筑波大女子学生行方不明、チリ人容疑者を地の果てまで追いかけろ!

久しぶりに「筑波大女子学生・黒崎愛海さん行方不明事件」について、ニュースが伝わっ

てきましたが、残念ながら朗報ではありませんでした。

朗報どころか、チリ当局がチリ人容疑者の出国禁止措置を解除したという内容でした。

でも、チリ人容疑者ニコラス・セペダの国際指名手配は継続しているので、チリ国外に逃

亡することはないと考えられるので、今の所、状況がさらに悪化することはないかも。

それにしても、限りなく黒に近いニコラス・セペダ容疑者がチリにいることがわかってい

るのにどうにもならないという歯がゆさ。

地団駄を踏むという心境はこういうものでしょうか。ご両親の気持ちを察するとお気の毒

でなりません。

状況証拠から考えれば、ニコラス・セペダ容疑者がほぼ犯人。フランス当局も殺人容疑で

国際指名手配をしています。

黒崎愛海さんが失踪直前まで一緒にいて、失踪直前には叫び声や学生寮に血痕が残されて

いたのですから、少なくとも重要参考人。

逮捕して取り調べれば、多くの事実が解明されるはずなのに、悔しい限り。

スポンサーリンク

フランスの警察はどうなってるの

記事によれば、チリ最高裁の広報責任者が、「1年以上待っていたがフランス側から身柄

引き渡しの要請は受けていない」と述べています。

事情は全くわかりませんが、チリ当局はフランス側から身柄引き渡し要請があれば、それ

に応えて、チリ人容疑者・ニコラス・セペダを引き渡していたのでしょうか。

だとすれば、フランス当局はなんで、1年以上も引き渡し要請をせずにほったらかしてい

るのでしょうか。

フランス検察当局は、ニコラス・セペダ容疑者を殺人容疑で国際指名手配しているのだか

ら、それなりの証拠があったはず。その証拠に基づいて、引き渡し要請をすればいいと思

うんですけど。

とにかく状況がさっぱりわかりませんが、ニコラス・セペダ容疑者を地の果てまで追いか

けて逮捕してほしいです。

〈関連投稿〉

【筑波大女子学生の行方不明事件!チリ人犯人を何とか逮捕できないのか(第10報)】
筑波大女子学生行方不明、国際手配の容疑者チリ人男性はどうなった?(第9報)
筑波大生行方不明事件、チリ最高裁がやっと出頭命令!セペダ容疑者は出頭するか(第8報)
筑波大生行方不明!チリ当局がフランス側の容疑者拘束要請を退ける判断(第7報)
筑波大生行方不明。やっとチリ人容疑者の拘束・引き渡しを要請(第6報)
筑波大生行方不明、フランス側からチリ側へ容疑者の身柄拘束要請未だになし(第5報)
仏留学の女子大生不明事件、犯人からメールあり。何故、逮捕できない?
日本人留学生の行方不明事件!フランス・チリの警察は一体どうなってるの?
筑波大学女子学生殺人事件のチリ人犯人は何故、まだ捕まらないんでしょうか?
フランス留学の筑波大生行方不明事件の疑問点!元彼との不運な出会い!

仏・邦人不明 元交際相手の出国禁止が解除
4/25(水) 20:02配信 日テレNEWS24
フランスに留学していた日本人女子学生が行方不明になっている事件で、事件後、チリに帰国した元交際相手の男に対し、現地司法当局が男に対する出国禁止措置を解除していたことがわかった。

この事件は、フランス東部のブザンソンに留学していた黒崎愛海さんが、2016年12月から行方不明になっているもので、フランス検察当局は、黒崎さんの元交際相手で事件後、チリに帰国したニコラス・セペダ容疑者を殺人の疑いなどで国際指名手配している。

セペダ容疑者に対し、チリの最高裁判所は容疑の証拠が不十分として身柄の拘束を認めない一方、チリ国外への出国を禁じていたが、先月21日付けでこの出国禁止措置を解除していたことがわかった。

チリ最高裁の広報責任者は、「1年以上待っていたがフランス側から身柄引き渡しの要請は受けていない」としている。ただ、セペダ容疑者に対する国際指名手配は継続しており、実際にチリ国外に出る可能性は低いとみられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。