スポンサーリンク

木嶋佳苗死刑囚が獄中結婚3回目。お相手は「週刊新潮」デスク…何で?【管理人の感想】

画像

木嶋佳苗死刑囚(44)

この記事タイトルを見て「エエーどういうことなの?」と思ったのは僕だけではないでし

ょうね。

そもそも、死刑囚と結婚することにどんな意味があるのでしょうか。

以前、再審請求をするために結婚した?、養子縁組をした?、みたいな記事があったこと

を読んだような気がするけど。

スポンサーリンク

木嶋佳苗死刑囚 獄中結婚3回目のお相手は「週刊新潮」デスク

交際していた3人の男性を殺害したとされる“首都圏連続不審死事件”で、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)。昨年1月、木嶋は3度目となる獄中結婚をしたが、その相手は「週刊新潮」のデスクだったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

社会部記者が解説する。

「東京拘置所にいる彼女は2015年3月に60代の不動産会社勤務の支援者男性と最初の結婚。彼女がメディア関係者に送った書簡では『セックスがないからこそ、ある種の緊張感が保てていると思う』などとノロケていましたが、翌年に離婚。その後、逮捕前から知り合いだった男性と再婚し、元夫とは養子縁組したことを『週刊新潮』(17年4月20日号)に寄せた“遺言手記”のなかで明かしています」

昨年から司法関係者や彼女を逮捕した埼玉県警の関係者らの間では、再審請求に繋がる動きを警戒し、情報収集するなかで、「週刊新潮」のX氏の存在が浮上していた。

実は木嶋のブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」で、X氏は既婚者の「王子」として度々登場している。

〈●●●●王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです〉(2017年5月29日)

X氏について新潮社の関係者が語る。

「彼は40代前半で、記事を執筆するデスクのなかでも、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。木嶋氏の“遺言手記”の担当デスクでした」

「週刊文春」がX氏に取材を申し込むと、新潮社で約1時間にわたって取材に応じ、結婚を認め、その理由について次のように語った。

「彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募ったということです。相手をもっと知りたいと思った時に、手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません」

4月25日(木)発売の「週刊文春」では、木嶋とX氏の獄中結婚について、X氏のインタビュー、「週刊新潮」編集部のコメントなどとともに報じている。〈https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00011668-bunshun-soci

上の記事ではよくわからんけど、要は今日4月25日(木)発売の「週刊文春」を読んで

ね、ということですからしようがないけど。

管理人の感想

まず、初回と2度目に結婚した男性の意図や目的は何だったんですかね。

死刑囚の木嶋佳苗(44)が結婚を歓迎することは容易に理解できます。

だって、簡単に言ってしまえば毎日が暇ですから、身辺に何か変化があればそれは死刑囚

にとって喜ばしいことだと思います。もっとも今日か明日かもしれない死刑執行に怯えな

がらということですけど。

死刑囚は、刑務所ではなく拘置所に収容され、刑が執行されるのを待つことになっていま

す。拘置所は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡にあって(札幌、仙台は拘

置支所)、木嶋佳苗は東京拘置所にいます。

懲役刑は字のごとく、自由を奪い労働作業で罪を償わせますが、死刑囚には死をもって罪

を償わせるので、基本的に死刑執行があるまで待機している状態です。

なので死刑囚の生活は刑務所の懲役刑の受刑者に比べ、かなり自由であると言っていいで

しょう。それに死刑執行までに病死されたりしないように、心身ともに健康な状態に保っ

ておく義務が拘置所にはありますので、ある意味快適な生活を認めているのでしょうね。

申請をすれば、わずかでありますがお金を稼げる軽作業もできるそうです。これは身体的

にも精神的にもいいでしょうね。

一方、結婚相手の男性の方です。こっちは、その意図・目的が全くわかりません。

「好きになったから」ということかもしれませんが、拘置所の中の死刑囚と恋愛してどう

いう幸せが得られるのでしょうかね。

さて、このお二人はすぐに離婚しているので、結婚そのものが当てにならない、無理なも

のだったのでしょうね。

さあ、そこで3回目の結婚相手に一番興味ありです。

40代前半の週刊新潮デスクで、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。

木嶋死刑囚の“遺言手記”の担当デスクだったそうですが、やっぱりそのあたりの「特ダ

ネ」狙いですかね。

既婚者だったとありますが、わざわざ木嶋死刑囚と結婚するために離婚?、夫婦仲がよく

なかったので木嶋死刑囚に恋心が湧いた?・・・うーん、わかりません。

本日4月25日(木)発売の「週刊文春」を買うしかないか😅

でも、こういう時の週刊誌って、内容が薄くて必ず期待を裏切られるんですけど。

\(^o^)/オワタ

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。