スポンサーリンク

死刑が確定した山口県の「八つ墓村事件」被告が獄中で愛犬の死に涙 詠んだ句 〈週刊朝日〉【管理人の感想…人の恨みはここまで】

画像

スポンサーリンク

死刑が確定した山口県の「八つ墓村事件」被告が獄中で愛犬の死に涙 詠んだ句 〈週刊朝日〉

7/11(木) 20:30配信 AERA dot.
山口県周南市で2013年7月、同じ集落に住む男女5人を殺害したとして殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた無職、保見光成(ほみこうせい)被告(69)の上告審判決で、最高裁は11日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

判決の前日の午後、記者は広島拘置所で保見被告と向き合っていた。これまで、何度も面会を重ねてきた保見被告。

この日は挨拶をかわす暇もなく、いきなり「時間がないんじゃ」と自身の事件の記録を取り出し「講義」をはじめた。

「犯人の靴とされているが、自分の持ち物とは色が違う」

「この靴、警察で見せられた時は、新品のような感じだった。だが、裁判所に出てきた靴の写真は泥だらけ。警察と検察に証拠をねつ造された」

捲し立てるようにこう話した。判決前日に記者にそのような話を慌ててしたところで、最高裁には届かない。

「弁護士に話した方がいいですよ。判決前日ですから」と声をかけると、こう答えた

「判決が明日? 心境も何も待っているしかないわ。心境もクソもない。とにかく、時間がない」

保見被告は死刑判決への「不安」などない素振だった。しかし、一方的に話す様子はこれまでにない慌てぶりで、話すことで不安をかき消そうとしていたのではないかと感じた。

事件は凄惨なものだった。保見被告に襲われた家は、血の海。そこに火をつけて、焼き払われてしまい

「目を覆いたくなるような現場だった」と当時の捜査員は言う。

長く関東で仕事をしていた、保見被告。両親の住む山口県にUターンしたのは、事件の15年ほど前のことだった。




しかし、長く故郷を離れていたことで、人里離れた集落の人とはうまくいかず対立。それを決定的にしたのが事件から5年ほど前の正月のこと。酒の席で集落の住民と口論になり、保見被告は胸のあたりを刃物で刺されたのだ。

「あれは2003年正月の4日のことだ。Sという集落の男が話していると激高して、牛刀を2本持ち出し『殺してやる』と1本は喉元にあて、もう1本で俺の胸を刺した。こちらも危ないと反撃して殴ってやった」

保見被告はこう振り返る。現場には警察も駆け付け、大騒ぎになった。しかし、Sさんは罰金刑だったという。
「警察から小さな集落だから、コトを大きくしちゃいかんと説得された。納得はしなかったが、仕方なかった」とも言う。

そこからますます対立が深まり、ついには「現代の八つ墓村事件」と呼ばれるほどの大事件を起こしてしまった。

保見被告は逮捕直後、犯行を認めていたとされる。だが、その後、否認に転じた。事件について聞くとこう主張した。

「最初、認めたのは混乱の中で『お前がやった』『犯人だろが』と刑事に言われ、パニックになって話しただけ。冷静になってからは否認していた」

「事件の日、また自分の陰口を集落の連中が言っていると聞いた。そこで家に乗り込んで、棒で足や腰は叩いた。それだけだ。殺人、放火? そんなもんやってない。警察、検察のねつ造だ」

事件当時、話題になったのが、保見被告が書いた詩だ。

<つけびして 煙り喜ぶ 田舎者  かつお>

この詩を自宅前に貼り出していた。「犯行声明か」とも思われたこの詩。

「自分の噂話をして、集落の連中が喜んでいるという意味だ。ああやって貼っておけば、何だろうと見に来て、噂話や悪口について、教えてくれることもあるのでは思った。相田みつをが好きで、ああいう詩というか短歌、狂歌はよく書いていたんだ」

