スポンサーリンク

筑波大学女子学生殺人事件 チリ人容疑者をこのまま逃してしまうのか

その後、続報がなかった筑波大学女子学生・黒崎愛海さんの行方不明事件。

なんと、フランス当局が捜査を終了したとのニュースが入ってきました。

フランスの学生寮における女性の悲鳴や血痕もあったはず。血痕のDNAをチェックすれ

ば、黒崎愛海さんのものとわかったはずだけど、そのあたりの証拠はどう扱われているん

でしょうか。

〈関連投稿〉筑波大学女子学生殺人事件のチリ人犯人は何故、まだ捕まらないんでしょうか?

フランス当局は今後も、チリの最高裁判所にセペダ容疑者の身柄引き渡しを要請していく

らしいけど、今まで応じなかったチリ当局がフランスの要請に応じる可能性は非常に低

い。

状況的には、真っ黒なチリ人のニコラス・セペダ容疑者(殺人罪)はこのまま逃げ切って

しまうのでしょうかね。

死体さえ見つければ殺人を立証できるのに、一体どこに隠してしまったんだ。

ゆるさーん!

日本人女性不明、仏捜査当局が先月末に捜索を終了

11/8(木) 12:04配信 TBS News i

フランス留学中の日本人女性が行方不明になり、チリ人の元交際相手の男が国際手配されている事件で、フランスの捜査当局が、先月末に女性の捜索を終了したことがJNNの取材でわかりました。

この事件は、フランス・ブザンソンに留学中だった黒崎愛海さんがおととし12月から行方不明となっているもので、元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者が殺人容疑で国際指名手配されています。

現地警察は、携帯電話の位置データに基づき今年春から捜索を続けていましたが、新たな証拠は見つからなかったということです。フランスの捜査当局者は、JNNの取材に対し、「できることは全てやり尽くした」とした上で、10月末に捜索が終了したことを明らかにしました。

今後は、チリの最高裁判所にセペダ容疑者の身柄引き渡しなどを要請するとしましたが、犯行を直接裏付ける証拠が乏しいなかで、チリ側が要請に応じる見通しは立っていません。(08日10:40)

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。