日大アメフト部監督がマスコミの前に。弁解はしなくていいが真実を語れ

雲隠れしていた日大アメフト部の内田監督がやっとマスコミの前に姿を現しました。

自分の監督下にある学生があんな暴力をふるっても謝罪をしないまま、雲隠れしていただ

けあって、まともな記者会見ではなかったですね。

今日の記者会見では、怪我した相手選手や暴力をふるった学生への思いやりなど、全く感

じられなかったですね。

事件の肝心のことについては、全部24日に先延ばしするようですが、内田監督が加害選手

へ暴力の指示をしたかどうかぐらい、その場で答えるべきことでしょう。自分のやったこ

となんですから。

しかし、まあ、相手の生命や身体を思いやることのできない内田監督ではあの程度の話に

なるんでしょうか。

アメフト部監督を辞任。しかし真実を語るのが先でしょ。

内田監督は「弁解はしません」などと言ってましたが、なんか勘違いしてるんじゃない

かな。

あなたの弁解など聞きたくもありません。

しかし、監督として真実・事実を語る責任があります。そのことをわかっているのでしょ

うか。

アメフト部の辞任は当然だけど本来、懲戒免職でしょ。

大学の方では、常任理事で人事を担当しており、実質日大のNo.2だと言います。

こちらも、このままでいいのでしょうかね。

日大は内田監督に対する大学としての処分を考える必要があると思うんですけど。

このままでは、日大の大学としての誠意や正義が感じられないので、ちゃんとした対応を

してほしいですね。

そのためにも今回の事件を加害選手がなぜ起こしたのか、その真実を解明すべきです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。