スポンサーリンク

暴力団組員だってナンパをしたい。男の気持ちはわかるが、しかし…

千葉県警が、指定暴力団組員に全国初の、「ナンパ」中止命令を出しました。このニュー

スを聞いて暴力団員もやっぱり、ナンパをしたいんだと、妙に納得しました。

男である以上、誰しも素敵な女性と交際したいという願いは持っており、これは警察官で

あろうと暴力団員であろうと同じ気持ちのはず。

下の記事を見ると、40~70代の組員3人が組事務所前でナンパして、「ナンパ」中止

命令を受けました。

「ナンパ」中止命令の法的根拠は暴力団対策法にあり、乱暴な言動で市民に不安を感じさ

せることを禁じた規定に基づくものだそうです。

でも、下の記事をみると、このナンパは完全にNGです。

組事務所の前で20代の女性の腕を引っ張り、「電話番号を教えろ。今から言う番号に

かけてくれ」などと要求したり、立ちふさがったり、にらみつけたりして、電話をかけさ

せ、女性の電話番号を無理やり入手したというのですから。

これって、「乱暴な言動で市民に不安を感じさせることを禁じた規定」レベルの問題では

なく、刑法の「脅迫罪」に該当するのでは、と思います。

この場合、女性を脅迫して無理やり言うことを聞かせようとしていますし、組事務所前と

いうことから、通行人の女性には、相手の男が暴力団員であることは想像できるわけで、

言うことを聞かなかったら嫌がらせや危害を受けるなど、お礼参りをされるのではないか

と思っても当然のことです。

こんな脅迫まがいのナンパではいかにも暴力団員らしく、金を手に入れるため、脅迫し

たり、暴行してカツアゲしたり、覚醒剤を売ったりするのと同じやり方ではないでしょう

か。

ちょっと前、暴力団を取材したドキュメントを見たことがありますが、その中で、幹部組

員が、暴力団員の基本的人権が守られていないということを言ってました。

きっと、組事務所を好きな場所に置けないので、憲法でいう居住の自由とかが保証されて

いないというようなことでしょうか。

この記事のナンパの件でも、「暴力団員も人間だぞ」と言いたいのではないでしょうか。

でも、普通の市民の権利を求めるのなら、普通の市民の生き方をするしかないと思うんで

すよね。

普通の市民の生き方をすれば、周囲の人々に受け入れられるはず。暴力団という組織に入

ってる人たちが、生業に就くのは無理なんでしょうか。

ナンパは生業についてからでないと、やっぱり無理ですよね。

素人の普通の真面目な女性が、組事務所の前で暴力団員らしき男からナンパされて、「は

い、いいですよ」なんてなるわけありません。

人に迷惑をかけたり、違法行為をしたりして生きるより、人に親切にして喜ばれる生き方

の方が気持ちいいに決まっています。

以前、暴力団組長の人が、「社会に受け入れられない人間を自分たちが面倒をみてやって

るんだ、自分たちがみなきゃ、誰がみる」と言ってました。

なるほど、そういう面があるし、社会に馴染めない人がいるのも事実です。でもその行き

先が暴力団しかないというのは、やっぱり、政治の問題でしょうか。

70代組員らに全国初の「ナンパ」中止命令 千葉県警
6/30(土) 12:50配信 朝日新聞デジタル

暴力団の事務所の近くを歩いていた女性を「ナンパ」しようとしたとして、千葉県警が指定暴力団稲川会傘下の組員3人に対し、暴力団対策法に基づく中止命令を出したことが30日、捜査関係者への取材でわかった。事務所周辺での乱暴な言動で市民に不安を感じさせることを禁じた規定に基づくもので、ナンパへの中止命令は全国初という。

捜査関係者によると、中止命令を出されたのは、千葉県内に拠点を置く稲川会系の2組織の40~70代の幹部組員ら3人。5月中旬、千葉市中央区にある組事務所の近くで20代の女性の腕を引っ張り、「電話番号を教えろ。今から言う番号にかけてくれ」などと要求。立ちふさがったりにらみつけたりして電話をかけさせ、女性の電話番号を入手したとされる。命令は6月1日付。

千葉県警は昨年5月に同県松戸市の国道6号で起きた拳銃を使った殺人未遂事件に絡み、稲川会の集中取り締まりを進めている。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。