スポンサーリンク

踏切遮断機の棒を切断した男の軽自動車に妻も同乗していたんだ【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

容疑者の妻「止めたけど…」遮断機の棒切断

千葉県船橋市で、踏切の遮断機の棒を切断したとして53歳の男が逮捕された事件で、男

が運転する車に同乗していた妻が取材に応じ、「止めたけど、行ってしまった」などと語

った。

この事件は13日、船橋市の踏切で遮断機の棒をノコギリのようなもので切断したとし

て、自営業の中野勝徳容疑者が警察に逮捕されたもの。

中野容疑者が運転する車に同乗していた妻が14日午前、日本テレビの取材に応じ、事

件当時の様子を語った。

中野容疑者の妻「急いでて、(踏切が)もう絶対開かないんじゃないかなって。これ以

上、絶対開かない。人身事故だなって感じだったので。あーもうだめだっていうか、(止

めたけど)行っちゃって、(遮断機の棒が)切れちゃうとも思わなかったし。これはもう

まずいなぁって。絶対に警察に捕まることはわかりますよね」

中野容疑者は調べに対し、「仕事があるのに車が動けなくなっていて、腹が立ちやってし

まった」などと容疑を認めているという。〈http://news.livedoor.com/article/detail/16314798/

管理人の感想

奥さんも乗ってたんだな。

ノコギリを手に颯爽と車を降りていった旦那をどんな気持ちで見てたんだろう。

遮断機の棒を切り落としたおっさん、53歳というから、ニュースの写真でみるよ

り、意外と若かった。

妻の言うことも、妙に臨場感があっておもしろい。

なんか憎めない夫婦です。

罪の方は器物損壊罪だし、動機も単純なもので悪質性は低いと思う。

マネをする人もまあ、出てこないだろうし。

ただ、電車を止めてはいないけど、鉄道関係の法律ではどうなんでしょうね?

こんなことを思うと、隣人トラブルで四六時中、喚き立てるとか、ゴミ屋敷の住人の方が

よほど悪質だと思う。

話が違うって言われるだろうけど、ゴミ屋敷の住人なんか、どれだけ多くの近隣住民に被

害を与えているかって話。

棒を2本切り落としたおっさんは、即逮捕。かたやゴミ屋敷住人はほったらかしで、迷惑と

被害を何年もかけ続けている。

逮捕すべきは、ゴミ屋敷の住人の方だと思ってしまいます。もちろん遮断機おじさんの方

も逮捕されて当然だけど。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。