フジテレビ、驚きの山口達也の誤報、どんな経緯で誤報を流したのか

昨日(26日)、フジテレビの「PRIME NEWS EVENING」の警視庁記者

クラブからの報道を元に『TOKIO山口達也が女子高生に強制わいせつ。実は男がもう1

人いた。』を投稿しました。

昨日の山口達也の記者会見では、山口本人が「自分と女子高生2人の3人だけだった」と

明言していたのですから、フジテレビのこの「男がもう1人いた」という報道は重要な新

事実。

スポンサーリンク

一体、どういう経緯で誤報を流したのか

ところが、ナ、ナント、これが誤報だと、昨日の夜、伝わってきたのです。(FNNプライムニュースα)

昨日(26日)、フジテレビ「PRIME NEWS EVENING」が、警視庁記者

クラブからの中継ということで、「事件が起きた時間に、山口メンバーの自宅に別の男

性がいたことが警視庁への取材で分かった」と報道したのですから、そりゃ、信じますよ

ね。

ところが、これが誤報だったとフジテレビが謝罪。

誤報だとすると

①警視庁担当のフジテレビ記者が全くのアホで、功を焦ったのか何を思ったのか、わから

ないけれど誤報を流してしまった。

でもまあ、この筋書きは、いくらなんでもないでしょうね。

②警視庁が発表した内容を聞き間違えた。

でも、他の報道各社は「もう1人男がいた」なんて、どこも報道していないのですから、

フジテレビの記者だけが勘違いするでしょうか。

その記者だけが勘違いしたとしたら、やっぱり愚かですよね。普段の仕事でもとても使え

ない社員だと思います。

③実はフジテレビの記者だけが、知り合いの捜査関係者から、もう1人の男の存在をオフ

レコで教えられた。なのに、約束を破って報道した。

ところが、この「もう1人の男は未成年者」だった。なので、少年法や人権尊重の立場か

ら、フジテレビの誤報ということにした。

ウーン、この筋書きもないでしょうね。

④警視庁記者クラブの現場からの連絡をフジテレビのスタジオスタッフが「男がもう1人

いた」と勝手に取り間違えた。

いわば、伝言ゲームの間違いみたいなものですね。でもこれもないだろうな。

他にもいろんな筋書きが考えられますが、でも、でも、でも、あり得ない誤報ですよね。

フジテレビの凋落が話題になったりしますが、そんなことも関係しているのでしょうか。

この誤報騒動の裏には何かあるような感じがします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。