スポンサーリンク

中学生が機関砲を操作 掃海艇で職場体験 教組「許されない」〈感想…自衛隊員も立派な職業〉

画像

掃海艇「すがしま」と同型艦の「のとじま」(京都府舞鶴市)

スポンサーリンク

中学生が機関砲を操作 掃海艇で職場体験 教組「許されない」

京都府舞鶴市の中学生が10月上旬、職場体験で訪れた海上自衛隊の艦艇で、機関砲の模擬体験をしていたことが29日までに分かった。市教育委員会などは「問題はない」としているが、自衛隊員が扱う火器を中学生が操作することを疑問視する声も上がっている。

市教委や中学校などによると、今月上旬、2日間にわたって2年生の男子生徒2人が、舞鶴に配属されている掃海艇「すがしま」で職場体験を行った際、機雷除去に使う機関砲の機器を触って操作を体験したという。実弾は入っていなかった。
海上自衛隊舞鶴地方総監部では、市内の中学校からの依頼で生徒の職場体験を実施しているが、今年受け入れた他の中学校3校では機関砲の模擬体験はなかったという。
市教職員組合は17日、「人を殺傷する能力がある銃器を公教育の場で生徒が使用することは許されない」として、事実関係の徹底調査や自衛隊で職場体験をしないよう求める要望書を市教委に提出した。
市教委は「機雷を除去するための機器であり、実弾も入っておらず、問題はなかった」としている。舞鶴地方総監部は「現場の担当者が安全性に問題がないのを確認した上で、模擬体験を行った。今後は市教委と連携しながら実施したい」としている。10/29(火) 20:00配信京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00159535-kyt-soci




ネットの声・考え

kaw***** 
私は
別に構わないと思う

eag***** 
男子中学生とかは結構な割合で武器に興味を持つからな。

安全管理をしっかりした上で触らせてとか言われたら持たせて&触らせてもいいでしょ。

平和の尊さを学ばせるんだったら武器がどのような物かをきちんと現物を見せて教えないと駄目だわ。

tak***** 
逆に、兵器を扱う大切さと危険さ、この武器を使わないようにはどうするかを学ぶ大事な機会となったのではないでしょうか。
ていうか掃海艇の機関砲操作かぁ…滅多にできない体験だよねぇウラヤマー

近所のエセ学者
こんな事でヒステリックになる教組の方が
自衛隊より「危険な存在」だと思う…。

ryo***** 
元外国人です。こんな所日本はおかしいです。教室で鉛筆などを削る小刀は持参したらいけない。校庭でキャンプやる行事は火傷するから危ないのでやめる。体育の時間に体操して怪我した子がいるとその競技は中止となる。孫の小学校の出来事です。危険から身を守ることを体験させるのが一番の目的なのに。祖国では小学校で男の子はナイフの使い方を教わり野山で実習をしました。その後の人生でとても役に立ちます。

wph*****
教組が何いっとるかって感じ。
危険な物を扱う以上、安全、生命、そして
責任の重さを理解する良い機会だと思いますが。

大衆娯楽適正委員会
国土を守り、私たちの生活を見えないところで守ってくれているものです。体験させて考える機会を作るのは良いことだと思う。平和や安全は努力して得られるものであって、ただ単に武器を毛嫌いすることからは得られない。

gch*****
海上自衛隊が実際に人を殺せる武器を所有していてその中の一つに 機関砲があることを身をもって体験できたのだと思う そしてその海上自衛隊は 国防のために 働いている普通の凡人の人なんだということも中学生として理解できただろう 武器に触る事が 悪いことではない むしろ武器とはどういうものか知ることの方が大切である 見たくないものを見ない 自分が見たくないものを他人が見たら批判する そういう輩が 日本をダメにしていくのだと思う




big****
操作の方法を習ったわけでもない、ただ触っただけ。
戦闘機のコクピットだって入ることができるわけだが、これもいかんのか?

