スポンサーリンク

痴漢を取り押さえた会社員、全治3カ月の大けが。たとえ補償なくても「また助ける」〈感想…勇気と正義〉

画像

スポンサーリンク

痴漢を取り押さえた会社員、全治3カ月の大けが。たとえ補償なくても「また助ける」

通勤・通学の電車やバスで、毎日のように起きている痴漢。しかしほとんどの被害者は泣き寝入りし、逮捕にいたるケースは非常にまれだ。

そんな中、ある男性会社員が、逃げようとした痴漢を偶然目撃し、取り押さえることに成功した。

だが、男性はその際、全治3カ月の大けが。

「もしまた痴漢を目にしたら、同じことをするだろう」

男性はそう断言するが、一方で、治療費などを補償する制度は手厚いわけではなく、釈然としない思いも抱いている。

朝のラッシュ、逃げる痴漢にタックル

「痴漢されました!助けてください!」

板橋駅からJR埼京線上り電車に乗り込もうとしていた会社員の吉田圭さん(44歳)が、女性の叫び声を聞いたのは、6月5日午前8時ごろだ。

ホームで会社勤めらしい若い女性が、中年男性のベルトをつかんで歩いていた。

ラッシュアワーのこの時間、埼京線はいつもすし詰めだ。吉田さんも、体の前にリュックを回し、両手を上げた「ホールドアップ」の体勢で、背中から体を押し込んだところだった。

女性が駅員へ痴漢を引き渡そうとした時、吉田さんは「逃げる」とピンときたという。

案の定、痴漢は駅員を振り切り、全速力で階段と反対側、ホームの端に向かって走り出した。

「線路へ降り、線路外へ逃れるつもりだ」

吉田さんはそう考え、走って追いかけた。同時に周囲に向かって「転ばせろ!」と叫んだ。

前日にSNSで、痴漢に足を引っかけ転ばせて捕まえた動画を見ていたからだ。

すると会社員風の男性が、痴漢の前に足を出してくれた。

よろめいて速度が落ちたところに、高校時代アメフト部に所属していた吉田さんがタックルした。

痴漢は無事捕らえたが、無事でなかったのは吉田さんの体だ。

右ひざをホームに強打した上に、痴漢に蹴られて服が破れ、左の脇腹も擦りむいて出血した。

医務室に連れていかれたが、立ち上がれず救急搬送された。

ひざは腫れあがり、救急隊員や看護師に痴漢本人と間違われ、冷たい扱いを受けるという「おまけ」までついた。

1カ月で治ると言われたが、2週間ほどすると、痛みがぶり返した。MRI撮影で、改めて骨挫傷、全治3カ月と診断された。

人助けも経済格差?

吉田さんは今年4月、執行役員として現在の勤め先に転職したばかりで、有給休暇も発生していなかった。

社長は「気にしないで休んで」と言ってくれたが、「そう言われると、休むのが心苦しくなって…。入社2カ月で、一番頑張らなければいけない時期でもあった」(吉田さん)。このため、休みは取らなかった。

勤め先は、最寄り駅から徒歩10分程度だが、歩行がままならないため25分くらいかかってしまう。

週1回、朝7時からの朝会前日は、遅刻しないよう近くのホテルに宿泊した。医療費、宿泊代など出費もかさんだ。

だが吉田さんは「けがをしたのが僕のような、オフィスワーカーで良かった」と話す。

「運転手など、体を使った仕事の人が同じ目に遭ったら、労災も下りず生活が立ち行かなくなるかもしれない。無職やアルバイトの人にとっても、経済的な負担は大きいだろう」




存在知られぬ補償制度

警視庁によると、一般人が被疑者を取り押さえる時にけがをしたり、障害が残ったりした場合、治療費などを支払う制度がある。

ただ制度利用の手続きは、所轄の警察署長の報告によって始まると定められており、けが人自身は申請できない。

吉田さんが所轄署に問い合わせたところ、制度を使えるか検討しているが、「補償が支払われるかはまだ分からない」と回答されたという。

吉田さんは「制度について知らない人も多く、人助けにすら経済格差が生じてしまっているのではないか」と疑問を口にする。

通勤客は傍観

ハラスメント撲滅に取り組む活動「#WeTooJapan」の一環として、評論家の荻上チキ氏が昨年実施したインターネット調査によると、女性の約半数が、電車やバス、路上で体を触られる被害を受けていた。

