スポンサーリンク

指原莉乃が「絶対、東京に一番おいしいものがある」と言った件

HKT48の指原莉乃が、12月27日放送の『指原VS噂の20人 本気で伺います!』(フジテ

レビ系)に出演したとき、「絶対、東京に一番おいしいものがある」と発言してちょっと

話題になっていました。

この番組は、IT社長の奥さんの私生活やご主人との出会いを聞いたりするトーク番組でし

た。そこである奥さんが、週末に夫と旅行をしててその行き先を食べ物優先で決めている

と話していたとき、指原莉乃が「絶対に、結局東京が一番美味しい物が揃ってるんです

よ」と持論を展開することに。

司会がこういう番組で持論を全面に押し出すのは良くないだろうし、そもそも彼女は

HKT48ですから博多を代表するアイドルです。その彼女が「絶対、東京が一番」と言った

のは確かに失言ぎみ。

もし「博多の食べ物が一番美味しい」って言えば、まあそれなりにOKだったと思います

けど。

でも、たしかに、東京は田舎に比べるとなんでも揃っていますよね。

まずい店もあるだろうけど、美味しい店もたくさんある。だって母数が多いもの。

大分市出身の指原にしてみたら、正直な本音だったと思いますね。

そこで、大分市で人気の美味しいものは何かなと思って検索すると、

「とり天」

大分県民のソウルフード。

鶏の唐揚げとは少し違って、下味を付けた鶏肉に衣を付けて揚げ、酢醤油と練り辛子で食

べるそうです。

「あつめし」佐伯地方

もともとは漁師のまかない飯で、どんぶりのご飯の上に、ブリ、サバ、アジなどの新鮮な

魚の漬けをのせた丼。

こういったどんぶりを「りゅうきゅう」と呼ぶそうだけど、新鮮な魚なら海のある町なら

どこにでもあります。旅で食べるからこそ格別な味がするんですよね。

「別府冷麺」

名前の通りの別府名物。

キムチが入っているそうです。

あと、「湯布院バーガー」「地獄蒸しプリン」

味はわかりませんが、指原莉乃が「絶対、東京に一番おいしいものがある」と思わず言っ

てしまったのがわかる気がします。

大分の田舎から、まだ少女の指原が憧れの大都市「TOKYO」に行って成功したんだも

の。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。