スポンサーリンク

81歳の車が暴走する映像 怖すぎ!600m手前で最初の事故【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

81歳の車、暴走する映像 600m手前で最初の事故

福岡市早良(さわら)区の市道交差点付近で4日、男女計9人が死傷した事故で、計5台の車と衝突や接触を繰り返した車は、制限速度の50キロを大幅に上回るスピードで交差点に突っ込んだ可能性が高いことが、捜査関係者への取材でわかった。現場周辺に目立ったブレーキ痕はないという。最初の衝突事故は、交差点の約600メートル手前で起こしていた。

福岡県警早良署によると、病院に搬送された9人のうち、衝突を繰り返した車を運転していた同区原3丁目の小島吉正さん(81)と助手席にいた妻の節子さん(76)が4日夜に死亡した。死因は小島さんが出血性ショック、節子さんが重傷胸部外傷だった。

小島さん夫妻を除く14歳から52歳の7人のうち、男性(35)が骨盤などが折れる大けがで、ほかの6人は首の痛みなどの軽いけが。

小島さんの車が暴走する様子は、福岡市早良区百道(ももち)2丁目の早良口交差点近くにあった防犯カメラが3方向から捉えていた。乗用車が交差点に向かって中央線の上を猛スピードで走り、対向車と接触。そのまま通り過ぎる映像が残っていた。沿道の通行人が驚き、後ずさりする様子も映っていた。

署によると、小島さんの車は4日午後7時5分ごろ、交差点の約600メートル手前で、進行方向が同じ乗用車に追突。交差点の約200メートル手前で反対車線を走る軽乗用車の右側サイドミラーと接触、この付近から逆走を始めた。さらにタクシーと衝突した後、交差点に入り、車2台とぶつかったという。

捜査関係者によると、現場で目立ったブレーキ痕は見つかっていないという。防犯カメラの映像でも車を避けたり、減速したりする場面は見られず、県警はブレーキをかけないまま、交差点へ突っ込んだ可能性があるとみている。

小島さんは昨年夏、運転免許を更新。最近は、無事故だったという。県警は司法解剖で詳細な死因や疾患を調べるとともに、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで捜査を進める。6/5(水) 10:08配信 朝日新聞デジタル〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000016-asahi-soci

管理人の感想

次から次とひどい交通事故が起きますねえ。

時速100kmを超える猛スピードで、600mも逆走して14歳から52歳の7人もの人

に重軽傷を負わせた運転手がなぜ、「さん付け」なのでしょう。

明らかに重大な過失運転なのに。

やっぱり、81歳の運転手が妻共々、死亡したからでしょうか。

それとも被疑者が死亡しているので逮捕もできないし、池袋で母子をはね殺した元工業技

術院長の飯塚幸三容疑者(87)と同様に報道各社の取り決めで呼び捨てにはできないので

しょうか。

でも、交差点に入ってからビルに衝突するときって、ものすごいスピード(専門家は

110km/hは超えているのではと言ってました)で、歩行者や、跳ね飛ばされた車の乗員が

死ななかったのは奇跡ですよね。

こんな事故を起こしているのに、たとえ意識を失っていたとしても「さん付け」には違

和感があるのですけど。

ニュースを読むと、何か他人の過失で亡くなった被害者のような感じを受けてしまいま

す。

だいたい、最初に衝突した時点で、「止まれよ」と言いたい。

ところが、停車できないまま加速して600mも直進し、ビルにぶつかってやっと止まりま

した。亡くなった運転手ご夫婦はお気の毒ではあるんだけど、重大な事故を引き起こし、

人の命を危険に晒したということでは、やっぱり罰を受けるしかないと思います。

被疑者死亡ではあるけど、今後、損害賠償や慰謝料の請求は亡くなったご夫婦の相続人が

引き継いでいかなきゃならないんでしょうね。

高齢者の運転はこんなにも危険性をはらんでいて、事故を起こした人の家族の運命まで変

えてしまう行為なんで、「高齢者にも運転する権利がある」とか、「おじいちゃんに免許

返納を言っても聞いてもらえない」みたいな呑気なことを言ってる場合か、なんてことも

思ってしまいます。

何歳からが適当かはわかりませんけど、高齢者の免許更新はこれまでのようなおざなりの

ものではなく、自動車学校で実際にハンドルを握らせ、走行中にいきなり障害物を投げ

て、足の操作や手のハンドル操作がちゃんとできるかどうか判断するみたいな試験をした

ら良いと思います。

そうすれば咄嗟の状況に的確な反応ができるかどうかも判断できます。

これで、クリアできなければ免許更新できないとなれば、不合格になっても納得できる

のではないでしょうか。

そもそも車の運転技術や身体の反応速度や柔軟性、頭の回転なんかは個人差があるし、高

齢になればなるほどその差は大きいです。ですので一律、「何歳以上は免許の更新は不

可」なんてことはできないと思いますね。

60代で腰が曲がって杖をついている人もあれば、陸上競技や格闘技を続けている高齢者も

います。

なので高齢になっても運転したい人は、普段から身体を鍛えて手足を思うがままに動かせ

るようにして、視力も衰えないように眼筋を訓練し、免許更新試験を受けるのです。

そして、合格した人だけが運転する。

そうすれば、高齢ドライバーが車に貼るステッカーも、誇りを持って貼ることができるの

ではないでしょうか。\(^o^)/

このアイデア、ダメかな🙅

最後に。

アクセルやブレーキに異常が無かったことが確認されているのに、未だに「ブレーキを踏

んだが、利かなかった」と言い張っている元通産省の官僚・飯塚幸三容疑者みたいな高齢

者にはハンドルを握らせないようにしたいね。

それにこの飯塚容疑者、医者に運転を止められていたことがわかっている。

なんか反省していないような印象が伝わってくるんだけど。このジイさん。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。