スポンサーリンク

不当値引きと佐川前理財局長の大嘘答弁。不起訴処分は正しいのか

佐川前理財局長が国会で、「資料は捨てた」「記録は残っていない」の2つの答えだけ

を木で鼻をくくったように答えていたのはこないだのこと。

その佐川前局長の答弁や態度を見て、大方の国民はなんで本当のことを言わないんだ

ろう、もっとちゃんとした答弁をしてよと、腹立たしい思いをしていたと思います。

それが、今になって「森友文書」がザクザク出てくるし、佐川前局長は部下と一緒にな

って文書を改ざんしていたことがわかりました。

スポンサーリンク

嘘は泥棒のはじまり

「嘘は泥棒のはじまり」は当たっている!・・・と思います。

悪事を働けば、それを隠すために嘘をつきます。

また嘘をつくときはその後何らかの悪事を予定していることが多いでしょう。

嘘を付くことは泥棒になってしまう必要十分条件ということか?

言い方はともかく、「嘘はつかない」は各家庭でお子様を育てるときの基本となる躾の1

つになっていると思います。

それがですよ。テレビ中継もされる国会答弁で、公務員の佐川前理財局長は、終始一貫

して嘘を突き通していたのです。

これ、いけませんよね。

公務員がこんな事をやっていたら、国民の利益がどこかで損なわれるはず。

一応、財務省は服務規律違反ということで、佐川前理財局長らを処分するようです。

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題で、当時、理財局長だった佐川前国税庁長官が、部下が作った改ざんの原案をもとに、最終的な改ざん部分を部下とともに決めていたことが分かりました。

政府関係者によりますと、財務省の調査に対して、佐川氏は自ら改ざんを指示したわけではないと説明しているということです。ただ、複数の職員が佐川氏の指示と認識していたと話していて、財務省は週明け4日にも行う調査報告で、佐川氏の事実上の指示があったと認定する方針です。財務省は調査報告と同時に佐川氏を停職処分扱いにしたうえで退職金を減額するほか、改ざんを主導したとして理財局の総務課長を停職処分とする方向で最終調整しています。

〈出典:“森友文書” 佐川前局長が部下と改ざん部分決定6/1(金) 17:02配信 テレ朝 news

一方、佐川前理財局長たちの刑事責任の方はどうなんでしょうか。

森友学園が取得した土地について、財務省は8億円も値引きしたんだけど、その

根拠が曖昧。

埋まっていたとされる地中のゴミの撤去費を算出したということですが、ゴミがあった

かどうか、撤去したかどうかもわかっていません。

結論としては、「不当な値引きである」と私も思っていたんだけど、なんと検察当局は

不起訴処分としました。

国の財産を相手・籠池氏の言うがままに値引きして、その関連文書はすべて廃棄したの

で残っていないと国会の場で嘘をつき、国の財産を不当に安売りしたのですから、刑事

罰に問われて当然。

ところが、大阪地検特捜部は嫌疑不十分ということで、不起訴処分にしてしまったので

す。

「犯罪事実無し」ではなくて、嫌疑はあるけれども不十分ということなので、怪しい部

分はあったと判断しているんですよね。

検察特捜部長の山本真千子氏は処分発表で「社会的な批判の対象となった問題だが、刑

事罰を科すことには慎重に判断した」と話しました。

「疑わしくは罰せず」の精神でしょうか。

冤罪を生むのはよくないですが、素人目には起訴して十分な内容だと思うんですけど。

こんなことがまかり通ったら、官僚と権力者たちのやりたい放題になってしまいますも

の。

告発者の検察審査会への申立結果はどうなるのでしょうか。

刑事告発されていた佐川前国税庁長官らが不起訴処分となりました。

森友学園への国有地売却問題を巡っては、不当に安く売却した「背任」の疑いや決裁文書を書き換えた疑いなどで告発状が出されていましたが、大阪地検特捜部は嫌疑不十分などで不起訴としました。背任については、国に意図的に損害を与えたとはいえず、「文書改ざん」では、金額など根幹部分が変えられたとはいえないと判断しました。
麻生財務大臣:「原因究明は当然のこととして、再発防止のためにどのような方法をやるのかと。今後、努めていくと同時に、信頼回復にきちんと努めたい」

〈出典:文書の根幹変えられたとは言えず…佐川氏ら不起訴(2018/05/31 17:12)
テレ朝news 〉

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。