スポンサーリンク

ミステリー!岐阜県警が報道各社に配信した異動顔写真データに「死ね」の文字

画像

スポンサーリンク

異動顔写真データに「死ね」の文字 岐阜県警が報道各社に配信

岐阜県警察本部の幹部人事をめぐり、報道各社に配られた顔写真データの一部に「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていたことが分かり、警察は、職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べています。

岐阜県警察本部は今月15日、警部以上の幹部人事を発表し、顔写真のデータを報道各社にメールで送りました。

NHKが画像を調べたところ、このうち1人の白いワイシャツの部分に白い文字で「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていたことが分かりました。

文字はワイシャツの色と重なっているため、一目では分かりにくいものの、画像を大きく拡大すると文字が浮き上がるように見えてきます。

県警察本部によりますと、データは、異動前の部署から本部の警務課に提出されたあと、広報県民課が報道各社に送っていて、警務課が保存している画像にも同じ文字があったということです。

文字がいつの時点で書き込まれたのかは分かっていませんが、警察は、職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190228/k10011831471000.html?utm_int=news_contents_news-main_0062019年2月28日 17時55分

管理人の感想

心霊写真では、幽霊が写っているとか何とか盛んに言い立てる人がいますけど、「死ね」

や「呪」の文字が怨霊のせいで出るわけないですよね。😓

上の記事を読む限り、文字は特定の人の顔写真データに書かれていたようなので、いたず

らというより、嫌がらせでしょうね。

3センチ四方の顔写真ではわからないのに、何で拡大して見ようと思ったのですかね。

警察の警務課が保存している画像にも同じ文字があったということですから、報道各社の

方で誰かが写真を加工したという線は消えますね。

警務課の画像データには、どの範囲の職員がアクセスできたのでしょうか。ある程度、絞

り込めるでしょうから、そのうち犯人はわかるかもしれませんね。

それにしても、やった人はよほど当該写真の上役のことが嫌いだったんでしょう。自分の

やったことが判明したときは、それなりの代償をはらわなければならないのですから。

昔はよく、嫌な上司のお茶には、頭のフケを落として入れるなんて話がまことしやかに言

われてたけど、現代版嫌がらせは「デジタル嫌がらせ」なんだ。😓

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。