スポンサーリンク

「はれのひ」の篠崎元社長は海外に雲隠れ。逮捕されていなかった。

今年の年明け早々、晴れ着レンタル会社「はれのひ」の篠崎社長が成人式当日、店を閉め

て雲隠れ。

「なんちゅうやっちゃ、そんな”詐欺”は絶対に許さへんで」と思ってたけど、なんと海外

に雲隠れしているらしい。

事件から半年たった昨日(6月20日)、第1回債権者集会が横浜市内で開かれたとのこ

と。

でも、そこで、破産管財人が債権者に語ったことは、会社に資産がないので、配当の見込

みがないということ。なので、横浜地裁がその日に、破産手続きを打ち切る「廃止決定」

を出しました。

「廃止決定」が出されると、破産手続きは終了してしまうけど、その後は、篠崎元社長の

負債の返済義務はどうなるのかな。

篠崎元社長個人と法人・株式会社「はれのひ」とは、別人格だから篠崎社長個人には、債

務はないのか?

そんなこと許せないぞ。

篠崎社長は1月8日以降、雲隠れを続け、横浜地裁から破産手続きの開始決定を受けた1月

26日になって初めて記者会見を開いて新成人や保護者らに口先だけの謝罪をしていたけ

ど、その後、3月下旬からまたまた雲隠れして、代理人弁護士とも連絡が取れないとのこ

と。

海外にいるらしいけど、まだ警察に捕まっていなかったんだ。

詐欺罪の方はどうなってるの?

はれのひ、資産なく配当不可能 横浜で債権者集会、元社長欠席
6/21(木) 8:00配信 カナロコ by 神奈川新聞

成人の日を前に突然営業を取りやめた振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」(横浜市中区、破産手続き中)の第1回債権者集会が20日、横浜市内で開かれた。破産管財人は同社側に資産がほとんどなく、債権者への配当が不可能な状況を説明。配当の見込みがないため、横浜地裁は同日、破産手続きを打ち切る廃止決定を出した。

集会には債権者約70人が出席。篠崎洋一郎元社長は姿を見せなかった。元社長の代理人弁護士は、3月下旬から元社長と連絡が取れず、海外にいる可能性が高いと説明したという。

破産管財人の増田尚弁護士によると、債権者の総数は約2500人で、うち約2千人が顧客。負債総額は約10億8500万円に上った。内訳は▽借入金=約4億円▽顧客の損害=約3億4千万円▽買掛金=約1億8千万円▽税金・社会保険料の滞納=約7800万円▽未払い賃金=約2600万円-などだった。

・・・・(後略)

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。