朗報・警察嘱託犬の『黒まめ』がお手柄。家出女子中学生をすぐに発見

朗報です。

新幹線殺傷事件や闇サイト関連の看護師連れ去り殺人など、凶悪事件が続く中で、「良か

ったなあ」と思える地方ニュースがありましたので、取り上げました。

警察嘱託犬のワンちゃん「黒まめ」が、家出少女を探し当てたのです。

警察嘱託犬「黒まめ」お手柄、7回目表彰 家出少女15分で発見 岡山西署 /岡山
毎日新聞2018年6月13日 地方

女子中学生を発見し、表彰される黒まめと飼い主の後神知子さん(前列左)=岡山市北区で、戸田紗友莉撮影

行方不明になった女子中学生を発見したとして、岡山西署は12日、警察嘱託犬の「黒まめ」(ラブラドルレトリバー・メス8歳11カ月)と飼い主の農業、後神(ごかん)知子さん(55)=岡山市北区=に感謝状とメダルを贈った。出動からわずか15分で少女を見つけるスピード解決だったという。

岡山西署によると、行方不明になったのは岡山市に住む女子中学生。父親に生活態度を叱責され、5月25日午後9時ごろに家出した。しばらくたっても帰宅しなかったため、警察に相談があった。同署は後神さんに連絡し、黒まめの出動を要請した。

黒まめは午後10時35分ごろから捜索を開始。女子中学生が普段使っていた枕カバーのにおいを嗅ぎ、行方を追った。夜道を迷わず真っすぐに進み、約15分後、自宅から約230メートル離れた神社敷地内でうずくまって寝ていた女子中学生を発見した。女子中学生にけがはなく、無事だったという。後神さんは「風も穏やかで、交通量も少ない状況が功を奏したのかも」と振り返る。

黒まめは2011年の審査会で合格し、以後警察嘱託犬として活躍している。これまでの出動は170回に上り、行方不明者の発見は今回で3回目。過去にも6回の表彰を受けている。名前の由来は、生まれた時に小さく産まれてきたため。遊ぶことや人と触れ合うことが大好きだが、においをたどる「追及」の仕事はとてもまじめにこなすという。【戸田紗友莉】

「黒まめ」はメスで、8歳11カ月のラブラドルレトリバー。

「黒まめ」という名前も可愛いじゃないですか😊

家出少女を出動後、わずか15分で見つけました。良かった、良かった!

女子中学生が家出した理由は、父親に生活態度を叱られたためといいます。

でも父親は娘が午後9時に家を飛び出しあと、しばらくして、警察に捜索を願い出ていま

す。怒鳴るだけの虐待親ではなかったのです。

短い記事ですが、娘を思う父親の気持ちがよく伝わってくるんですね。

家を飛び出したあと、見つかるまでの2時間は本当に心配だったと思います。

「あんなに叱らなきゃ、良かった。」

「もっと言い方があったはず。」

「娘に何かあったら自分の責任だ、無事でいてくれ」

みたいなこと、きっと思ったはず。

これを機会に父娘そして家族の絆がさらに深まることでしょう。

それにひきかえ、こないだの新幹線のぞみ車内殺傷事件の犯人(22歳)とその父親の親子

関係が、なんと希薄だったことか。『新幹線のぞみ死傷事件。祖母の養子となっていた犯人の家庭環境は

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。