の人間的能力は学力だけで計れるものではないけど、それでも成績が良ければ親は嬉

しいものです。

画像

長年、教師をしていた経験から、子供の学力についてちょっと思いつくままに書いてみま

す。

よろしければ、お付き合いください。

スポンサーリンク

子供の学力を伸ばす方法

①子供はどのようにして自分の能力を開発していくのでしょうか。?

②親は、子供にどんな援助をすることができるのでしょうか。

小学校高学年になると、親に依存していた低学年以前に比べて、ずいぶん大人に近づいて

いきます。

小学6年生にもなると、コミュニケーション能力・社会性が格段に発達してきます。

データまではお見せできませんが、経験上、コミュニケーション能力が高く、社会性が備

わっている子供は概して能力が高く、成績も良いです。

いわゆる知的能力(IQ)が高いのでしょう。

逆にIQが低めの子は、コミュニケーション能力が低く、社会的な出来事にもあまり関心

を示すことができません。

なので、傾向としては友達の数が少ないように思います。

小学生の高学年にもなると、大人に近くなる子供と相変わらず幼児に近い子供と大きく二

分できるように思います。

大人に近い方の子供は、毎日の勉強に自分なりの意義を見いだしています。

たとえば、「自分は国語よりも数学が好きなので、数学は頑張っている。」「将来、お医

者さんになりたいから、勉強を頑張る。」というように勉強に自分から取り組みます。

一方、まだ精神的に幼い子供達の勉強への姿勢は、おおざっぱに言うと、先生や親に叱ら

れないために勉強をするという感じでしょうか。

まあ、勉強よりも遊びたくてしようがないという子どもたちです。

ですから、勉強している中身よりも、とにかく早く宿題を終わらせて遊ぼうとします。

その結果、宿題の仕方は乱雑で、かつ、あまり内容を理解しようとしません。

一言で言えば、やる気・集中力が違うんですね。

そこで、この集中力を養うにはどうしたらよいか。

(1)まず、御家庭で、子供の勉強する時間をきちっと決めて、子供さんが、空気を吸う

がごとくに当たり前で、机に向かうよう習慣づけすることです。

空気を吸うときに、いちいち「さあ、呼吸をするぞ」と意識して、呼吸する人はいません

ね。😊

勉強も同様で、抵抗なく当たり前に机に向かえるよう、習慣づけしてやることが大事です

ね。(躾といってもいいでしょう)

このことは親さえ意識すればどんな家庭でも可能なことで、早くに取り組めば取り組むほ

ど成功率は高いと思います。

(2)親が子供にできる援助は、勉強するための環境整備をすることでしょう。

SNSとかインターネットの時代になりましたが、文字を読むということには変わりがあり

ません。

ですので、幼児のときは、たくさんの絵本・童話を揃えてやりましょう。読まない本があ

ってもいいです。

きれいな色のワクワクするような絵本を揃えてやるのです。そうすれば、きっと子供の心

も、色彩豊かな温かい雰囲気に包まれるでしょう。

このことには、家庭の経済力や親の生育歴が関係してきます。

問題行動を起こした子供の家を家庭訪問すると、家全体に色彩がありません。玄関に花が

飾ってあった家はなかったように思います。

ところで、経済力があっても、本がたくさんあっても、家庭不和があると台無しです。

子供の心はモノトーンになってしまいます。

このことは、難しいことですね。

夫婦不仲になると、大人でもどうにもならないことがあります。

でも、シングルマザーの御家庭にあっても、明るくて元気な子どもたちは大勢います。

子供の未来は捨てたもんじゃあ、ありません。

(3)中間試験に向けて(中学校)

もう試験まで日数がありませんので、とにかく暗記してください。

英語…単語、熟語を暗記する。

社会…もう、ひたすら暗記する。

理科…基本は暗記。ゆとりがあれば理解する時間を作る。

国語…漢字を暗記していく。

数学…公式を覚えて、その使い方を暗記する。

以上、勉強苦手の生徒向けです。

ホントに思いつくままの、まとまらない話でスミマセンでした。😅

お読みいただき、サンキューです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。