スポンサーリンク

ミミズ腫れ・暴言…校長知りつつ報告せず 教員間いじめ〈感想…校長も加害者〉

画像

スポンサーリンク

ミミズ腫れ・暴言…校長知りつつ報告せず 教員間いじめ

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)に勤めていた30~40代の男女教諭4人が昨年以降、同僚の20代の男女教員4人に暴力や嫌がらせを繰り返していた問題で、被害者のうち男性教員の一人が尻をたたかれ、ミミズ腫れができたと知っていたのに、校長が市教育委員会に報告していなかったことが関係者への取材でわかった。市教委は加害教諭らに加え、校長の処分も検討している。

これまでの市教委の説明では、学校側は今年6月、別の複数教員からの相談で問題の一部を把握したが、口頭の注意で済ませ、翌月、市教委に「問題は収束した」と報告していた。だが、その後も暴言を浴び続けた男性教員が9月から学校を休み、家族からの連絡で市教委が調査を始めて被害の全体像が判明した。
10/7(月) 22:46配信朝日新聞デジタル
〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000066-asahi-soci〉

ネットの声・考え

Betterlatethannever 
さっき別のニュースでいじめの
動画を観ました。あまりにひどい。
普通の人が、人の目の中に激辛カレーを
入れますか?どう考えても普通の人間じゃない。あれをいじめとして
片付けたらいけないと思います。
傷害事件以外の何者でもないです。
まだ教師として籍があること自体
信じられない。懲戒免職で教員免許も
剥奪してほしい。顔も名前も隠す
必要がないと思います。

sc 
加害教師へ
・学校は子供に教育をするところです。同僚に危害を加えるところではありません。
・食べ物を粗末にしてはいけません。
・同僚に危害を加えておきながら、ズル休みしてお給料をもらってはいけません。
・子供たちはあなたが誰か知っています。恥じてください。
・悪いことをしたと思うのなら、きちんと謝りましょう。

kom*****
学校という教育の場において、これだけ不祥事が横行しているのであれば、定期的な監査などが必要だと思います。
職場風土で周りの方々も不祥事に対する感覚が麻痺しかねないので、客観的な評価を行い子供達が健全な環境で安心と信用の下で学校生活を送って欲しい。

Ma** 
>「悪気はなかった」「相手がいやがっていると思っていなかった」
返答が小学生ですよ。
30代のすることとは思えず絶句。相手の気持ちも分からずよく教師になれたものだ。

y7_***** 
いじめではなく、犯罪だと思う。警察の手に委ねるべき。

fnf ***** 
いじめではなく、傷害事件だと思う。

abc***** 
加害者が犯罪者なのは当然として、校長の責任もめちゃくちゃ重い。




rev***** 
同職です。厳しい処罰を。これで、加害側の名前も出ず、逃げられるなんてことになったら、子供に示しがつきません。自分の行動は自分で責任を取る。最後にそのことを示してほしいと思います。こんなことをされると、教師全体の評判が下がり、悲しいです。(最近そうなっても仕方ない事件が多すぎますが)

元祖貴族 
簡単に言えば、あまりにも幼稚。
懲戒解雇は当然です。是非、刑事事件として立件してもらいたい。被害者教諭もきちんと被害届出しなさいよ。子供たちのためにもね。

☆★☆ 
これが教育の現場で行われたことに救いの無さを感じる。
嫌がらせが始まったのが2018年4月…1年以上も経っていることを考えると、一連の行為が大したことではなく、よくあることのように対応されていたのではと想像してしまう。

4人の教師たちの行為が可能であった環境にも問題がある気が。
相手を尊重することを教える教育とは、いったいどんなことをすれば良いのか今一度考えた方が良いのでは?…この教師たちが育ってきた教育ではダメなのでは?
誰かと信頼を築くことで仲間を作ることとに比べ、威圧力で作った仲間は脆いものであることや、誰かを尊重することは自分が尊重されることにもつながることは、物語でだって学べるのに…

