HIVの遺伝子を壊す実験が成功。完治するの?エイズについて勉強

今は『AIDS(エイズ)とは何』と聞かれて、知らない人はいないでしょう。

「一度感染してしまうと絶対に治らない感染症」、

「発症してしまうと死ぬ確立が非常に高い病気」、

「セックスで感染する病気」、

「エイズウィルス(HIV)で感染する病気」というような知識なら、大人はみんな持っ

ているのではないでしょうか。

そんなエイズを治療できるかもしれないというニュースです。

人間の遺伝子の中に入り込んだエイズウイルス(HIV)の遺伝子を、「ゲノム編集」と呼ばれる技術を使って壊すことに、神戸大のグループが成功した。細胞レベルの実験で、すぐにHIV感染者に使うのは難しいが、いまは不可能なHIV感染の完治への応用が期待される。18日発表した。

HIVは複数の強力な治療薬を飲むことで増殖を抑えられ、感染者は糖尿病のような慢性病の患者のように普通の生活を送れるようになった。だが、HIVが感染した細胞では、遺伝子の中にHIVの遺伝子が入り込んでいて、ウイルス本体そのものが消えてもこの感染細胞は残り続ける。薬をやめるとこの細胞がHIVを再びつくり始めるので、薬を一生飲み続けなければならない。

亀岡正典・神戸大准教授(ウイルス学)らは、「CRISPR(クリスパー)/Cas(キャス)9」というゲノム編集技術で、HIVが増えるのに必須な2種類の遺伝子「Tat」と「Rev」を壊す道具をつくった。培養皿の中で感染細胞にこの道具を働かせると、HIVの生産をほぼ止めることができた。

ゲノム編集は、狙った遺伝子を壊したり、差し替えたりする技術だが、たまたま配列の似た無関係な遺伝子に働くまちがいが起きると、細胞ががん化する恐れなどがある。今回、HIVの遺伝子に似た細胞の遺伝子が傷ついたり、細胞自体の生存率が下がったりといった悪影響は見られなかったという。

亀岡さんは「感染者の体内で、CRISPR/Cas9のシステムをどうやって感染細胞に送り込むかが今後の課題」と話している。CRISPR/Cas9の仕組みをつくった仏米の科学者2人はノーベル医学生理学賞や化学賞の有力候補とされる。成果は17日付の英科学誌サイエンティフィックリポーツに発表した。

〈出典:HIVの遺伝子壊す技術開発 神戸大、細胞実験に成功 5/19(土) 10:30配信 朝日新聞デジタル〉

スポンサーリンク

そもそもAIDS(エイズ)とは

うーん、この手の記事は「なぜ?どういう事?」を追求していくと難しいですね。

「CRISPR(クリスパー)/Cas(キャス)9って何?」、「ゲノム編集技術って

実際にはどうやるの?」なんてこと、とっても難しいです。

でも今回、神戸大のグループがエイズウイルス(HIV)の遺伝子を「ゲノム編集」を使

って破壊することに成功したと言うので、ちょっとエイズについて勉強してみたいと思い

ます

まず、HIVとエイズ(AIDS)ってどう違うの?

それぞれを日本語にすると、次のような名前です。

HIVとは

☆HIV=ヒト免疫不全ウイルスと言います。

VはVirusのVです。

ヒトには免疫(人の体を様々な細菌やウイルスから守る機能のこと)がありますが、HIV

は免疫の働きに関係しているTリンパ球やCD4陽性細胞に感染して、それらを破壊するウ

イルスなことです。

エイズ(AIDS)とは

☆エイズ(AIDS)=後天性免疫不全症候群と言います。

エイズはHIVに感染することによって発症する病気です。

HIVに感染して体の中でHIVが増えてくると、同時に、Tリンパ球やCD4陽性細胞が破壊さ

れていき、免疫細胞が徐々に減っていきます。そうなると、体の免疫力が低下して、健康

な状態ではかからない様々な病気にかかりやすくなります。

そうした病気には「ニューモシスチス肺炎」などの代表的な病気が23種類決められてい

て、それらの1種以上を発症した状態をエイズと呼ぶことになっています。

ではHIVに感染するとすぐにエイズを発症するのか

HIVに感染したからといってすぐにエイズを発症するわけではありません。

HIVに感染してからエイズを発症するまでには、いくつかの段階があります。

HIV感染からエイズ発症までの流れと症状

①感染初期

感染初期にはHIVのウイルスが急激に増加します。ところが、その後、ウイルスの量は一

旦減り、無症状期と呼ばれる状態に入ります。

この期間は個人差があり、数年~10年程度だそうです。

ただ、この無症状期もウイルスは増加し続けています。

コワッ、この間、HIVのキャリアということですよね。

いい気になって風俗に行ったりしていると、極めて危険ということです。

感染初期の初期症状として、インフルエンザに似た症状(39~40℃の発熱など)が出るこ

とがあります。HIVに感染してから約2週間後に発症し、数日~数週間後には治まります。

ただし、人によって個人差があり、必ずしも初期症状が出るわけではないし、たとえ発熱

があったとしても、単なる風邪だったということも多く、それだけでエイズウィルス

(HIV)に感染したと判断することは出来ません

エイズウィルス(HIV)はどのように感染するのか

これは、まあ、感染者とセックスすることですよね。

ただ、HIVは感染力がとても弱いウイルスで空気や水に触れれば、感染力を失います。

なので、日常生活で感染することはないということです。

おおさかエイズ情報Now』で勉強してるんですけど、「空気や水に触れれば、感染力

を失う」は本当でしょうか。

これまで、HIVの感染力は弱いと聞いていましたが、こんな具体的な記述を見るのは初

めてです。感染者と「手洗いすれば大丈夫」「手をつないだりしても大丈夫」「キスして

も大丈夫」ということでしょうか。

感染の可能性がある事柄として、次のような3つの経路があります。

HIVの感染経路〈画像:おおさかエイズ情報Now

image2

セックスによる感染経路

image3

これをみると感染者とのキスも感染する可能性があると思うのですが、以前、テレビでキ

スでは伝染らないと力説している人がいました。

唾液は体液の一種。キスすれば口の粘膜に相手の唾液が付着すると思うのですがどうなん

でしょう。

上記の感染経路の中で、報告されている感染のほとんどは性感染(セックス)によるもの

だそうですが、当然、そういうことになるでしょう。

自分が感染しているかどうか調べるには

HIV検査を受けるしかありませんよね。症状が出てからでは遅いもの。

なので感染が心配になるような行為をしたら、まず検査を受けるのが一番です。

気をつけることは風俗に行ったり、男も女もンパして遊んだりしないことです。

風俗店があれだけ営業しているということは、お客が多いということでしょうが、実際

そのうち何%のお客がエイズに感染しているのでしょうか。

興味深いところですが、そんなデータは見たことありません。

みんな、自分だけは大丈夫と思っているんでしょうが、宝くじに当たらなくても、エイズ

を引き当てるってことはあり得ますよね。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。