日大アメフト部監督は選手の暴力行為に対してまず説明責任を果たせ

日大アメフト選手の試合中の暴力事件について、“あれはないだろ”という思いで、『日大

アメフト選手の行為は完全な暴力。監督もチームも責任を取るべき』を投稿しました。

日大・内田監督は、何かコメントだけでもするのかと思いきや、未だに雲隠れしていて自

分のチームの仕出かしたことに、説明もしていません。

スポンサーリンク

日大・内田監督はすぐに謝罪すべき

しかも、さらに腹立たしいのは、部下の森琢コーチを釈明に出向かせたこと。

内田正人監督のすべきことなのに。

こういう人間を「卑怯者」というのです。

説明責任さえ果たせないこんな男が、アメフト部の監督や大学の重職・常務理事を担って

いたとは正直、驚きですね。

人間というのはわからないものです。

ところで、暴力行為を行った選手は内田監督の指示に従って、あのような暴力行為を行っ

たということです。

監督の言うことは絶対なので選手の気持ちはわかるけど、でも、やっていいこととやって

はいけないことは判断すべきですよね。

勝つことが至上命題でも、選手である前にまず人間ですから。

監督に殺人を命じれたら、人を殺してしまうのでしょうか。今回の暴力事件だって、首の

骨を折って死んでいてもおかしくない事件だったと思います。

一番悪いのは、内田監督でその愚かな指導を諌めることができなかったコーチ人陣。

あんなことを選手にやらせて、相手に対するリスペクトがなかったんでしょうか。

まあ、内田監督は、関学のQBを怪我させろと命令したそうですから、リスペクトも何も

あったもんじゃないですよね。

実行犯の日大選手も、相手のことを考えられなかったんでしょうね。ちょっと、自分に置

き換えて考えれば、どうすべきかわかったと思うんですけど。

やっぱり、一番悪いのは内田監督。

未来ある選手をこんな可愛そうな状況に追いやってしまいました。

この暴力選手は、アメフト部の退部をほのめかしているようです。

ホント、日大のアメフト部の選手には気の毒なことです。

暴力を命令するような監督のいる日大アメフト部に入ってしまって。

でも、大人なんですから、「監督に言われたからやった」では済まされないよね。

さて、日大・内田監督は、どの面下げてマスコミの前に出てくるのでしょうか。

それとも、ほとぼりの冷めるのを待っているのでしょうか。

でも、内田監督のやったことは忘れませんから。

ところで、こんな状況なんですから、日大学長が記者会見をして監督が雲隠れしているこ

とを謝罪すると同時に、この事件に対する日大の考えを表明したらいいと思うんですけ

ど。

本日(16日)、関学の抗議文に対する日大の回答書が届いているようですが、内容は明

日、17日に関学が記者会見で発表するそうです。

日大はどんな回答書を持ってきたのでしょうか。

でもこれまでの対応を見ると、あまりちゃんとしたこと書いてないのではないかな。

関学側は、日大のアメフト部監督及びコーチ陣の総辞職を求めているらしいけど、当然の

要求ですね。暴力容認、非スポーツマンの連中が、このまま指導していたのでは、いつ重

篤な犠牲者を出すかわかりません。

それから、被害選手は、警察に告訴したほうがいいのでは。

最後に、日大アメフト部は、まず被害選手の所にお見舞いに行って謝罪すべきでしょ。

そんなこともわからんのか。日大アメフト部監督の内田さんよ!

悪質反則は監督指示 日大アメフット選手退部決意
5/16(水) 9:46配信 日刊スポーツ

6日の日大―関学大戦の第1Q、ボールを投げ終わった関学大QBの背後から、日大DLが悪質なタックルを仕掛ける(関学大提供、写真は一部加工)
アメリカンフットボールで対外試合出場禁止処分を受けた日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。日大関係者が15日に明らかにした。6日の関学大戦で、パスを投げ終えて無防備なQBに背後からタックルするなど3度のラフプレーで退場し、関東学生連盟から処分も騒動は拡大する一方。責任を感じて決意したという。関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導の自粛を申し入れていたことも判明した。

日大関係者によると、反則を犯した選手は家庭の事情で約1週間、練習を休んでいたという。日大は厳しい指導で知られ、チーム内競争も激しい。この選手は騒動後に辞退したが、6月の中国での大学世界選手権の日本代表にも選ばれていた。実力ある選手ながらも出場機会が減っていて「精神的に追い込まれていた」と指摘した。

内田監督は試合前に関学大QBを負傷させる趣旨の命令を選手にしていたともいう。実際に関学大戦後には「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」と、指示を思わせるような発言もしていた。

その後、関東学生連盟から暫定的処分が下り、関学大は抗議文送付を会見で明らかにし、テレビでも大きく報道され、騒動の拡大が止まらない。そんな状況に選手はさらに追い込まれ、責任を感じて「部をやめたい」と漏らしているという。

内田監督は10日に厳重注意処分を受けると、12日の関大戦からベンチ入りは自粛すると伝えていた。さらにリーグ戦開幕前の8月末まで現場指導を自粛することも申し入れていた。

春のオープン戦3試合は中止を申し入れられたが、チームは通常通り練習を続けている。この日も選手たちは世田谷区のグラウンドで練習したが、問題について問われても一様に無言を貫いた。日大広報部は「大学側としても調査中」としてコメントを控えた。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。