八角理事長はしっかりして!品格・礼節・常識のない白鵬は降格処分だ!

日本相撲協会の、日馬富士暴行・障害事件への対応が支離滅裂です。滅茶苦茶です。

だいたい、頭を10針も縫うような怪我をさせた加害者の日馬富士が「引退届」を持ってき

たとき、そのまま受理してはいかんだろ。

受理したということは、一般社会で言えば、「依願退職」を認めてしまったということです。

理事長ともあろうものが、暴行傷害事件の加害者の自己都合の退職を認めてはいかんだろ。

なぜなら日馬富士の暴行傷害に対して、相撲協会が組織として全く判断を示していないか

らです。だから日馬富士になんら懲戒処分がなされていないのです。

日馬富士の「引退届」は受理することは、懲戒を加えたことに全くなりません。

八角理事長は、組織の長として全くそのことがわかっていません。

ですので、白鵬のバカな態度・行動・数々の発言に対しても、全く叱責もできないし、

相撲協会としてちゃんとした対応もできないのです。

理事長講話の時の白鵬の貴乃花親方への発言など、非常識も甚だしいのに、そのことが全

く分かっていない。相撲ファンは、あんな無礼で横綱の意味も分かっていない白鵬なんぞ、

いなくたって平気です。

貴乃花親方を巡業から外すなど見当違いも甚だしい。白鵬の方を出場停止、謹慎処分にすべ

きなのです。

これまでも数々のバカ発言をし、横綱の品位を汚してきた白鵬に「そういうことは力士会で

話してから云々・・・」とは開いた口が塞がらない。違うでしょ。

その場で、理事長として、白鵬を「馬鹿者」としかりつけるべきだったのです。

それから、高野利雄危機管理委員長のあの記者会見における発言は、許せない発言です。

ひどい内容・発言でした。

元名古屋高検検事長との肩書らしいが、加齢により認識能力が低下しているのではないか。

「日馬富士が暴行した原因は、貴ノ岩が素直に謝らなかったからだ。貴ノ岩がちゃんと誤って

おれば日馬富士はその先にはいかなかった(あそこまでひどい暴行にはいたらなかった)」

と言い切ったのです。

呆れて果てた元検事だ。こんな理屈がとおったら、学校におけるいじめや暴力事件はすべて

被害者が悪いことになってしまう。

そもそも、被害者側の言い分も調査できていない段階で、危機管理委員長があんな言い方を

したら、完全に加害者側の立場でものを言っていることになります。

貴ノ岩や貴乃花親方が悪い、この2人が悪いので、日馬富士が辞めねばならないことになった

のだと言っているのと同じです。(エッ、そう言いたかったの(*_*;)

それから、日馬富士の引退会見における発言は、横綱としても人としても全く品格のない

話でした。

傷害を負わせた貴ノ岩への気持ちを聞かれて、謝罪の弁が出てくるのかと思いきや、

「これから、礼儀正しくちゃんとやってほしい」と注文をつけたのです。

これが相手に9針も縫わせる傷を負わせた加害者の言うことか。

本当に品位・品格、礼節もあったものじゃない。

今回の件でよくわかったことがあります。

それは、モンゴル人横綱たちは言葉としては、品位とか品格とか礼節とか知っているよう

ですが、それが日常生活や勝負の場で具体的にどういう態度・発言につながる概念なのか

ということが全く分かってないということです。

だからは、白鵬は審判結果に文句をつけて、「あれは実は俺が勝っていたんだ」なんて、

横綱として品位のない話を恥ずかげもなくしゃあしゃあと話すのです。

ちゃんとした横綱なら、誰が見ても横綱の勝ちとわかる大相撲を取るべきであって、それでも

審判が自分に負けを宣告したら「我、いまだ至らず」と修行に励むものなのです。

それを、審判に文句を表明したり、貴乃花親方が巡業部長なら自分は行きたくない(仕

事をしない)なんてことを言うなど、品格・礼節がないのも甚だしい。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。