bg8***** 
中学生の頃に家族旅行でアメリカ行って、現地の日本人家族に連れられシューティングレンジでインストラクターから射撃の手解きを受けた経験が…
数日の講習?でしたが、筋が良かったらしくコンバットシューティングのイロハのイくらいまで教えてくれた。
ひとつ思うに日本で民間人が武器としての銃器の所持は認められてないので「日本人は銃器って物にアレルギーがある」っと思う。
あくまで銃は道具であり人を殺すのは人です。
人間が人間に悪意を持てば台所の包丁から、普通に身につけるベルトやら凶器になり得るモノはいくらでも身の回りに存在してます。
銃ってキチンと狙わないと当たらんし、撃てば大きな音も出る!
アメリカで乱射事件とかのニュースもあるけど、日本だって秋葉原の事件みたいな事とか銃が無くても起きる…
一人一人道徳観の方が遥かに重要で、国防を担う人間に触れ武器に触れ、その上で道徳を学んだとは考えられんのか?

fwg***** 
国を守る仕事に国民は敬意を払うべきです。職業体験として貴重なものだったと思います。何の問題もありません。

日教組こそ偏向教育をやめるべきです。

dai*****
包丁を振り回したら殺傷事件を起こせます。
その観点から見れば、包丁は武器になり得ますよね。
包丁を使う家庭科の調理実習なんか、許されないことになりますよ。

kan*****
国防について体験して学ぶ。
良いことだと思いますが。

sar****
誰が問題などといったのだろうか。自分の国を守る仕事に敬意を表さないなんて世界のどこにもない。自分の国を守る仕事なんて誇りに思うし、立派である。これを素晴らしいと教えない国なんてありません。これは右左の思想には関係なく当たり前の事です。国防の仕事は立派で敬意を払うのは当たり前ですね。

ono****
教祖には狭い視野で批判するものではないと言いたい。こんな貴重な体験を提供した舞鶴の海自は素晴らしいと思う。こういった批判が出るだろうことは素人でも考えるので、ホント勇気ある英断である。大体、海自の機関砲に触れたら将来暴力的な人間にでもなるとでもいうのか? 確かに中学生なら、ゲームやアニメなどの経験で武器には興味を強く持つでしょう。でも、虚構の世界ではなく、現実に存在する自衛隊や兵器の実態を目の当たりに出来た中学生たちは、将来どんな大人になるでしょう。私は、正しく平和を追求する大人になると思います。体験をどう生かすかは本人たち次第だが、中学生の考える力、選択力は素晴らしいものがある。海自のみなさんも、そういう決意をもって中学生に接してくれたはず。兵器に触れ、そこから一番広がったのは、平和への考えではなかったか。様々な配慮と手続きで体験を実現させた海自のみなさん、どうもありがとうございました。

su4*****
「戦争に教え子を送らない」ことと「戦争に関することに触れさせない」ということは全く別物である。いろんな意見や考えを学ぶ世代に自分たちの一方的な考えを押し付けるのはいかがなものかと思う。
あらゆることを体験させて、長短を学んで本人いろんなことを学ぶ機会を与えることが大切だと思います。
「先生が賛成してるのだから賛成しなさい」も「先生が反対してるのだから反対しなさい」生徒には全く関係のないことです。
なぜそうなのかを体験できる機会があることが、素晴らしいと思います。「百聞は一見に如かず、経験は百見に如かず」です。




bou*****
別に良いと思うし安全確保されていたのだから問題無いと思う。
むしろ貴重な体験が出来て羨ましい。

教職員組合も教師としてのプライドがあるなら、その特別な体験を批判などせず、しっかりと学びに昇華させなさいよ。

cat***** 
体験する子供が安全であれば問題無いのでは?
その武器を使って私達の国や安全を守っている方々が居られます。
色々な体験をして将来の目標や進路を決めるかもしれません。
大切な機会を一部のヒステリックな方の意見で無くしては欲しくないですね。

dai***** 
特殊な国家公務員の特殊な仕事を体験できる事は素晴らしいと思う。
仮に殺傷能力がある物を操作しても、殺傷能力を無効にした状態なら何の問題も無い。今回は実際の艦艇で実物の操作体験をしたと言うだけで、職場体験で無くとも自衛隊のイベントでは希望者は武器を含む装備品を触れる場合だっある。
職場体験はNGでイベントなら問題にならないって事?おかしくない?教組の考える基準がわからない。