保見被告は面会に行くとその場で、いろいろな詩や川柳などを即興で詠んだ。

<妄想 追い込み 抑え込み 検察時代 なつかしむ 弁護士>

これは自身の弁護士が検察OBで、意見が合わない時に詠んだものだ。

<ねつ造で 死刑に乾杯 警察検察 いつかこの手で懲らしめる>

<検察は ウソでかためて 突き落とす>

捜査への批判を詩や川柳で語っていた保見被告。弱みを見られたくないという思いからか、常に強気な姿勢だった。

だが、長く飼っていた愛犬ゴールデンレトリバー「オリーブ」の話になると目を潤ませ、言葉少なく語った。

「自分が警察のでっち上げで捕まった。そのせいか、オリーブも保護されたが、逮捕直後に死んでしまった。捕まらなければ、生きていた、かわいそうに…」

昨日の面会で、制限時間がオーバーするほど話そうとした保見被告に「詩などで、今の思いが浮かんだりすることはありますか」と聞くと、「今は、それどころじゃない」と焦ったように話した。

今、拘置所の独房で「死刑確定」をどう思い浮かべているのだろうか?〈https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00000090-sasahi-soci&p=1




管理人の感想

6年前、山口県周南市で同じ集落に住む男女5人を殺害した保見光成(ほみこうせい)被告

(69歳)が、1、2審で当然の死刑判決を受けていたんだけど、「盗人にも三分の理(ぬす

びとにもさんぶのり)」でなんと上告審まで争いました。

で、その上告審判決が昨日あって、当然の「上告棄却」が下され死刑が確定しました。

6年も使って、上告審まで争うなど、最後の最後まで国民の税金を無駄遣いする犯人で

した。死刑が確定しましたので、あとは速やかに死刑執行をしてほしいものです。

証拠に基づく事実認定などは高裁までの裁判で確定しているので、上告審は法の適用間違

いとか法の解釈を争ったりする場です。その意味で、弁護団は犯人は心神喪失または心神

耗弱だったから刑事責任能力なしと争ったんでしょう。

人を1人殺すことだって、まともな人から見れば狂気の為す技ですから、その意味では5人

も殺害するなど完全に狂っています。でも刑事責任能力を争う場合の精神作用はそういう

狂気ではなくて、たとえば精神障害があって明らかに自他の区別がつかないし、自分の行

動の意味もわからないような精神の場合です。

最高裁の上告棄却は正しかったと思います。保見光成被告は上の記事にあるように記者と

面会もできて会話も成り立っているのですから、当時も現在も心神喪失ではないでしょ

う。少なくとも殺人に対する責任能力はあるはずです。

国民には裁判を受ける権利があるけど、簡単に言えば「御近所トラブル」がもとで5人も殺

害したことは、明々白々。こんなことで上告審まで行くのは本当に腹立たしい限りです。

ただ思うに、人間同士の感情はこんな悲惨な犯罪を生むもとになるんですね。山奥の集落

の密度の濃い人間関係に途中からスムーズに入っていくのは難しいことでしょうが、日々

の心の行き違いに、真面目に向き合って分かり合おうとする努力は大切ですね。

村人と対立した保見光成被告自身の人間性に問題もありますが、彼は小さな集落で村八分

状況にあったことは十分に推察できます。村人からの嫌がらせもいろいろあったようで、

特に5人殺害事件の5年前に集落の酒の席で住民と口論になり、保見被告が村人から牛刀で

胸を刺された事件は、彼に村人に対する恨みの感情を深く醸成させたのは間違いありませ

ん。こんな傷害事件の被害にあわされながら、加害者の村人は罰金刑で終わったのです。

保見光成被告が、山奥の小さな集落で村人に追い詰められていったことは容易に想像でき

ますが、だからといって5人殺害を「しようがないよね」では済まされません。

やっぱり、朝、お隣さんと出逢えば、まずこちらから明るい声で「おはようございます」

と挨拶することは大切なことですよね。(^^)