教師や保護者の対応を子どもはよく見ている。大人が大したことでは無いと流していれば、それに倣う子どもも多い。

mxr***** 
これはイジメではありません。立派な暴力です。4人は犯罪者ですよね。

fsx**** 
信じられない。
動画が流れたけどあまりの酷さに直視出来なかった。
こんな事がいつまでもバレずに済むと思ってたのか。

そのうち顔も名前も晒されるでしょう。

これはイジメではなく傷害事件です。

社会的制裁と刑罰をしっかり受けて、
一生懺悔と後悔に苦しむべき。

被害者の方は本当にお気の毒ですが、
少しでも心の傷が癒え、また社会復帰が出来ますように。。

blu 
この学校の校長も「保身が最優先」というスタンスだったのでは。

そもそも加害者側の教師が異常であることは間違いないが、
被害者の先生にとっては、こんな校長がトップに立つ組織だったことも悲劇。

同僚には止められなくとも、人事権を持つ校長であれば嫌がらせをやめさせることはできたはず。

「被害を知っていたのに、またこれに対処できる権限もありながら、何もしなかった」校長の罪も非常に大きいと思う。

moo***** 
これだけ酷いならば、加害者教師とその内容を隠した校長は、懲戒解雇にしないと再発防止にはなりません。




sasa 
被害届を出さないと警察は動いてくれないのですか?証拠写真とかがあるのに。
被害者はコワくて被害届を出せないでいるだけだと思います。
私がテレビで見たことを警察に連絡しても動いてくれないのですかね。

vmf***** 
悪質すぎる。
実名とか顔晒すべき。

sno***** 
この校長の名前もすでにネット上では流れています。
校長は無能者+加害者の1人です。教育委員会にいわば嘘の報告をしていました。「教師間トラブルは解消したと」。見て見ぬふりをしている人間が一番悪です。
校長が断固とした態度で、いじめを留めて教育委員会に報告していれば、被害者が辛い思いをされることはなかったのではと思います。教師のいじめに言わば校長も荷担しているので、加害者は実質5人になります。
校長も懲戒免職と上級教員免許永久剥奪にすべきです。それと、刑事告訴して刑務所に行ってもらいましょう。年を取ってからの刑務所生活は辛いそうです。

かんた 
傷害で逮捕は当然だが、どのような家庭環境または学歴。周囲の人間関係などを徹底して調査してほしい
どうしたらこのように悪魔のような教職が
生まれてしまったのか、なぜ教職免許を持っていたのか?再発防止も含めて徹底調査と報告を

mat***** 
被害教員からしたら、加害教員だけではなく学校の管理責任者である校長からもスルーされてると感じてしまうよね。
加害教員側の問題は当然だが、組織風土の問題も…

あ 
強要 傷害起こした先生から学んだ子供達が、中学に上がり生徒間で新たな強要や傷害 他人を落としめる行為をする子が増殖たらたまらない。
そこには家庭の育ち方の問題があるけれど、 やはり1番やってはいけない行為を先生がして 内部処理でテキトーにあしらわれた被害者の先生は個人が壊れる前の自衛をしなければ心身ボロボロになる。
校長の事なかれ主義が更に周りを不幸にしてしまいました。

*** 
小学校の支援員やってたことがあります。
ほとんどの先生方は、とても熱心で、お忙しい中ご尽力されています。

でも、多忙なのはわかるけど、こちらがあいさつしても無視はわりと当たり前、あいさつもできない人も少なくない。こちらが子どもたちのことで心配で報告しても、改善しない、話を受け止めない、ピックアップしない、ということもあります。

要するに、一部が、自分たちがえらいと自負しているので、謙虚さがない。年数を重ねた人ほど、その職場に長くいる人ほど、発言権が強い。偉い人物だと勘違いしている、令和なのに。人権意識も薄い、時間がどこかで止まったところがあり、課題です。

mas***** 
いじめた側の教員は当然の事だが、この校長も懲戒免職にすべきです。
このまま校長を続けさせて、何か問題が発生した場合、同じように隠蔽しますよ。
生徒の保護者も安心して子供を通わせられないでしょ?




管理人の感想

神戸市立東須磨小学校のホームページを見たら、工事中になってたわ。

普通なら、校長の顔写真は載っているんだけど。

今度の東須磨小学校の教員間のいじめは異常としか言いようがありません。考えられ

ないね。4人もいじめ教員がいて、学校を牛耳っていたとは。

こういう場合、一番問題なのは校長です。校長が見て見ぬ振りをした上、教育委員会

に嘘の報告書をあげていました。校長には指導力がない一方、4人の加害教員は指導

力のある東須磨小の中心メンバーでした。なので、校長は加害グループの教員に何も

言えなかったのです。加害教員たちにおもねっていたのです。

それにしても、加害教員たちは、子どもたちに「道徳」とか「いじめ防止」のための

授業を行っていながら、自分の行為について暴力やいじめだということがわからなか

ったんですかね。ホンマ、考えられないよ。

加害教員4人は調査に対し、「悪気はなかった」「相手がいやがっていると思ってい

なかった」と説明しているけど、これ、こども同士のいじめのときと同じ言い訳で

す。激辛カレーを目に擦り込んだり、車を凹ませたり、車内にわざと飲み物をこぼし

たり、尻を殴りつけたりと、嫌がってるに決まってるだろ!

保護者たちには、評判が良かったようだけど教員の資格なしです。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。