スポンサーリンク

子が子なら親も親 万引少年の父親が「取られる方も悪い」 万引きは窃盗罪

画像

スポンサーリンク

万引少年の父「取られる方も悪い」

薄い犯罪意識、悩む小売店…万引は「窃盗罪」

捕まっても「払えばいいんやろ」と開き直る者すらいるという。万引被害に悩む福井県内の書店やスーパーの担当者は「たかが万引と、罪の意識は薄い」と口をそろえる。「万引は、窃盗という立派な犯罪。考え方が非常に甘い」と憤るのは、小売店にとって被害が死活問題につながるからだ。

県内のある書店の万引被害は、ひどい時には年間100万円にも上った。活字離れで書籍の売り上げが低迷していることもあり被害額は年々減っているが、今でも年に10万~20万円ほどの被害がある。1冊の本で得られる利益は1割。10万円の被害を取り戻すには、100万円分の本を売らなければならない。

1冊盗まれるだけでも損失が大きい中、この書店では2008年、発売された「ハリー・ポッターと死の秘宝」が、30代の男に上下巻20セットを盗まれた。被害額は10万円。男は古本屋に持ち込み換金していた。中学生グループに数十冊のコミック本をかばんに入れて万引されたこともある。

不況が続く出版業界。小さな書店であればあるほど防犯対策にコストをかけられない。社長によると、県外では万引が原因で閉店に追い込まれた店すらあり、県内でもそうしたうわさは聞かれる。

近年は外国人グループによる大量万引も全国的に問題になっている。県内でも昨年、ドラッグストアで一度に化粧品100点以上を盗まれる事件があり、ベトナム人の男女3人が逮捕された。化粧品を転売しようと考え、ショルダーバッグに商品をごっそり入れるという荒っぽい手口だった。県警や福井地裁であった公判内容によると、4県で化粧品など総額648万円の被害が確認されている。

警察庁のまとめによると、17年に摘発された来日外国人による万引は3240件。氷山の一角とも考えられ、県内のある量販店の担当者は、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が4月に施行されるのを念頭に「外国人窃盗団による大量万引も警戒しないといけない」と話す。

県内で複数のスーパーを経営する会社の担当者は、万引の抑止には刑罰を重くする必要があると指摘する一方で、「万引はなくならないだろう」とも話す。加害者側に「たかが万引くらい」という認識があると思うからだ。

書店の社長は、万引した中学生の父親から「うちの子も悪かったけど、取られる方も悪いんじゃないの」と開き直られたことまである。「万引は犯罪だという当たり前の認識を世の中全体で持ってほしい」と切実な声を上げる。
福井新聞 2019年3月9日 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/811870

管理人の感想

福井県のスーパー、書店などが、「万引は犯罪だという当たり前の認識を世の中全体で持

ってほしい」と声をあげています。

万引きした中学生の親が「うちの子も悪かったけど、取られる方も悪いんじゃないの」と

ほざいたそうだ。

こういう親は実際にいるんですよね。

そんなバカ親のもとで育ってるから、その子供は平気で万引するような子供になってしま

う。

そしていつの間にやらその悪ガキが親になって、再びバカな子供を育てるという悪循環。

それに、そういう愚かな連中に限って、なぜか若くしてすぐに子供を作る傾向があるんで

すよね。

まあ、少子化の日本にあっては、大事な人達かもしれないけど、子育てはちゃんとやって

もらわないと困ります。

万引きの実情

スーパーの店長さんの話だと、万引きは中高生だけの話ではありません。

爺さんも婆さんも家庭の主婦もみんなやってるとのこと。みんなと言っても、もちろん全

員がということではありません。どんな世代でもということ。

夜中に他所の家に忍び込んで金品を盗むのに比べると、万引きは確かにハードルは低いよ

ね。眼の前にあるスーパーの品物をポケットにそっと忍ばせればいいのだから。

なので高齢の爺さん、婆さんもやってしまう。

店員が側にいないスーパーの陳列棚に置いてある品物を万引きするかどうかは、人間の倫

理観、善悪の判断、それまでの家庭の教育が、すごく要求されるのだと思う。

つまり、育ちがすごく影響する。

盗癖という病気の人もいるだろうけど、貧困も万引きという行為のハードルを下げている

かもしれない。

こんなわけで、万引きを軽くみる人が多いのだけれど、万引きは「窃盗罪」というれっき

とした刑法犯です。

窃盗には、「侵入窃盗」、「乗り物盗」、「非侵入窃盗」

窃盗は大きく3つに分けて、侵入窃盗(総数の10.6%)、乗り物盗(同37.6%)、非侵入

窃盗(同51.8%)とあります。

侵入窃盗は、空き巣、忍込み、出店荒し、事務所荒しなどです。

乗り物盗は自転車盗、オートバイ盗(同3.4%)、自動車盗(同1.6%)です。この中では

自転車盗が圧倒的に多いです。

非侵入窃盗で最も多いのは万引き、次に車上・部品ねらい、置引き、自動販売機ねらい、

色情ねらい、仮睡者ねらい、すり、ひったくり、などです。

窃盗罪の罪をもっと厳罰化することも必要かもしれませんね。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。