「秒速1億円」与沢翼(33歳)という男の今。驕るもの久しからずか?

ちょうど3年前、与沢翼氏は次のように話していました。

マイナビニュース“与沢翼氏 「大体買ったので欲しい物ない」「日本を代表したい」”「六本木は僕を受け入れてくれる街なんですよ。初めていくキャバクラやクラブでも最初からVIP待遇してくれますから。
成功すると女性の眼は変わりますね。彼女たちはお金に加えて知名度のある男に寄ってきます。お金だけじゃダメ。
最近はテレビ局の人に誘われることが増えました。僕が会計を全部持つからですかね。

昨日は7人で飲みに行って、一晩で86万円くらい使いました。100万まではいいかァと思う。4軒ぐらいハシゴして、朝から仕事なんてしょっちゅう。
キャバクラは大体行きつくして、最近のお気に入りは足湯がついている焼肉屋とか金粉が振ってくるカラオケとかですかね。
・・・・(中略)
会社も六本木だし六本木中心に住まいは5軒。ちなみにミッドタウンのマンションの家賃は250万円で家賃総額は800万以上。車が好きなので7000万円のロールスロイスと4000万円のフェラーリ、3500万円のベントレーを購入し、専属運転手は4人います。大体買ってしまったので欲しいモノはありません。」・・・・・・(以下略)

彼が出演していたTV番組でも、同じようなことを
言っていましたね。30歳そこそこで、ロールスロ
イスだのフェラーリだのとずいぶん景気のよい話でした。

その与沢翼氏の記事が久しぶりに出ていました。

与沢翼[実は株で儲かってない疑惑]に大反論
HARBOR BUSINESS Online 6月20日(月)9時10分配信「口座残高が6桁、数十万円しか入っていない」「信用建余力が『――』だから信用取引をやっていない」などの批判を受けていたが、「すべては撮影用モニターです」と笑う与沢氏。なお、実際に使用している口座では、600銘柄以上を監視しているとのこと
「秒速1億円男」として世間を騒がせてきた与沢翼氏。本誌誌面上では何度も彼の生活について紹介してきたが、先日、彼のシンガポールでの生活を紹介したところ、掲載後、「本当に与沢は株で稼いでいるのか?」「証券口座に10万円単位しかない?」などの疑問が噴出。疑惑の真相について、与沢氏を直撃した!

◆モニターに疑惑!本当はトレードをしていないのでは?

最初に紹介したいのが、「与沢翼は実は株のトレードをしていないのではないか?」という疑惑。与沢氏は、今年1月の取材で「投資で月3000万円稼いだ」と告白している。だが、その際に掲載したトレード用のモニターについて、「買い付け余力が6桁。10万円単位の資金しか入っていない」「『信用建余力』の部分に金額が入っておらず、『――』になっている。信用取引をしていない」「複数枚あるモニター画面に、ひとつも板と発注画面がない」といった疑惑が浮上。まるで初期設定のように見えるこれらのモニター画面に対して、「このモニターは撮影用で、実際には株をやっていないのではないのでは?」との声もささやかれていた。

これに対して、与沢氏に直撃すると「え、撮影用のモニターに決まってるじゃないですか?」との回答が。

・・・・・・(中略)
「デモ口座だからといって私が投資をしてない理由にはならないですよね。信じられない人は、1泊で455万円を稼いだトレード動画などをYouTubeにアップしているので、見てから文句を言ってもらいたいですね」

◆SBI証券は海外居住者は使えないのでは?
・・・・・・・(以下略)

与沢翼氏が株で本当に儲けているかどうかは
わかりませんし、他人の懐事情を詮索しても
しようがありません。
ただ、株で稼ぎ続けると言うことは、けっこう難しいん
ですよね。
彼も、一度は失敗して話題になりました。

与沢翼はなぜ秒速で転落してしまったのか?――すべてを告白する
見ると、3億円の税金を納めずにいてその返済を
迫られて、倒産の危機に陥ったとなっています。
贅沢三昧の生活の中で、税金支払いに充てるわ
ずか3億円をなぜ、用意していなかったのでしょうか。

2年前には、このように多額の税金滞納で、実質的に破産状態に
あった与沢翼氏。
その与沢氏とともにあった元交際相手の山田るり子氏のブログの記述
が興味深い。
“山田るり子が衝撃の暴露!「与沢翼はカジノにはまっていた。破産は自業自得」”
彼女のブログの抜粋は、しっかりした文章で内容に信憑性があるように
思います。
与沢氏がカジノ通いしていた話などリアリティがあります。
与沢氏自身は現在の収入源の一つに、カジノでの儲けをあげていますが、
「そんなことあるわけないだろ!」と僕は自信を持って言えますね。

2014年4月26日に与沢氏は「経営破綻」を報告して、世間を
賑わせましたが、結局、資産売却などで税金などの負債は支払ったようです。

資産売却で、負債を支払えるのなら、実質、会社は破綻していないですよね。
なのに、大々的に、「経営破綻」などと、自ら公表したあたり、話題性を
狙った芝居だったということかな。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。