スポンサーリンク

会社員刺殺事件で懲役18年を求刑、横浜地裁が無罪判決。真実はどこに!【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

会社員刺殺事件で無罪判決、横浜 41歳被告に

相模原市の路上で2017年12月、面識のない会社員松岡隆行さん=当時(60)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職大石明彦被告(41)の裁判員裁判で、横浜地裁は31日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役18年。

公判で検察側は、大石被告の眼鏡やたばこの箱が現場に落ちており、自宅アパートの駐輪場に被害者の血が付いた自転車があったことなどから「犯人なのは明らか」と指摘。これに対し田村政喜裁判長は眼鏡などの遺留物を、事件発生時とは別の時間帯に落としていた可能性を否定できないと指摘し「事件と直接結び付ける事情はない」とした。
5/31(金) 13:26配信 共同通信〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000111-kyodonews-soci

管理人の感想

2017年12月に男性(当時60歳)が刺殺された事件で、殺人罪に問われた無職の男(41

歳)に本日横浜地裁で無罪判決が言い渡されました。

検察側は懲役18年を求刑、一方弁護側は無罪を主張するという真っ向勝負。

まずは無罪判決になり弁護側の勝利だったんだけど、この事件、怖すぎですよね。

もし自分が何もやってないのに、いきなり警察がやってきて「はい、殺人罪で逮捕しま

す」なんて手錠をかけられたら、頭が真っ白になります。

被告が無実だとして、もし有罪判決を受けていたら、完全に冤罪事件。

真実はどうなんでしょうか。

裁判員裁判で「無罪判決」が出たということは、市民感覚を持った裁判員さんも無罪を支

持したんでしょうね。ということは証拠が頼りなかったということか。

でもそうすると、頼りない証拠しかないのに、検察は無実の人を殺人で逮捕してしまうも

のなんですね。怖いわー!

ニュースには、詳しいことが書いてないんだけど、被害者の胸や腹を突き刺した刃物は発

見されていないということですよね。

「疑わしきは罰せず」で無罪かな。

でも被告人が真犯人だったら、殺人犯を逃してしまうことになるし、すごく判断の難しい

責任の重い裁判ですね。

控訴審はどうなるんでしょうか。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Vermilion Swan より:

    とにかく無罪になって良かったと思いました!(裁判員GJ!)
    被告には動機と被害者との面識がなく、凶器も発見されなかった上に被害者の血液反応のある衣類も発見されなかったのです!
    現場に落ちていた眼鏡とタバコは酔っ払った被告が通りすぎた時(犯行前?)に落としただけで証拠にはなりません!
    ちなみに自転車は他人の物で被告は自身の自転車を所有しており犯行時に件の自転車に乗っていたのは別人でしょうね?!
    弁護士の主張にもある通り、被告が犯人で件の自転車に乗っていたなら現場に乗り捨て自宅アパートに乗って帰宅する訳がありません。
    ちなみに件の自転車は犯行当日から何日ほど放置されていたんでしょう?(その間に血液反応はどうなるの?)
    また被告のアパートの駐輪場は誰でも入れて件の自転車を出せる状況であり、かつ凶器が投棄などにより「始末」されている以上は起訴は無理筋の極みですね!?(また返り血を浴びた衣類もあったかも知れないけど被告の自宅からは発見されなかった)
    さてこの事件は
    ①真犯人は被害者と面識があり強い怨恨による殺意を抱いていた
    ②真犯人は被告のアパートの近隣に住んでいて、土地勘があり駐輪場にいつでも出せる自転車があるのを知っている
    ③凶器及び帰り血を浴びた衣類の始末について計画していた(凶器と犯行当日の衣類と同じものを購入)
    ④たまたま被害者とケンカ(?)していた被告の眼鏡とタバコを「利用」できた

    さてこれらの条件に合致する者に被告が当てはまらないのは明白ですね!
    特に①③はダメで「酔っ払った」状態では無理ですから(笑)
    また②も高級な自転車を所有する被告が雑多な自転車の中から件の自転車をわざわざ出して犯行に及ぶなんて有り得ません!

    よって検察の偶発的犯行(突発的なケンカの末の殺人)という説は崩壊しますた(笑)
    なぜって相当に用意周到な犯行ですよね?
    凶器などを始末して自宅ぢゃないアパートから盗んだ自転車で逃走して被告のアパートの住人に捜査の眼を向けさせたんですからね?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。