スポンサーリンク

26歳女が16歳の男子高校生を自宅に一晩泊めたのは、どれくらい悪い事か

尼崎市に住む会社員の女性(26歳)が、16歳の男子高校生を自宅に一晩泊めたため、未成

年者誘拐の疑いで逮捕されてしまいました。

交際相手の男子高校生を自宅に泊める 26歳女逮捕2018/12/23 神戸新聞NEXT〉

逮捕された女性とこの男子高校生は交際していたようで、女の自宅に高校生が泊まったの

も合意の上でのこと、事実は拉致、誘拐したとかではなかったはずです。

刑法典を見ると、『未成年者誘拐罪』とは

第224条に(未成年者略取及び誘拐)として
『未成年者を略取し、又は誘拐した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。』

となっています。

なお、224条は親告罪です。

ここで、略取(りゃくしゅ)とは、暴行、脅迫その他強制的手段を用いて、相手方をその

意思に反してこれまでの生活環境から離脱させ、自己又は第三者の支配下に置くことをい

います。

また、誘拐(ゆうかい)とは欺罔、誘惑などの間接的な手段を用いることで、相手をこれ

までの生活環境から離脱させて、自己又は第三者の支配下に置くことをいいます。

この略取と誘拐とを併せて、「拐取」(かいしゅ)といいます。

ですので、兵庫県警尼崎南署が23日逮捕した26歳女性は、16歳の男子高校生を誘惑

して、自宅に連れ込んだと判断され、その上で親が訴えたのでしょう(親告罪)。

でもまあ、健常者の16歳高校生が誘惑されたのかどうか、26歳女性が誘惑したのかどうか

は微妙なところで、実際は大人の女性に思春期の高校生がのぼせ上がったということでは

ないでしょうか。

高校時代って、年下の女の子ってまだ子供だし、どっちかというと大人の女性に魅力を感

じる男子って意外と多いんですよね。

親の立場からすると、可愛い息子が10歳も年上の女性にうつつを抜かしているのをみる

と、相手の女に腹が立ってきても当然でしょうけど。

相手女性がちゃんとした女性でないにしても、『未成年者誘拐罪』で逮捕とは、ちょっと

気の毒な感じ。逮捕すべき悪いやつは、世の中にもっと大勢いるもの。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。