スポンサーリンク

市役所のマスクなし対応に大賛成。マスクはインフルエンザ・風邪感染を本当に防ぐのか

画像

お役所のマスクなし対応に大賛成です😊

だって、マスク姿で対応されると「何か気分悪い!」もの。

相手がマスクをしてるってことは、その人がひどい風邪を引いてるのかもしれないし、そ

うでなければこちらの風邪を警戒していることになるし。

何れにせよ、気持ちの良い話ではないですね。

あえて「マスクなし対応」好評 市役所、風邪の職員は…2/6(水) 9:01配信 朝日新聞デジタル』

そこで、思うんですけど、そもそもマスクなんてする効果があるのかという疑問。

それというのも、風邪でもインフルエンザでもその病原体は細菌ではなくてウィルスで

す。

ウィルスの大きさはめちゃくちゃ小さくて、その直径は普通の細菌の千分の1です。

ウィルスの直径は、普通、数10nm~数100nm(ナノメートル)前後

1nm(ナノメートル)=10ー9 

n(ナノ)は10ー9 を意味します。(10億分の1)

細菌の直径は、数μm~数101μm(マイクロメートル)前後です。

1μm(マイクロメートル)=10ー6 

μ(マイクロ)は10ー6 を意味します。(百万分の1)

ですので、ウィルスは細菌の直径の1/1000(1000分の1)程度しかありません。ちなみに

インフルエンザウィルスの直径は、0.1μm(マイクロメートル)くらい。

こんなわけで、マスクの素材繊維の目がウィルスをシャットアウトすることなんかできま

せんし、マスクしたままでも、楽に呼吸できるということはそれなりの隙間が空いてるわ

けで、その隙間からウィルスは楽々、侵入するはずです。

ですので、欧米では普通、市民はマスクはしておらず、来日したとき日本人のマスク姿に

驚くそうです。

でも、ひどい風邪を引いて、鼻水タラタラで、咳やくしゃみばかりしているような職員が

そのまま、役所の窓口で対応してきたらそれはそれで気持ち悪い。

こんな場合は、くしゃみの唾液が飛ばないようにマスクをするのが礼儀でしょう。

そんなわけで、健康体の職員はマスク無しで対応してくれる方が気持ちいいよ。

マスクの効能について

インフルエンザの感染経路の1つに飛沫感染があります。

ですので、インフルエンザにかかっている場合は、上に書いたように、お互いが相手のこ

とを考えてマスクする方がいいですよね。

ところで、風邪やインフルエンザにかかっていない人がマスクをする意味ってあるのでし

ょうか。

これについては、風邪を引いている時に外出する際、マスクをしていると、冷たい外気を

直接吸いませんから鼻周りが暖かく楽ですよね。

ウィルスは、乾燥、低温を好みますから、口・鼻周辺を温めるのは意味のあることです。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。