だが痴漢被害者の5割以上が「我慢した」と答えており、加害者を捕まえたり、駅員や警察に通報したりしたのは、全体の15%弱。加害者のほとんどは、野放しなのが実状だ。

埼京線池袋駅―板橋駅間はラッシュ時の混雑で悪名高く、痴漢も多い。吉田さんは高校時代にも、埼京線の車内で痴漢を捕まえたことがあるという。

今回、人助けの「つけ」は大きかったが、吉田さんは「もしまた痴漢を目にしたら、同じことをすると思う」と話す。

今年からは、長女が中学に入学して電車通学を始めた。「娘が被害に遭ったらと思うと、なおさら見過ごせない」

しかし、吉田さんのように行動できる人は、ごく一部だ。

被害者の女性が「助けてください!」と叫んだ時、大半の通勤客は見ているだけだった。

吉田さんは「女性がたった1人で、男性の加害者を駅員のいる場所まで連れていくのは、大変な勇気が必要だったろう」と振り返る。

だが「助けたい気持ちはあっても、急いでいたり、けがなどのリスクを恐れたりして、行動できなかった人も多いのではないか」とも話す。

実際、家族からも危険な行為だとして「叱られちゃいました」と、吉田さんは苦笑する。

ただ、吉田さんは、勤め先の社長が「誇りに思う」と言ってくれたのが「心の支えになった」と振り返る。

社長は事件を知ると、全社員にメールで経緯を知らせ、吉田さんを称賛した。女性社員が多いこともあり、同僚も好意的に受け止めてくれた。

吉田さんは最後にこう話した。

「周囲が何らかの形で認めてくれれば、それだけで救われる。『世間の役に立ちたい』という思いをもっと社会が承認し、評価するようになれば、痴漢を傍観していた人も行動を起こせるようになるのではないか」

ネットの声・考え

mof***** 
その正義に感動です。素晴らしいです。
5年ほど前に羽田空港で置き引き犯人を確保しましたが、犯人は必死ですからね逃げる事に。
此方も思い切り殴り羽交い絞めにしましたが、周囲の方々は傍観しているだけですね。警察へ連絡もしない
世の中は冷たいものです。
自身の怪我、早く治癒する事を祈ります。

fig*****
声をあげた女性やこの人は凄い。中央線で痴漢してるおっさんいて、声あげたり捕まえる勇気はないからそっと間に入ったらおしり撫でられて目があった時は複雑だった

nob*****
誰かを助けようと思い、実行できる勇気が素晴らしいです。警察の方も救済した方へ、感謝状だけではない何かを用意してほしいですね。

不良が捨て猫を助けたらやたらとよく見えるよくわからない現象ではなく、なんでもない人が起こした素晴らしい事を称える社会にしていかないと、無関心と見て見ぬ振りがどんどん増えて、昔は良かったと言うだけの何の役にも立たないボヤキと不満だけが蓄積していくことになるので。

mam*****
以前、チカンではないですが、娘がぶつかった60代くらいの男に駅で大声で絡まれた時に30代くらいの男性が助けてくれたそうです。帰ってきて話を聞いて涙がでて、その方のこれからの幸せまで祈った覚えがあります。本当に勇気のある正義感がある人には感謝です。補償がなくてもまた、助ける。という、このような人が沢山いれば、怪我もしないと思います。凄く感謝します。

cas***** 
果敢に 痴漢相手に挑んだ事は素晴らしいです。ここまでの怪我するとは誰も思わないです。
何らかの 補償はして欲しいですよね。
犯人から補償してもらえてたら一番良いのかな。

leg***** 
かっこいいなぁ。
人助けをした上で尚被害女性の立場や他の乗客の立場に立って物事を考えカバーまでできる。
「人間が出来てる。」とはこういう人の事を言うんだろうな。
こんなカッコいい男になりたいもんだ。

たぬちゃん 
勇敢で正義感溢れる方ですね!尊敬します!
治療費は全額補償されて欲しい。

vbs***** 
いざ自分や、自分の大切な身の回りの人が
暴漢に襲われて、『助けて!』って言った時、
周りの人達がスマホの動画撮影をし始める。
良い時代ですね。