kei***** 
体験してこそ解る事もあるのではないだろうか?
文化が違うけれども米国でも子供のうちにあえて銃を撃たせてそんな話をしていた親がいた

中学生か。うちの子もその頃は興味津々だった
ネットの普及と手先が器用なのもあるのか、殺傷能力があると見られてもおかしくないものを作っていたのでこんこんとダメな事を説いた事がある
興味を持つ年頃でもあるし教え方次第ではいい経験になったのではなかろうか?
体験させた事だけをただ否定するのは違うと思う。その時に何を意図して教えようとしたかが問題なのではないのかと。遊び半分でというならば当然反対だ

k******* | 9時間前
触るぐらい問題ないと思うですが。
これに興味を持って自衛隊に入る人がいるなら、それもよし。
武器が凶器になるのか、武器として使われるのかは本人によるものだから、そうゆうのも話をするのには本物を見て知ることも重要でしょう。

これを批判する人たちのほうが、どうかしていると思うけどね。

Lillywhite 
以前、爆笑問題が米軍基地を見学した時に「例え弾薬が無くても銃口を人に向けてはならない」と注意されていた。田中が、自動小銃を不用意に向けてしまったんだな。

その辺の指導が出来てれば良いと思う。逆に言えば、家にある包丁でも使い方分かってなければ、人を殺せるということ。

tww*****
別に構わないでしょ。職場体験って本人も希望を出せるよね。(希望が全て通るわけじゃないけど)
舞鶴に暮らしていれば、身近に海上自衛隊の艦艇を見る機会も多いし、大丸須磨店での自衛隊の展示に抗議して中止させた婦人団体といい、このように過剰に反応する教組といい、こんな人達の方がよっぽど子供達の教育に悪影響を与えてると思う。

今、自衛隊に対して教組や婦人団体のような考え方を持って危険と見る人より、災害時に命懸けで国民の命を救ってくれたり、災害復旧に尽力してくれたり、良いイメージを持っている人の方が多いと思う。

実弾が入っていたわけじゃあるまいし、こうやって掃海艇が何なのか、どんな任務が有るのか、実際にどのような行動をするのかを学ぶのが、職場体験だと思う。

hon****
自分は小学生の高学年頃、モデルガンが欲しくてたまらなかった。その頃は雑誌にもたくさん載っていたし…ブローニングとかコマンドとか好きだったし。男の子は武器に興味ある年頃が有ると思いますが、
かと言って本物は人を殺める事のできる武器だから、持ちたいとも思わなかった。
この件も、現実にこんな武器が有る事を知った上で、人を殺めてしまう武器を使用しないように平和への努力をしなければならない、とかの現実感を味わう事は無駄ではないと思いますが…
どなたかがここでおっしゃっていましたが…
わたしが幼い頃はナイフを使用して、自分が怪我をして痛い事を味わうから危険さも知り、ましてや他の人に使用してはいけないという事を自覚していきました。
今回の事よりも、兵庫県の教師のいじめ等の方が余程問題だと思うし、痛み(心も含み)を知らない人間がいじめてしまうのではないかと思っています。

czw***** 
職場体験なのに何故反対するのかわからない。弾が装填されてなく安全に気を付けているのに何が問題なのか判らない。職場体験をする上で大事なのは安全を大事に支障のない限り実際に体験する事である。上面だけ見学しても何もならない。




管理人の感想

自衛隊員は立派な職業です、自衛隊は国を守るための大切な組織です、と僕は思いま

す。

旧帝国海軍・陸軍、大本営は大きな間違いを犯したけれど、だからといって日本に武

力は必要ないというのは、現実を無視した無責任で乱暴な考え方です。

舞鶴市教職員組合は「人を殺傷する能力がある銃器を公教育の場で生徒が使用する

ことは許されない」と言ってますが、実弾を撃つわけではありません。空港見学で、

操縦桿を触らせてもらうのと一緒に思えるのですが。

それに機関砲は掃海艇に必須の装備で、機雷除去に必要な銃器です。自衛隊員はそう

いう装備も使いながら仕事をしているのです。

舞鶴市教職員組合が自衛隊での職場体験を否定するのは、職業差別をしているのと一

緒だと思うんですけど。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。