「天皇の生前退位」問題、有識者会議で意見分かれる。国民はどう考えたらいいのか?

天皇が、自ら生前退位について言及された事実、およびその内容はお聞きしていて、至極当然なお気持ちだと思いました。

だって、庶民は80も超えれば、普通、余生を楽しむみたいな生活を送りますよね。天皇もスーパーマンでありませんから、国民の象徴として背筋を凛と張って生きていくには、大変なご苦労があるはずです。

でも、その後の論議を聞いていると、憲法に関わるいろんな問題があるんですね。

<生前退位>賛否分かれる 有識者会議、初の意見聴取
毎日新聞 11/8(火) 0:04配信

天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は7日、首相官邸で第3回会合を開き、専門家からヒアリングを始めた。

この日意見を述べた5人は、退位に賛成と反対が2人ずつに分かれ、1人は条件付きで容認した。有識者会議は14日と30日にも計11人から意見を聞き、年末から年明けにかけてまとめる論点整理に反映させる。

7日に出席したのは平川祐弘東京大名誉教授(比較文学)、古川隆久日本大教授(日本近現代史)、ノンフィクション作家の保阪正康氏、大原康男国学院大名誉教授(宗教行政論)、所功京都産業大名誉教授(日本法制文化史)。1人ずつ約20分間、「憲法における天皇の役割」など8項目について意見を述べた後、約10分間、有識者会議のメンバーと意見を交わした。

退位について、保阪氏は「人間的、人道的観点からこの問題を考える必要がある」と述べ、天皇の意向を尊重し、退位の制度を設けるよう求めた。所氏も「高齢化のみを理由に決心された高齢譲位の問題提起を真摯(しんし)に受け止める」と賛成する姿勢を示した。

これに対し、平川氏は「退位せずとも高齢化への問題の対処は可能」だとして、皇室典範に規定がある摂政を置いて対応するよう主張した。大原氏も「同じ天皇がいつまでもいらっしゃるご存在の継続が国民統合の要となっている」と述べ、退位の制度を設けることに反対した。古川氏は「退位は皇位継承の安定性確保のためには避けるべきだ」と指摘しつつ、「国民の意思として認めるなら否定する理由はない」と述べ、世論の支持を前提に容認する考えを示した。・・・・・

そこで、私が一番興味を持ったのは、東大名誉教授の平川祐弘氏の発言でした。

彼がインタビューに答えていたとき、「天皇は完璧主義の考えに基づき、自分に過度な仕事を課しており、だからしんどくてやりこなせないというのは、ちょっと身勝手な理屈で、もっとゆっくりと無理なくできることをなさったらいいのでは」というような意味のことを言っていました。

天皇に対しても、このように自分の考えを臆せずにちゃんと述べていく態度にはさすが、学者さんだなと感心しました。

憲法との関係を考えると、確かに生前退位は難しいところがあるようです。

う~ん。国民としてはどう考えたらいいんだ。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。