スポンサーリンク

「乙武さんは今何をしている」…フジテレビ系『ワイドナショー』に出演!「いい気になっていた」

スポンサーリンク

今朝、関西テレビ8Ch(フジテレビ系)のワイドナショー(トークバラエティー番組)で、「乙武さんは今どんな生活をしているのか?」を見ました。

乙武 洋匡 (おとたけ ひろただ)さんの「ワイドナショー」への出演は、9カ月ぶりの地上波出演

ということです。

ワイドナショーでは、乙武さんの自宅マンションを松本人志、東野幸治、ヒロミ、古市憲寿、

佐々木恭子アナウンサーの5人が訪ねて、乙武さんに不倫騒動後の生活の変化等を聞いていまし

た。

芸人ならではの突っ込みで、聞きにくいことも尋ねていて、結構おもしろかったです。

乙武洋匡氏が離婚を発表~障害の厳しい現実。小さな幸せを大切に育てること

次は訪問者の質問と乙武さんの答えです。

〈訪問者〉不倫相手は5人などと、何で自分から詳しく話したの?

《乙武氏》 ベッキーの緊急記者会見やその後の反響を見て、正直に全部話した方がよいと思いました。

〈訪問者〉子供さんたちに「不倫騒動」をどう、話したの?

《乙武氏》下の子はまだ、小さいので話していないけど、長男は小学3年生なので、「お母さん以

の女の人と仲良くなって、世間から怒られた」と話したら、「何で仲良くなったらダメなの」

と子供が聞いてきました。

(※確かに小学生には、大人の不倫の意味は伝わらないでしょうね。)

〈訪問者〉トイレや着替えはどうしているの?

《乙武氏》ウォッシュレットのスイッチは自分で押すことができます。衣服の着脱はできないで

す。普段は2人のスタッフが世話をしてくれています。

《乙武氏》健常者と同じことをしていても、世間からもてはやされて、いい気になっていた。

(※その通りです。彼はとても上昇志向の強い人だと言われています。うぬぼれていたのかもしれません。)

〈訪問者〉テレビに出て、世の中の出来事に対していろいろと言いたいこともあるのでは?

《乙武氏》相模原の障がい者施設での事件には、コメントしたかったです。

《乙武氏》現在は40歳無職です。貯金もだいぶ減りました。

〈訪問者…松本人志〉偉そうなやつだと言われても、復活してほしい。

《乙武氏》はい、「ゲスの極み乙武」としてちゃんと復帰したいです。(※上手い!)

乙武氏は不倫の原因を「長男誕生後、妻が母になり、夫婦らしさみたいなものが次第に失われていって」と以前、語っていました。

大人の私たちには「夫婦らしさみたいなもの」の含む意味もわかりますよね。

彼の不倫やそれに関する奥様の発言の真意は、すべて、上の発言が物語っていると思いますね。

子供よりも世話の必要な夫がいて、子供がいて、そこに赤ちゃんが生まれたなんて状況になれ

ば、奥さんはもう、大変です。

夫の欲求なんかにかまってられないですよね。

さて、乙武氏は不倫騒動前は都知事有力候補として取りざたされていましたが、不倫騒動でそれは消えました。

しかし、もし自民党から立候補していたら都民はどんな選択をしていたのでしょうか。

僕は、乙武氏は1300万人都民の命と財産を守る人材としては能力不足だと判断しています。

ただし、能力があっても、障がい者だから差別するというのでは決してありませんから。

都知事という大切な職務・職責をこなすにはもっと適任者がいるということです。

障害も含めた彼の能力全般が、都知事としては能力不足だと思うのです。

たとえば、もし大災害が起きたら知事は一刻一秒を争って、現地に飛んで陣頭指揮をとる必要に

迫られることもあるでしょう。

彼の障がいはそうした活動を大きく制約します。

テレビ局のコメンター席に座って、評論するのとはわけが違います。

このように、知事職は知事室の椅子に座って、命令だけ出してすむような仕事ではないと思うん

すね。

人は、健常者であろうと障がい者であろうと、自分の能力があります。

乙武氏が障害を克服して、積極的に社会参加していくことは立派なことですが、知事職には適性

がないと思います。

奥さんや大勢の人々の援助に支えられながら、ここまでのことができていたのに、内心、「俺に

は女がいる」などとはしゃいでいた(きっと?)のは、今朝、彼自身が語ったように「いい気に

なっていた」と言わざるを得ません。

不倫は奥様も知っていて(容認していて)、それで家庭がうまく回っていたと乙武さんは語って

いましたが、その考えって、かなりおかしいでしょ。

奥さんの心がそれで幸福なわけないでしょう。

「ちょっとは想像しろよ。喝!」です。

やっぱり、都民の幸せを願う知事には向いていないと思います。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。