また引きこもりの悲劇か。ホラー映画を地で行くような最悪の結果

4月6日、鹿児島県日置市東市来(ひがしいちき)町湯田の民家で、親族4人と知人1人

が近くのアパートに住む無職・岩倉知広(38)に殺害されました。(現段階では容疑者)

岩倉知広(38)容疑者は、高校に進学後、しばらくして引きこもりになり、今日に至っ

ているということですが、今回も引きこもりの人が家族を手に掛けるという悲劇を起こし

てしまいました。

 

鹿児島殺人の現場

上記資料のうち、不明のお二人は本日、容疑者の供述どおり発見されています。(ただ

し、内1人は身元確認中)

まるでホラー映画

5人もの人が犠牲になったこの事件。

まるで、ホラー映画を地で行くような犯行でした。

当初、犯人は人知れず、父(68)(上図の次男)と祖母(89)を殺害していたのです。

そこで、事件のおきた家族の長男(70歳…存命)のところに、6日(金)、次男(容疑

者の父68歳)の勤務先から次男が数日間、出勤していないという電話連絡があり、それ

を聞いた長男は当時県外にいたので、電話で妻の岩倉孝子(69歳)さんに様子を見に行

くように頼みました。妻の孝子さんは実姉の坂口訓子さん(72歳)と一緒に次男宅を見

に行ったのですが、その後、長男は妻・孝子さんと連絡が取れなくなりました。

そこで、不審をつのらせた長男は近所に住む知人の後藤広幸(47歳)さんに次男宅を見

に行くように依頼したのですが、この後藤さんとも連絡が取れなくなってしまい、長男は

ついに警察に通報することになったのです。

安否を確認に行った人が次から次へと消息不明になるなど、まるでホラー映画の筋書きの

ようだと感じました。

スポンサーリンク

根底は引きこもり問題

容疑者の無職・岩倉知広(38)の履歴

岩倉知広(38)は、中学を卒業後、地元を離れて有名な進学校に進学しましたが、その

後、自宅に帰ってきて、そのまま引きこもりになったということです。

有名進学高校に合格したのですから、学力は高かったはず。

しかし、何らかの原因で不登校になり、地元に帰ってきてそのまま引きこもりになったの

でしょう。

一般的には、地元中学で秀才の呼び名高かった生徒が、進学高校に入った途端、周りもみ

んな優秀な子達ですから、自信を失って不登校になるということはあり得るケースです。

高校でも大学でも、新入生が5月連休を終えた辺りから、不登校の症状が出てくるケースが

度々あります。

犯人の岩倉知広(38)については、16歳以降の詳しい様子はまだ伝わってきていません

が、近所の人の証言では「引きこもり」は間違いなくあったようです。

容疑者は、自宅から10分位のアパートに住んでおり、アパート前で棍棒を激しく振り回す

ので、アパート住民の後藤広幸(47歳…被害者)が警察に通報したということです。

このアパートには犯人の岩倉知広(38)と被害者の後藤広幸さんだけが住んでいまし

た。

引きこもり者を抱える家族のご苦労と苦悩

内閣府の調査では、現在、全国で56万人の引きこもり者がいるそうです。

引きこもりの法的援助措置がないので家族は困っていると、このブログでも書いてきまし

たが、昨年、「生活困窮者自立支援法」が成立しました。

また「引きこもり」男性の殺人事件!「引きこもり」に社会的支援を

「引きこもり7年以上が前回調査の2倍に」~解決するには、救出するには?

この法律で、引きこもりの人を就労につなぐことが可能になったようですが、実際の運用

がどうなっているのかはわかりません。

さて、この「引きこもり問題」は、すべてを家族内で抱え込んでいるので、普段はあまり

表面化しません。

でも表面化したときは、今回のような悲惨で不幸な事件になる可能性があるのです。

引きこもりの人は知的障害者でも身体障害者でもありませんので、家族は役所のどこに相

談に行っていいかわからないし、そもそも引きこもりの人を支援できる法的措置がなかっ

たのです。

一般の人は、引きこもりを本人が怠けているだけだと感じている場合が多いようです。

でも引きこもりは、明らかに病気です。根治するのが難しい精神的な病気です。

ほっておくと、人間社会とのコミュニケーションを取らないまま、何十年も過ごすのです

から、仕事も全くできなくなってしまいます。家族はそのことがわかっているので、自分

の命が続く限り、経済がなんとかなる限り、ひっそりと家庭内で面倒を見ているのです。

なぜ、「ひっそり」となるのか?

我が子が引き込もったまま、40歳にも50歳にもなっていることをどうして他人に話せるで

しょうか。他人は何か手助けできるのでしょうか。

気の毒にと思っても、具体的に援助の手を差し伸べることができないのです。

私は、56万人もの人が確認されているにも関わらず、引きこもり問題への関心がマスコミ

も含めて低いように思います。もっとマスコミが引きこもり問題を大きく扱っても良いよ

うに思うのですが、みなさん、どうでしょうか。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。