相撲協会理事会は「貴乃花親方の理事解任」を提案~違うだろー!

相撲協会は、貴乃花親方の相撲協会への報告義務違反をクローズアップして、どうしても

処分したいらしい。

しかし、ちょっと待ってください!

報告義務と言うならば、最もそれを怠って非難されるべきは、横綱日馬富士・横綱白鵬・横綱

鶴竜でしょう。

特に加害者・日馬富士には、「こんな暴力事件を起こしました」と、協会にも、巡業部長の貴乃

花親方にも、強い報告義務があったはずです。

また、日馬富士の親方・伊勢ヶ浜親方にも相撲協会や巡業部長の貴乃花に報告義務があった

はず。

それなのに、加害者側は、相撲協会にも巡業部長の貴乃花親方にも全く報告していなかった

のです。

こんな状況であるのに、相撲協会は、被害者側の貴乃花親方が相撲協会に報告しなかったの

で、けしからんと言う。

違うだろ!

処分すべきは、暴行現場にいながら、警察から露見するまで、ほっかむりして知らんぷりして

いた、日馬富士、白鵬、鶴竜であろう。

それにまずは、救急車・病院でしょ!

被害者の貴ノ岩の頭が割れて、血が吹き出たような大事件だったのです。

白鵬らは救急車も呼ばずに、ほったらかしにしていたのです。

こんな連中がそのままでいいの?

日馬富士の依願退職をそのまま認めて、退職金を払っていいの?

血の吹き出た貴ノ岩を救急車も呼ばず、ほっておいた白鵬をそのまま横綱にしておいていいの?

白鵬や鶴竜に、初場所でそのまま、相撲を取らせていいの?

白鵬の無礼な発言・態度や品格のない相撲を指導できないまま、ここまで放置してきた八角理

事長がこのままでいいの?

貴乃花親方が、2階級降格なら、理事長はもっと降格にするべきでしょう。

貴乃花親方の対応は、大人の対応ではなかったけど、事件の本質を見れば、降格処分を受け

るべきは現場にいた力士たちであり、朝青龍・白鵬等、モンゴル系横綱の横暴・無礼を許して

きた八角理事長たちでしょう。

日馬富士、白鵬、鶴竜たちへの相撲協会の判断・処分を見ると、日本相撲協会の愚かさばかり

が目につきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。