ネットの声・考え

***
草刈りを燃料自分持ちでやらされて
、忘れて置いておいた草刈り機まで燃やされた村八分にされていたアレですよね。被害者のようで加害者だった。
強いて思い出して言えば、あの切なそうな犬が一番の被害者だったと思う。

tha*****
>酒の席で集落の住民と口論になり、保見被告は胸のあたりを刃物で刺された

これ大問題だろ。これを罰金で済ますとか信じられない。
この部落の悪質性が滲み出てる。
結果の責任を犯人は負うべきだが、この部落もかなり悪い。

mama
都会に住んでる方にはわからないだろうけど、田舎まして一部落、馴染めないと辛いだろうとは思います。

良く言えば親切親身、悪く言えば土足で入り込んで思い通りにしようとする。

この犯人も家を捨てて、出て行けば良かったのに。

今さら言っても遅いけど。

cel***** 
引っ越しをすれば良かったのになぁ。
その方が、貧乏でも心安らかに暮らせたのでは?
愛犬のオリーブが可哀想。

puu***** 

犯人は両親の介護のために帰省して、両親を見送った後、当時の村人達にひどい嫌がらせをされたのですから。

その村人による嫌がらせの数々というのも、あきれるほどひどいものでしたよね。

その後、犯人逮捕のすぐ後死んでしまった飼い犬が本当に可哀相でした。

dal***** 
テレビなどで、田舎に住むと家賃も安いし良い事尽くめのような番組が有るが、引っ越しを躊躇う事件ですね。




gor*****
いつの写真だよこれ?
逮捕時とは別人やんw

事件の真相はとりあえず置いといて記者の悪意を感じるわ…

wnn***** 
この事件はとても記憶に残っている。
詳細を知れば知るほど加害者とやらが被害者としか思えない。
田舎の集落というものは常識がない。
愛犬は本当に自然死だったのか?
裁判もまともに執り行われていたのか。捏造も疑問が残る。
優秀な弁護士を都会から雇えば死刑にはならずに済んだのではないだろうか。ドラマリーガルハイの田舎裁判を思い出したよ。警察検事裁判官までお友達だからな。

pm9***** 
これね、インタビューに答えてた村の人も明らかにおかしかったもんね
この人が刺されたのを「酔ってて包丁の先っぽがちょっと刺さったっていうくらい」とか言ってた

sta***** 
自分の親戚筋のド田舎の村では、嫁に来たは良いがいびりが凄すぎて結局嫁と子供が心中してった家があった。
子供を何回も預かってた大所帯の家の親戚はあまりにも子供が家に来るから随分人懐っこい子だと思ってた。
ある日嫁さんが親戚の家に訪ねて来て、これから嫁の実家に帰って子供と暮らすって言うものだから、特別なことは出来なかったけど餞別に故郷に帰る足しにしてと現金を渡そうとしたら、これは使わないと思うからと断られた。

翌日子供と湖で心中してた。

直前に二人でラーメン一杯を食べてたらしい。
食堂のおばさんが泣いてた。

後でわかったが、嫁ぎ先の家でご飯をろくにもらってなく、家政婦以下の犬のような扱いを受けていた。
財布も取られ、外と連絡も取れず、ひたすら可哀想だった。

田舎のいびりは外からわからん。エグいものもある。

cobu 
人を殺めてはいけないけど、村の人たちも相当だったと思う。

すみません、株で生活してます
田舎や集落は、仲良しなんてNHKの作り話
仕切る奴と仕切られる者、人間扱いされない者
狭い世界は怖いよ




rin***** 
年寄りは口も悪いし、やることも残酷。

kin***** 
歌を聴くと無念さが伝わる。
再捜査をしてほしい気がする。

****** 
どう考えても殺されたほうが悪い。情状酌量で無期ぐらいにならなかったのか?

平成と令和 
見た目が厳ついが田舎のトラブルは暴力団抗争より酷い。

wen***** 
オリーブも実は村人に殺された、って聞いた。
田舎の方が陰湿で暮らしにくそう。

ejwoajfow
これほど、自業自得って世間から思われてる被害者もめずらしいw




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。