スポンサーリンク

経歴詐称の文化、芸能人も官僚も。市川紗椰がショーンK騒動後、キャスター就任して1カ月半。

モデルの市川紗椰さん(29)は、4月4日にスタートした「ユアタイム~
あなたの時間~」(フジテレビ系報道番組)のメインキャスターを
務めています。
彼女は才色兼備のモデルさん。
コロンビア大学などに合格して、結局早大に入学しました。

一方、経歴詐称でTV画面から消えたショーンK氏には、その経歴、キャリアが
全くの嘘でした。

実際に難関大学に合格し卒業して、かつ美しく人気モデルとして
活躍する一方、報道番組のキャスターとして抜擢された彼女との
ギャップが何か悲しくなります。

市川紗椰、ショーンK騒動に「ウソだぁ」 「ユアタイム」キャスター就任から1カ月半
デイリースポーツ 5月24日(火)5時0分配信 4月4日にスタートしたフジテレビ系報道情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~木曜、後11・30。金曜、後11・58)のメインキャスターを務めるモデルの市川紗椰(29)が番組開始から約1カ月半が経過した現在の心境を初告白した。経歴詐称で放送前に出演取りやめとなった経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)の騒動にも初言及。波乱の船出から日々奮闘する、高学歴ハーフ美女の胸の内を聞いた。

報道番組特有の静かなスタジオに緊張するという市川は「ここまでがっつり進行するとは」と難しさを語りながら、「ご迷惑をかけたくない思いで精いっぱい。まだ課題がある。自分である必要性をどう出せるか」と心境を打ち明けた。

番組は初回平均視聴率4・0%でスタートした。数字を気にする余裕はなく、「前段階でひっかかっている。かまないとかね。視聴率に反映するような大きなことはまだ。私生活からカミカミ。読みや進行に対するスキルがまだない」と実感。練習を重ねるが、「読む能力をただ身につけても『だったらアナウンサーやキャスターがやればいい』となる。自分らしさは雰囲気やコメントで」と自身の特性も探求する日々だ。

大きな挑戦を前に衝撃的な出来事があった。同じメインキャスターの立場で出演を予定していた川上氏が経歴詐称騒動によって3月16日に番組降板が決定。市川は「お会いする前だったので、みなさんと同じリアクションですよ。『ウソだぁ』って。言いたいこと?ないですよ。会ったことがないので初めましてとしか」と騒動を振り返った。
・・・・・・・・・

ただ、ショーンKさんのコメントには節度があり、人をあからさまに非難を
したりすることはありませんでした。
もしかしたら、常に自分の経歴詐称に対する思いが心の奥底にあったのかも知れません。
経歴詐称をしなかったら、これまでのキャリアを積んでこれなかったのでしょうか。

経歴詐称に関わり、他にこんなニュースもありました。
☆藤原竜也さんの話。
芸能界に入るときの資料として「埼玉県選抜補欠」「秩父市選抜レギュラー」と
書いていたが「実はその2つ、全くのウソ」。

☆日銀の審議委員の話。
「博士課程修了」本当?「博士号は取得していない」

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。