スポンサーリンク

長女が実家訪れるとベッドで胸に包丁刺さった母親 台所には首を吊った父親も 2人とも死亡【管理人の感想…老老介護の悲惨】

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

三重県松阪市で80代の夫婦が無理心中をしました。

どうやら足の不自由な妻(83)を84歳の夫が包丁で刺殺し、夫は首吊り自殺をしたので

す。第一発見者の娘さん(60歳)はさぞかし驚いたことでしょう。

老老介護の典型的な結末です。

かつて、大学の福祉学部で学んだとき、家族介護は家庭崩壊を招くと言われていました。

ましてや老老介護ですから、体力的にも絶対無理。精神はボロボロになります。

こうなるまでに、行政の福祉関係者はサポートできなかったのでしょうか。松阪市の老人

福祉はどうなっていたのでしょう。特別養護老人ホームに入所させることはできなかった

のでしょうか。

そのあたり、無理心中の現場を見た長女やその兄弟は自分たちを責めているのではないか

な。それとも責任のなすり合いになってしまうの?

こうした悲惨な老老介護の事件を聞くと、なんだか姥捨山伝説の話、「楢山節考」を思い

出します。




ネットの声・考え

zil***** 
介護疲れから死を選択しなきゃならない世の中なんて、哀しすぎる。

xay***** 
これからの高齢者には例外では無くなるかも………認知が進んだりしたらと考えると、他人事では無い。

蓬桜蜘蛛 
お互いに歳を取ってお互いに介護する時が来たら、体力的にも精神的にも大変だろうなと、他人事ではないと感じます。子供には子供の生活があったりしますからね。
老後に2000万必要と言われてますが、人間関係に苦手な人は、なければこういう事態を招く事になるかも知れません。
そうは思わない人はどうするんでしょう。

義 
丸山や今井絵里子に税金使うぐらいなら

こういう方に使って助けてあげて欲しい

返信不読党
介護職員ですが
80代同士が自宅介護するのは
100%無理ですよ

良く10年も頑張れたと思います
普通なら数年で心を病んで
こうなってしまう

長い間
本当に良く頑張ったねお父さん

お母さんも
もういいよお父さんありがとう

そう想って一緒に旅立たれたのでしょう

ただ娘さんは
こんな事になるなら
施設に入れれば良かったと
後悔したでしょうね

というか
後悔したと想いたい

ker***** 
これが今の日本の姿だと思います、老夫婦が肩を寄せ合って生きていくのにも、限界があります。この事を良い悪いとなど誰も言えないと思います、後は天国で二人仲良く暮らしてほしいです。

sao***** 
うちも心配になってきた。
母が元気であれば父の介護も想像がつくのだが、父が母の介護をするのは3日と持たずに無理心中しそうだ。
想像できるからと言ったって、母だって一人で一生背負うのは心身を脅かしかねない。
子としてどう支援するべきか、子がいないときはどこに支援を求めるべきか、今のうちに考えないといけない。

gom*****
何十年か後の自分達かもしれないと考えた時、
寂しいなと思うとともに、
どうしておくべきかを考えておかないといけないと
感じた。
実際にはそうそう思った通りにならない。

snow*********mother
今、健康に問題を抱えている私には他人事ではなく、その上、介護が必要となったり、認知症になったりしたら、と思うと、本当に生きて行く自信がない。最後まで頑張って生きようと思っていたが、精神的にも肉体的にも辛い中、甘かったなあとつくづく思う。
この状態を見た長女さんも辛かったと思うし、こんな悲しく酷い最期ではなく、もっと安らかになんとか命を終えられないものかと思う。




長女が実家訪れるとベッドで胸に包丁刺さった母親 台所には首を吊った父親も 2人とも死亡

7/9(火) 11:36配信 東海テレビ
8日夜、三重県松阪市の住宅で80代の夫婦の遺体が見つかり、警察は夫が無理心中を図ったとみて調べています。

8日午後7時半前、三重県松阪市嬉野中川町の磯山隆さん(84)の住宅で、磯山さんと妻の祥子さん(83)が死亡しているのを、家を訪れた長女(60)が見つけ警察に通報しました。

警察が駆けつけると磯山さんは台所で首を吊った状態で、祥子さんは、寝室のベッドの上で胸に包丁が刺さった状態で死亡していて、室内から「遺書」と書かれた封筒が見つかりました。

夫婦は2人暮らしで、磯山さんは足が不自由な祥子さんを10年ほど前から介護していたということで、警察は磯山さんが無理心中を図ったとみて調べています。〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00023203-tokaiv-soci




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。