スポンサーリンク

JOC竹田会長が辞意、続投一転19日にも意向表明…贈賄容疑だから仕方ない

画像

スポンサーリンク

JOC竹田会長が辞意、続投一転19日にも意向表明

2020年東京オリンピック(五輪)の招致疑惑を巡り、フランス司法当局から贈賄容疑で捜査を受けている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が既に、関係幹部に辞意を伝えていたことが15日、分かった。

JOCは竹田体制で東京五輪を迎えようと、6月の役員改選で続投することが既定路線だったが、大会関係者からは20年大会のイメージ悪化を懸念する声が広がっていた。

来年の東京五輪は新JOC会長のもとで迎えることになる。関係者によると竹田氏は退任を決断し、既に周囲に報告した。

この日夜、JOCの平岡英介専務理事は19日の理事会について「(竹田氏から話が)あるとしたら、ご自身が検討しているんじゃないかと、予想している」と述べた。早ければ19日にも、竹田氏が退任の意向を表明する可能性がある。

国際オリンピック委員会(IOC)は17年9月、原則70歳の定年を延長し、竹田氏のIOC委員の任期を東京五輪までとすることを決めた。JOCもその意向をくみ、今年6月の役員改選に向け「選任時70歳未満」の定年規定の改定が検討されるなど、続投は既定路線だった。

しかし昨年12月、東京五輪招致不正疑惑を巡り、フランスの予審判事から事情聴取を受け、正式な捜査が始まった。竹田氏は今年1月に記者会見し潔白を主張したが、捜査中を理由に質疑を受けず、7分余りで打ち切り批判を浴びた。

同月、スイスで開かれたIOCマーケティング委員会を欠席。関係者によると、当局からの身柄拘束を警戒しての欠席だったという。今月初旬に行われたアジア・オリンピック評議会の総会も欠席し、職務に支障が出ていた。IOCも事態を憂慮し、退任を求める動きがあったという。

複数の大会関係者からも「もう持たない」との声が上がっていた。スポーツ界の相次ぐ不祥事を巡り現在、スポーツ庁は「ガバナンス(組織統治)コード」を策定中。その中で中央競技団体(NF)の役員定年規定も盛り込む方針だ。

ある幹部は「4年ごとにNFの審査を行う側のJOCのトップが規定を守れないのでは示しがつかない」と苦言を呈した。同庁の鈴木大地長官も先月末の会見で「定年制について規制はあるべきだろう」と、やんわりとけん制。竹田氏は01年から会長を務め、再選すれば11期目。長期政権はスポーツ界のガバナンス強化の流れに逆行し、退任の外堀は埋められていった。

新会長にはJOC選手強化本部長で五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏(61)が有力候補として挙がっている。この日、山下氏は記者団の取材に「仮定の話はコメントできない。何も決まっていない。私の力量を知っている人間からも『下手なコメントは避けろ』と言われた。決定して決まるまでは、希望的観測とか、仮定の話はつつしまなければいけない」と述べた。

竹田恒和 略歴

◆竹田恒和(たけだ・つねかず)

1947年(昭22)11月1日、東京都生まれ。慶大馬術部で活躍し、72年ミュンヘン、76年モントリオール五輪の馬術日本代表。01年にJOCの15代会長に就任し、現在10期目。12年7月にIOC委員となる。20年東京大会組織委員会副会長も務める。父の故恒徳氏は明治天皇の孫で元IOC委員、第8代JOC会長。

◆東京五輪招致疑惑の経過は次の通り。

2016年5月11日 東京側が国際陸連のディアク前会長の息子、パパマッサタ・ディアク氏に関係するシンガポールの銀行口座に約130万ユーロを送金したとの疑惑を英紙が報道

13日 招致委員会で理事長だった日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が、シンガポールのコンサルタント会社への送金を認めた上で「業務に対するコンサルタント料」と疑惑を否定

9月1日 外部の調査チームが招致委とコンサルタント会社の契約に違法性はなく、国際オリンピック委員会の倫理規定違反にも当たらないと結論

17年2月8日 フランスからの捜査共助要請に基づき、東京地検特捜部が竹田氏から事情聴取したことが判明

19年1月11日 フランス当局が竹田氏を容疑者に捜査開始決定と報道

15日 竹田氏が記者会見し、潔白を主張

3月3日 バンコクでのアジア・オリンピック評議会総会を欠席

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-03160007-nksports-soci

管理人の感想

日本のオリンピック招致委員会がオリンピック誘致に向けた活動を依頼したシンガポール

のコンサルティング会社って、粗末な部屋に置かれた実態のないペーパーカンパニーであ

ったことは、2016年のマスコミの取材で、明らかでした。

いきなり設立された会社で、オフィスに社員もいない、日常的な業務もやっていない、こ

んな会社が仕事をできるわけがないですよね。

オリンピック招致委員会、竹田恒和氏が振り込んだ2億3000万円を会社代表者のパパ

マッサタ・ディアクが適当に使っただけのこと。

もしかしたら、この国際陸連のディアク前会長の息子、パパマッサタ・ディアクが懐にほ

とんど入れたのかもしれません。

こんな怪しい会社になんで2億3千万円もの公金を支出したのかと言うと、国際陸連のディ

アク前会長の集票能力に期待したんでしょうね。『竹田JOC会長の贈賄疑惑。2億3千万円振込先のシンガポールのコンサルタント会社って何?

