スポンサーリンク

個室トイレの利用時間、男性の方が女性の3倍長い。10分以上の男性が多い

個室トイレの利用時間を調べてみたら(扉にセンサーを設置)、男性の方が女性より3倍

長く個室トイレに入っていることがわかりました。

個室トイレの平均滞在時間をオフィスで調べてみると、昨年3~7月の調査結果は、男

性の平均占有時間は5分53秒で、女性の平均占有時間2分3秒の2・9倍。

また、空港で同様の調査(今年8月)をすると、男性は4分46秒で、女性の1分54秒

の2・5倍。

いずれも男性の方が約3倍だったのです。

男性が個室トイレを利用するのは、普通、“大”の場合ですから、小用にも利用する女性に

比べると平均滞在時間が長くなるのは当然です。

そこで、データをもう少し詳しく見ると、オフィスに設置の個室トイレでは、男性が個室

トイレを使用した回数は1750回で、そのうち14・6%に当たる253回が10分以

上の滞在でした。

一方、女性の場合は、使用回数計3373回のうち、10分以上の滞在はわずか2・3%

の76回だったというのです。

うーん (*^.^*)

男が個室を利用するのは普通、“大”のためでしょうから、延べ1750人の男が“大”をも

よおしたということになります。

一方、女性の場合は、大小合わせて3373回。この数のおよそ半分が1700回ですか

ら、男性が個室トイレに入る回数が明らかに多すぎるように思います。

それに男性の10分以上の滞在時間が1750回中、253回というのも多すぎます。

10分以上の女性は76回だけですから、女性の3倍以上の回数です。

これをどう解釈するかということですけど、ズバリ、サボりの男性が多いということでは

ないでしょうか。

昔、禁煙・嫌煙が推進され出したとき、オフィス内でタバコが吸えなくなって、喫煙室な

るものが設けられました。このとき喫煙のために出ていった人たちが、喫煙室からなかな

かデスクに戻ってこないんですよね。喫煙室が喫煙サロンになっていて。

私、タバコは吸わなかったので、喫煙を理由に当然のように勤務から離れ、なかなか戻っ

てこない(30分以上)同僚には困りましたね。

現在は、個室トイレがそういう男性の逃げ場になっているのではないでしょうか。

最近のトイレは美しく快適に整備されているし、特に個室トイレ内まではチェックされま

せんからね。サボりたい人に取っては格好の居場所になっているのかもしれません。

では、個室トイレ内で何をしているのか。

100%スマホでしょうね。

漫画も読めるし、ゲームもできるし、これ自信あり。

もちろん腹を壊した人もいるでしょうけど。

職場の個室トイレ、男性の利用時間は女性の3倍 快適空間の弊害
2018.12.31 産経新聞

オフィスの個室トイレの平均利用時間は、男性が女性の約3倍-。
民間企業が行った調査で、こんな結果が出た。
中には20分以上利用している人もおり、以前より清潔・快適になったトイレが「人目を避けてリラックスできる空間」になっていることが要因とみられる。
ただ、スマートフォンを使うなどついつい長居すれば、他の利用者が迷惑したり仕事に支障をきたす懸念も。無用な長時間利用を戒める対策も取られ始めている。(橋本昌宗)

調査は、パーティション(間仕切り)などを製造・販売する「コマニー」(石川)とコンサルティング会社「ベクトル総研」(東京)が、トイレの利便性向上を目的に共同で実施。
空港とオフィス(場所は非公開)の個室トイレの扉にセンサーを取り付け、扉が閉じている時間を算出した。

・・・・・・・(後略)

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。