スポンサーリンク

幻冬舎・見城社長が作家の実売数を晒したことで謝罪した件 作家らは一斉反発【管理人の感想】

画像

〈幻冬舎 見城 徹〉

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

作家の著書が何部売れているかなんて、一読者の僕はあまり考えたことはなかったのです

が。

作家と出版社の仁義はよくわかりませんが、普通出版社の方が立場は上でしょうね。

なので、ネームバリューのない弱小作家が、出版社に「あんたの著書の販売数は○部しか

なくて売れてないよ」なんてオープンにされるとダメージが大きいよね。

でも、テレビ番組の視聴率は完全にオープンになっていますよね。

テレビドラマにも主役がいて脚本家やディレクターがいて、彼らも視聴率で常に評価され

ています。

そのことを考えると、著書の販売数がオープンになって、作家が評価されることにそんな

に違和感を感じないのですが。

著書の販売数をオープンにすることは作家へのリスペクトがないということだけど、そう

するとテレビ視聴率をオープンにすることは、俳優さんやディレクターをリスペクトして

いないということになるよね。

参照記事:『【追記】幻冬舎・見城社長「実売数晒し」で謝罪 作家ら一斉反発→「本来書くべきことではなかったと反省」

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。