スポンサーリンク

昨年の医療事故4565件で最多 評価機構「報告が定着」【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

昨年の医療事故4565件で最多 評価機構「報告が定着」

2018年に全国の医療機関が日本医療機能評価機構に報告した医療事故は前年比470件増の4565件だったことが8日、同機構への取材で分かった。年単位の集計を始めた05年以降で最多を更新しており、機構は「医療事故を報告することが定着してきた」としている。

機構によると、法令に基づき報告を義務付けられた大学病院や国立病院機構の病院などからの報告が4030件と9割弱を占めた。

このうち死亡事例は293件(7.3%)で、障害が残る可能性が高い事例は427件(10.6%)だった。内容別では、転倒や転落を含む「療養上の世話」が最多の1366件(33.9%)だった。

5/8(水) 15:50配信 共同通信〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000105-kyodonews-soci

管理人の感想

昨年の医療事故のうち、死亡事故が293件(7.3%)、障害が残る可能性が高い事故が427

件(10.6%)だったそうです。

そんなに多いんかい!

死亡事故が293件ということは、医者の失敗で患者が293人も死んだということですよね。

例えば癌の治療をしていたにも関わらず、転移してとうとう患者さんが亡くなった場合、

事故とは言わないもの。

なので、医者は自分のミスで患者が亡くなったとき、どう責任を取るの?

交通事故の場合も事故と言うけど、運転の失敗と医療上の失敗は同じことなんですかね。

医者を信じて治療を受けていたのに、医者の失敗で命を落としたとしたら、なんか諦めき

れないよ。交通事故なら諦めが付くなんてことには決してならないけど。

つぎは、読者のメッセージです。

 whi***** | 8時間前
事故を減らすためにも、医師のタダ働きや過労の問題を改善し、患者としっかり向き合えるようにして欲しいです。
悪質な患者から医師を守る取り組みもあると良いと思います。

sei***** | 2時間前
件数だけでなく事故の原因や背景の分析結果も一緒に出してくれないと、問題の本質がわからない。少なくとも、当直明けで朝から外来、そのあと緊急手術になって連続48時間勤務も珍しくない医師。医師に限らず、看護師や他の医療スタッフも少ない人数で多くの患者さんを受け持ち、長時間労働は当たり前。背景には、医師不足、看護師不足、他の医療スタッフ不足や皆保険制度の財源確保の為、診療報酬の改定による病院収支の悪化で投資出来ない現場の現実もある。医療事故はあってはならないが、医療環境の改善さえできれば防げる事故もある気がします。件数が増えているのは、今までもあったようなことが、こういう世の中になり単純に表に出てきただけだと思います。

両方共、医師の過重労働を事故の原因としてあげていますが、確かに医者の仕事ぶりを見

ていると大変だと思います。まあ、その分一般の労働者に比べると破格の収入を得ていま

すが、だから過重労働でも止むを得ないなんてことにはなりません。

そもそも医師の絶対数が少なすぎますよね。待合室の患者さんの数に比べて、医者が少な

すぎます。

だから、もっと医学部の人数を増やすべきだと思うね。その分、医師の収入は減るでしょ

うが。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。