スポンサーリンク

冷めたラーメンを無料で取り替えてくれた若きラーメン店主。「一杯入魂」

ネットを見ていたら、『「食べさせられませんから」通話中に冷めたラーメン 若い店主

の行動に客は驚き』という西日本新聞(2018年01月23日)の記事がありました。

九州と聞くと、なぜか福岡・博多方面の暴力団のイメージが強く浮かんでくるんですよ

ね。まあ、悪質な事件がいろいろあったからでしょうが。

それで記事タイトルを一瞬見たとき、また何か起きたのかと思ったけど、1年ほど前の良い

お話でした。

記事はラーメン店でのお話。

ふらりと立ち寄った、あるラーメン店。こだわりのスープが売り物とか。まだ若い店主の元気な声が響く。ラーメンを注文した客の携帯電話が鳴った。込み入った内容らしい。客は話しながら店の外へ。出来上がったラーメンが席に置かれた。客はなかなか戻ってこない

▼しばらくして席に着いた客がラーメンに手を伸ばそうとした。その時、店主はさっとラーメンの器を引いて、湯気の立つ作りたてに取り換えた。驚く客に「お客さんに、冷めたラーメンは食べさせられませんから」

▼「2杯分の料金を」との申し出を固辞した店主。そのTシャツの背中に書かれた文字に目が留まった。「一杯入魂」。野球の「一球入魂」のもじりだろうか。なるほど。この店のラーメンがうまい理由が分かった

これだけの内容なんだけどこの若いラーメン店主のとった行動、他のラーメン店で同じ

ようなことが起きたとき、そのラーメン店主はどんな行動を取るのかな。

客がたまたま、携帯電話の応対で店外に出ただけのことなので、ほとんどの店では悪意も

なくそのままスルーでしょう。

お客さんの方も、自分の都合で外に出てしまったので、ラーメンが冷めてもラーメン店を

不親切だと思う人はいないはず。これで文句を言ったら悪質なクレーマーでしょう。

逆にこのラーメン店のように新しいラーメンを作って出されると親切だとは思うけど、私

の場合、ちょっと恐縮してしまう。だって自分の責任で外に出たのに、ラーメンをさらに

作らせてしまったんだもの。

なので、そっとしておいてほしいな。食べる機会はまたあるだろうから。(^^)

みなさんでしたら、どんな対応をしてもらうのがいいでしょうか。

スポンサーリンク
関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。