スポンサーリンク

仮想通貨『セナーSENER』とか、投資詐欺に引っかる人たちの不思議

投資詐欺『セナーSENER』が話題になっています。

騙すやつが悪いに決まってますので、投資詐欺に引っかかる人たちを貶める気は毛頭あり

ません。

でも、大の大人がどうして引っかるのか、いつも興味深く思っています。

1 高齢者向けの「オレオレ詐欺」や「投資詐欺」について

これについては、判断力の鈍った高齢者を狙う最も悪質な詐欺ですよね。

詐欺はどんな詐欺でも悪質なんだけど、私的には弱者を狙う詐欺は最も悪質に思えるんで

すよね。高齢者は判断力が鈍っている上に、将来には不安を持っています。蓄えが少しで

も増えたらいいなと思っても無理はありません。

2 投資詐欺『セナーSENER』の被害者

被害者には現役世代の人たちもけっこういたようですし、若者・学生もいたのが特徴。

『セナーSENER』では元本保証、高配当をうたっていましたが、それが本当だとして配当

してくれる会社『セナー』はどうやってその配当金を儲けていたんでしょうかね。

被害者には、月30%の配当を約束していたんだけど、普通あり得ない話でしょう。

そこの所を考えれば、「怪しい儲け話だ」ということに気づくはずだと思うんですが。

それに仮に本当の話だとしたら、そんな儲け話は人に言わずに、犯人・柴田容疑者がマチ

金でもどこでもいいから金をかき集めて密かに投資を続ければ、莫大な利益を上げること

ができたはずですから。

こんなことを考えていくと、ちゃんとした現役世代の人がしかも金銭的に余裕のある人達

が騙されたことが本当に不思議でなりません。

3 結局、物欲が判断を誤らせる

まず、被害者には当座の生活資金以外の貯金があるということですよね。

本当の貧乏人には騙し取られるお金もありませんから(-.-;

眼の前に甘い言葉をかけてくる詐欺師がいて、「チャンスは今日だけ。あなただけに。」

なんて言われると、もう、お金を出さずにはいられなくなるんでしょうね。

冷静な判断力より儲け話の方を選択するのは、やっぱり抑えがたい物欲のせいなんでしょ

う。

4 胸に焼き付けるべき結論

大切な自分のお金を赤の他人に預けておいて、そのお金が増えて自分に戻ってくるわけが

ありません。

他人に自分のお金を渡した段階で、詐欺にあう(持ち逃げされる)可能性の方が極めて高

いのです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。