スポンサーリンク

貴乃花親方が相撲界を去ったわけ

貴乃花親方がなぜ相撲界を去らねばならなかったのか

もともとは貴乃花部屋の貴ノ岩が日馬富士に暴力を振るわれて怪我をしたことに始まりま

した。

しかし、一連の流れの中で貴乃花親方からは、なるほどと合点のいく説明は一度もなかっ

たですね。あったのは、理事を辞めるだの、相撲協会を退職するなど結果報告だけでし

た。

私も、最初は貴乃花親方の相撲協会改革の姿勢を大いに支持していたんだけど、とにかく

説明がなかった。そして、相撲協会への対応も非常にまずかった。良識ある大人の対応で

はありませんでした。

特に日馬富士暴行事件が表に出たときは九州場所でしたので、貴乃花親方が暴行事件につ

いて説明しないのは、九州場所を無事終わらせたいという気持ちからだろうと思っていた

んだけど、九州場所が終わっても日馬富士の暴行事件について全く説明しませんでした。

この時点で、日本中の貴乃花親方の支持者やマスコミ関係者に、「エッ、貴乃花親方って

どうなの?」みたいな疑問符がついたのではないでしょうか。

そのうち、相撲協会からは日馬富士暴行事件の報告義務を怠ったとの因縁のような理屈を

つけられ、降格処分を受けました。

貴乃花親方が日馬富士の違法行為を追求する以上、相撲協会だって貴乃花親方のミスを追

求してくるはず。貴乃花親方はたった1人で相撲協会と戦っていたはずなのに妙に脇が甘か

ったよね。

さらに、貴乃花親方は場所を無断欠席(職場放棄)して、ペナルティを受けました。こん

な微妙な次期に無断欠席して相手に口実を与えるなど、貴乃花親方は何を考えてるんだと

思ったけど、もうこのときには貴乃花親方は精神的に参っていたんでしょうね。

さらに、貴乃花親方側に不祥事が続きます。

大相撲春場所の際、弟子の十両貴公俊(たかよしとし)関が付け人の力士に暴力をふるっ

たのです。

貴乃花親方はこの事件が起きるまでは、俺の弟子だけは大丈夫だ、俺だけは弟子をちゃん

と育てているというプライドを持っていたと思います。むしろ、他の親方たちは弟子をち

ゃんと教育できていないと軽蔑しバカにしていたのではなかろうか。

それが自分の愛弟子が暴力事件を起こしたため、このとき貴乃花親方の自尊心が大きく崩

れたのだと思う。

この段階で貴乃花親方はもう、精神的には「死に体」だったと思う。

そして、そもそもの発端だった貴ノ岩までが暴力事件を起こし、貴乃花親方は完全にとど

めを刺されました。

結局、日馬富士暴行事件から貴ノ岩暴行事件まで、貴乃花親方は貴乃花部屋の親方とし

て、そして相撲協会の理事として説明責任を果たすことはなかった。

貴乃花親方は四字熟語が好きらしい。

「不言実行」という言葉がありますが、これはもののたとえであって、全く発言しないと

いうことではありません。

でも貴乃花親方は「不言実行」とは、絶対に「不言」だと思っているフシがある。(=_=;)

融通が効かなくて、周囲の人達とコミュニケーションが取れないんですね。

そもそも四字熟語だけでコミュニケーションはとれませんよね。😅

貴乃花親方は、選手(力士)としては、名プレーヤーだったけど、大人として指導者とし

ては未成熟だっと言わざるを得ません。

テレビインタビューで、貴乃花親方が「相撲はもともとシュモーから始まった・・・」と

言いかけたときに、貴乃花親方は終わったと感じました。

今年を終えるにあたって、貴乃花親方VS相撲協会騒動を振り返ってみました。(^^)

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。