スポンサーリンク

TV報道!眞子さまと小室圭さんの結婚問題は結局どうなるの?どうしたらいいの?【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

小室圭・小室家の何が問題か

憲法は結婚について次のように規定しています。

第二十四条

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

つまり、戦前の家制度を否定し、結婚するときは両性の合意のみで決めて良いんだよ、

家柄は関係ないんだよ、結婚を親に強制されたり否定されることはないんだよと、言って

いるのです。

こないだ佳子さまが、眞子さまの結婚について本人の意思を尊重したいとおっしゃってい

ましたが、こうした憲法の考えに基づいたお考えでしょう。

でもね、天皇家・皇室は一般国民の家とは違い、国家が家制度を残している唯一の家系の

はず。男子尊重(男系)の家系であって、女系天皇は一人もいないのです。

なので、皇室の方々には、憲法で言うところの結婚の自由はないと思うんです。

その代りと言ってはなんですが、戸籍もありませんから労働の義務も納税の義務もない。

では皇室の皆様の究極の義務は何かと言うと、憲法第1条にある国民の象徴たる天皇家を守

り子々孫々、つないでいくことだと思うんです。

ですので、結婚話のときだけ、「結婚は両性の合意のみに基づく」などと市民的権利を持

ち出すテレビ出演者は間違っていますし、いいとこ取りだと思います。

こうしたことを考えると、小室圭さんが弁護士になろうがなるまいが、400万円を母親の

元婚約者に返そうが返すまいが、400万円が民法上返す義務があろうとなかろうと、もは

や、小室家は皇室のお姫様を娶るには不適切な家柄なのです。

皇室は公式に家柄を考えなければならない唯一の家系です。この家柄意識は憲法で否定さ

れていても、庶民の感覚・感情にもまだまだ残っており息づいています。

TV番組でも、25代続く家柄だとか、先祖代々地主だった家柄だとか、そういった家柄を

価値あるものという前提で取り上げています。視聴している市民の方も代々続く家柄を価

値あるものとして受け入れています。

こうした市民の考えと先祖代々続いている天皇家の存続は持ちつ持たれつの関係にあると

思いますね。

なのでアンケートをとると、小室家を否定する意見の方が多いのです。

それに、家柄だけで小室家が否定されているのではありません。

400万円の返済を求められたときの小室家の反応が庶民の感情に合わないのです。

400万円やその他、普段の生活費を援助してもらっていたのは事実ですし、相手が返し

てほしいと言ってるんだから返すべきでしょ、というのが多くの市民の考え方です。

そして元婚約者がなぜそんな援助をしていたのかと言うと、小室圭母親と結婚するという

前提があったからです。

しかし、元婚約者が婚約破棄を決断した理由は、母親には自分と結婚する意思がないとい

うことを思い知ったからです。

元婚約者が言うには、帝国ホテルの写真館に小室家と記念写真を撮りにいったとき、自分

も当然、家族の一員として写すつもりだったのに、母親に拒否された。ここで、彼は母親

は結婚をエサに自分からお金だけを引き出しているんだなとの思いを強くしたのです。

記念写真の費用も車代も全部元婚約者が負担していたのに、自分だけ写真に映ることを拒

否されたら、誰だって不愉快だし相手を疑っても無理はない。

簡単に言えば結婚すると相手に伝え、お金だけズルズル引き出す詐欺みたいなもんです。

では眞子さまと小室圭さんの結婚は有りか無しか

どうしても、一般市民のように自由結婚したいのであれば、降嫁して皇籍を離脱する際の

国からの一時金およそ1億3725万円を拒否して、結婚したらいいのです。そして二人の力

でこの世の中を生きていくのです。世の人々はみんなそうしているのです。

家柄とは関係なく自由に結婚できる一般市民の女性は、嫁ぐときに国から一時金を支給さ

れるなんてことはありませんから。

一時金は納税の義務を果たした国民の税金ですから、それを結婚するということだけで受

け取ることができる御自身の立場と責務を考えてほしいと思います。もっと言えば国民の

税金で皇室が維持されていることの意味を考えるべきですし、眞子さまはそういう皇室の

一員だという責任を考えなければならないと思います。厳しい運命だとは思いますが。

小室圭さんが身を引くという選択もあるが・・・

このことは、竹田恒泰氏も主張していますが、小室圭さんが身を引くなんてことはないで

でしょうね。

そもそも空気が読める人だったら最初から、眞子さまとの結婚を考えたりはしないでしょ

う。それを結婚する方向に舵を切ったのですから、並大抵の神経を持った人物ではないは

ず。

ただ、可能性としては、皇室絡み案件として各所から優遇され(留学費用援助や返済不要

の奨学金取得など)、フォーダム大学ロースクールを卒業して弁護士資格を取ったあとに

は、身を引くことがあるかもしれません。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。