自分が被害者になってみないと解らない人達が多すぎるような気がします。

時と場合によりますが、敬服に値する行動だと思う。




mam*****
以前不審者発見し、確保した後に110番通報し警察官に引き渡した経験がある。抵抗をしなかったので事なきを得たが、刃物を持っていた可能性もあるし、警察官が現場に到着するのに約7,8分あった。暴れて逃げたらどうしようとか考えてやらなきゃ良かったとも思った。このケース勇気は称えるが、周りの人間は手助けくれるかどうかは分からないし、見て見ぬフリする人間が多いもの事実。独りで犯人を追うのは危険すぎるし、他人が協力してくれないなら警察官が来るまで待った方がいい。自分なら仮に大怪我して休業しても、会社はカネくれないからやらんと思う。

noi***** 
大変な勇気だったと思いますが、この怪我の大きさは運が悪かったですね。
以前京葉線沿線の駅で、レストランの太った店員さんが「泥棒だ!」と叫んで若い男を追いかけていたのを見かけて、「このスピードなら楽勝で追い付くな」と思ったのだが、ちょうどカミサンへのホワイトデーのプレゼントを持っていた上に、腰痛が暴発寸前の状態で泣く泣くスルー。その後、超俊足の学生さんと思われる人がソッコーで追いついて捕まえてくれた。
あの時、多分回りから見たら俺はただ突っ立って観てただけの人なんだろうな…と思うと自己嫌悪になってしまう…。

iy0***** 
正義感や思いは素晴らしい
と思いました。
が、しかし…もしも冤罪だったり
人違いであった場合には?
という疑問が残りました。
タックルしたり、周囲の人に
転ばせろ…等は行き過ぎた行為。
ある意味、この場合の怪我の補償は
されるべきではありません。
人命救助でもなければ、
必要最低限の行為とも言えない。
怪我の補償は痴漢に遭った被害者が
痴漢を取り押さえる事に協力を
してくれた感謝の気持ちとして
させて欲しいと希望すれば可能であり
警察が申請するべき案件ではない。
だけど、勇気や正義感は素晴らしい。

poj***** 
朝一番に読んだネット記事が、吉田さんの記事でした。
とても立派です。
吉田さんはもとより、会社の社長さんも立派だなぁ。
今時の経営者や管理職は、少なからず「仕事に穴を空けやがって」と罵ったり、冷たい視線を送るケースだが、社員の正義感と勇気ある行動を称えるのは、出来そうでなかなか出来ないものだと思う。
だからこそ吉田さんは、社長の言葉が一番支えになり嬉しかったのでしょう!

毎日の通勤、今暫く痛みに耐えることになりそうだけど、頑張って下さいね!

最後に警察の署長さん、治療費が出るように頑張って下さい!
世間は見てまっせ!!

kit***** 
この方の気持ちと行動が素晴らしいというのは言うまでもないですが、やはり女性の主張だけで誰かが即、犯人認定されてしまうのは怖すぎて、万が一にやってなくても、逃げろと指南する人の意見にも共感を持つ自分が居ます。もし間違いでも、被疑者にまっとうな取り調べや司法対応がなされるはず、と分かったらもう一歩協力できるように踏み込めるかもしれないけど…今は全く期待できない。この記事の協力時負傷補償の問題もしかり、電車会社、警察、司法の押し付け合いみたいな雰囲気をなんとかして欲しいと、善良な市民、被害者の方々も思っているのでは?

kawahagi1234 
動画をとることが悪いわけではありません。
証拠がのこりますし、今の時代どんな理由であろうと手をだしたら負けです。
助けるのは良いですが、はめられる場合だってあるわけです。
いろんな人がいます。自分は助けたつもりでも、被害者や周囲の人が違う証言をしたら自分が捕まる可能性だってあるわけです。そういった事例があるので、リスクが高いと感じます。
専門の人、業界の人に任せるのが得策かなと思います。

そういったリスクの中での行動は素晴らしいと思います。




rask*****
「実力行使」は容易にできる事ではない。
大声で注意をうながしたり、犯人を威嚇するだけでも効果はある。
あとは犯人の特徴や逃走方向を冷静に観察・記録し、捜査に協力すること。
被害者を保護すること。
するべきことや出来ることを、しっかり出来る大人でありたいです。