ですので、2億3千万円は実質、贈賄のための資金だったと思う。

竹田会長が「そんなことに使われると思わなかった」と言っても、贈収賄事件でそんな言

い訳が通るわけがない。

竹田恒和会長を極悪人とは思わないけど、もっとクリーンな良い方法がなかったんでしょ

うか。

オリンピック開催地はくじ引きで決めたら(^o^)

だいたい、オリンピック開催地を投票で決めるから、こんな贈収賄や混乱が起きると思う

んですね。投票で決めると言うといかにも民主的のようですが、投票するのはIOC委員

ですから、その委員に対する接触がいろんな意味で増えていく。

ですので、IOCの正式な手続きを踏んだ立候補地が出揃ったら、後はくじ引きで決めれ

ば、贈収賄もないし不正もなくなる、と思う。

社員もいないようなペーパーカンパニーにお金を送金して、竹田会長さんは何をしてもら

えると思ったんですかね。贈収賄目的と思われて当然だよ。

ついでに、現在のオリンピック開催地の決め方

①オリンピックを開催する年の7年前に、IOC委員が投票して開催地を決定します。

②開催都市を決める投票にIOC会長は参加しません。また開催に立候補した都市が所属す

る国のIOC委員には、投票権はありません。

ネットの反響

鉄拳おやじ | 4時間前
五輪自体がもはや聖域ではなく、テレビ放映権収入に起因してとんでもない時間に競技が始まっていたりする。招致にも綺麗事など、そもそもないのでは。擁護する気はないが、ゴーンとルノーの利権絡みで、有利に進めたいフランスが汚くリークした事が発端で、こんな話当たり前になっている世界なのではないのかな。五輪だけではなく、サッカーワールドカップなども裏は金にまみれた汚い世界なのだと思う。


xxm | 3時間前
新会長にはJOC選手強化本部長で五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏じゃなくてもっと違う冷静に判断のできる外部有識者からの選任がいいのでは。組織運営と選手強化指導者やメダリストだからって選任はいかがなものかな。


the***** | 3時間前
もう誰が会長でも大して関心も持たれてないよ。けど、70歳定年説を無理矢理覆そうと今までしてた事の方が問題ですよ。いつまでも疑惑のある人に居座られてしまえば体操協会とかサッカー協会、柔道や水泳、陸上、レスリングなどで行われているパワハラ問題にも本気で取り組むことは難しかったと思う。


sain | 2時間前
何がマズイって、まだ五輪も終わるどころか始まってすらいないのに、招致関連文書を破棄してた事です。

周りからしたら、証拠隠滅を急いだようにしか見えない…


sek***** | 1時間前
ゼネコンも森喜朗も穀潰し。

ついでに言えば竹中平蔵も穀潰し。

小泉政権以降、やったもの勝ちの風土を築いてしまったね。

安倍政権が誕生した時はこれを撤回してくれると期待したけど無駄だったわ。

アベノミクスさん自体も森・家計でやったもん勝ちの世界におられる。

灼熱の東京オリンピック体感温度は軽く50℃超え、時にゲリラ豪雨にゲリラ雷雨。

オリンピックスタジアム建設費用に群がる政治家にゼネコン。

オリンピックは四年に一度ギリシャに固定、秋の涼しい時期に開催で良いのではないのかアスリートファーストなら。


yuz***** | 2時間前
海外出張だと身柄を拘束されるから行かないの?
当初より会長を知る方は彼の人柄などからも擁護する意見が多かったけれど、あの記者会見あたりからおかしくなってきた。
晩年を汚すこととなり残念だがJOC自体の組織対応力にも疑問が残った。これからが大変だね、疑惑ははれていないし。


sou***** | 2時間前
あの記者会見?と海外の会議出席を身柄拘束の危険性でキャンセルって時点で実質無理だろう。

この人に依らずオリンピック組織って上に行くほど憲章と程遠い状態なんだろうなと思う。下で頑張ってる個々の選手を少しは思いやって欲しい。


タコさん | 1時間前
続投させた時点でどうかしている。
大きくなったお金の問題がらみで色々あるのだろうと想像するが出費に関していかにもルーズとしか言いようがない。利権がらみのオリンピックってそんなに価値あるのかなあ。選手より政治家企業に群がる方々ファーストのよう。
個別の大会の方が魅力的だ。
サッカーの頂点はワールドカップであるようにそれ自体の競技の世界大会の方がいい。


yam***** | 1時間前
鈴木長官も竹田氏を庇ってのつもりか、原因を定年制に印象付けようとしているが、延長はIOCが決めたことなのだから、これについては堂々としていれば良いだけ。問題の核心は贈賄であることはハッキリしている。竹田氏が辞めれば事が解決するのではなく、贈賄の事実は消せないのだから、捜査当局は追及の手を緩めないでほしい。もし決定的な証拠が見つかったら、東京五輪は取り止めた方が良い。日本人の潔さの精神を見せる時だ。


hid***** | 1時間前
この問題非常にナイーブな問題だけど
今回の件にしても彼の功績を全て否定するつもりはないけど
こういう原因を作ったのは紛れもなく彼JOC自身であり。
悪夢だと思ったとしても、まさに身から出た錆。
そして未だにこの捜査は継続中であり
これが現実であり、今そこにある危機であることに変わりない。
いずれにしても、彼はやってはいけない一線を超えたと思う。
会長は当初フランス捜査に全面協力すると言った。
やましくなければ、堂々と出てくるべきなのに雲隠れ。
一部では国策捜査とか揶揄されるけど
この不正マネーロンダリングは継続捜査している。
仮にこの賄賂が事実でマネロンに使われた場合。
間接的には犯罪の片棒を担いでしまったことになる。
過去にことに触れたくないけど、竹田氏は50年近く前に人身事故。
そして被害者の方は亡くなっている。示談したとは言え
そのような方がJOCの会長にいることが不自然に感じる。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。