痴呆議員 
この方だけでなく、声をあげた被害女性も、怯まずに足を出した方も、立派だと思います。
犯人に蹴られたことに関しては告訴すべきだと思いますが、それで大した賠償がされるわけではない。犯人逮捕に協力しての名誉の負傷には何らかの保証があっても良いのではないかと思いますね。
無関心は犯罪者を増長させるだけ。もし遭遇したら取り囲むだけでもいいから何かしらの行動をしたいものです。

joe***** 
補償制度があるというのなら、結局はどうなるのか結果が知りたいですね。痴漢のケースなんて出ませんよというものだったら、それも記事にして欲しいものです。役に立たない見かけだけの制度は沢山ありそうなので。知らなきゃ損ではなく、知っていても使えないなら全く意味がないので。

tom***** 
会社の社長が認めてくれた事は大きい
社長が認めれば社員はそれに追随する人が多い
逆にわずかでも非難をすれば社員はそれに追随する
内心がどうあれ、ね

同情はしても行動はしないのが一般人
それはホームで傍観してた人たちも同じ
気の毒に、と口で言いはしても行動は伴わないのが普通
行動した勇気を認めてくれる稀有な人が社長でよかったね

tec****
とても素晴らしいと思います
困っている人がいたら助ける、当たり前の事なんだけどなかなか行動に移せない
当たり前の事が当たり前に出来るようになりたい
今の世の中刃物や凶器を所持している犯人も多いので怪我で済んでよかったです
怪我の回復を願うのとこういった方が補償される制度とかが確立されると良いと思います

juno***** 
「犯人であると誰からもわかる現行犯」ならば取り押さえるのに怪我してもさせても許されるだろうけど、流石に現場を目視していなくて冤罪だったらと考えると、手を出して逆に自分が共犯者になる恐れがあるなら傍観するだろうな。

特に痴漢なんて、立証が何故か犯人側に課せられるおかしな捻れの裁判なので出来れば関わりたくないな。
引ったくりや暴行なら現場目撃すれば一目瞭然だから、出来ることなら協力するつもりだけど……。




管理人の感想

次のコメントからは、痴漢を取り押さえた正義の一般人の心境がよく伝わってきます。

j5a*****
私も以前川崎駅の南武線ホームで同じような経験をしました。痴漢したと思われる男が電車からすでに捕まって降りてきて引き渡す所でホームを全力で逃げていたのを反対ホームの出発待ちの車内で目撃したのでタイミングを合わせて飛び出して捕まえた所、勢いで一緒に吹っ飛びましたが捕まえる事が出来ましたが、それをただ茫然と見て過ぎて去っていく人の目がとても怖かったです。私自身も腕から出血があり逃げられては困るので必死に捕まえていたが、反面本当に彼は痴漢をしたか、冤罪ではないかと不安もあり、本人に「痴漢したのか?してないのか?してないならしてないとはっきり言ってくれ!」と尋ねましたが目をつぶって黙って抵抗するのみでした。駅員が来るまで私一人で彼を捕まえていた時は心が押しつぶされそうになったし、被害にあった女性を助けたであろう方も仕事なので、と言って去って行った時はとても時間が長く感じ切なくなりました。

この痴漢を取り押さえた会社員の気持、わかるわー!

彼の気持ちを一番、不安にさせたのは、見て見ぬふりをして現場を通り過ぎていく大勢の

傍観者達だったんですね。

あと、痴漢という立証しにくい犯罪であったことが正義の人の気持を不安にさせていた。

目の前で子供が暴漢に襲われていたら、暴漢を殺してでも子供を助けようという確信を持

った行動を取れるけど、「痴漢だ」と言われて逃げていただけの人の場合、組み伏せなが

らも冤罪だったらどうしようと、思ってしまいますよね。

さて、この記事の会社員は、「痴漢されました!助けてください!」という若い女性の声

を聞き、その女性が中年男性のベルトをつかんでホームを歩いているのを見たのです。

この状況からは行動を起こしやすい状況だったと思うのですが、実際に女性を助けたのは

この会社員だけだったのですね。

こういう時、行動を起こすかどうかは理屈じゃなくて、状況を見た瞬間に体が動いてしま

うんでしょうね。溺れている子供を見たら、助けようとして水に飛び込むように。

このように、自分の身の危険や損得を超えた行動を即座に取れるというのが「勇気」とか

「正義心」というものなんでしょうね。

何人かの通勤客が、この会社員に加勢するなり、立ち止まって寄り添うだけで、随分心強

かったと思います。見て見ぬ振りをする人がなくなるように、正義の行動を起こした人に

は法的に手厚い保障をするようにしてほしい。たとえ、怪我をしなくても、報奨金を支給

するとか。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。