親告罪(強姦罪等)を非親告罪に!当然だ。加害者を野放しにするな。

現在、強姦や強制わいせつなどは非親告罪となっています。

被害者は、強姦の被害にあったことなど決して人に知られたくない
というのが、当然の心情です。
そのため、被害にあっても誰にも相談できず、人知れず苦しんでいる人がいれば、
人に知られたくないという当然の気持ちから、告訴できないまま苦しむ人もいます。

こういう被害者の心情を逆手にとって、これまで悪質な犯行を重ねていた奴が
つかまったという報道もあったし、現在もこういうワルはいるでしょう。

こんな連中を許してはいかんね。

まず被害者の気持ちを大切にしようという親告罪の規定の趣旨は
理解できますが、それでは加害者の次の犯行を許してしまうことになります。

性犯罪厳罰化へ答申=強姦罪、告訴不要に-法制審

法制審議会(法相の諮問機関)は12日、性犯罪の罰則を強化する刑法改正要綱骨子を金田勝年法相に答申した。法務省は来年の通常国会への刑法改正案提出を目指す。非親告罪化や男性も被害者として扱うなど、強姦(ごうかん)罪の根幹的な見直しは1907年の刑法制定以来初めてとなる。同省は今後、「強姦罪」の名称変更についても検討を進める。要綱では、強姦や強制わいせつなどを被害者の告訴がなくても検察官の判断で起訴できる「非親告罪」とした。親告罪の場合、犯罪者を処罰するかどうかの判断が被害者に委ねられているため、負担が重いと指摘されていた。強姦罪の法定刑についても、下限を懲役3年から5年に、強姦致死傷罪も下限を懲役5年から6年に引き上げ、刑法の中で最も重い罪の一つとする。
「強姦」の考え方も見直す。対象行為を一般的な「性交」に限定していたが、性交に類する行為も含む「性交等」とする。これにより、男性も強姦罪の被害者として扱えるようになる。
子供を性犯罪から守るため、家庭内での性犯罪も厳罰化する。親らが監護者としての影響力を悪用し、子に性犯罪に及んだ場合の規定も新設。児童福祉法の適用で軽い罪で済んでいたケースも強制わいせつ罪などに問えるようにする。
・・・(以下略)(2016/09/12-17:18)

記事のような厳罰化の方向には大いに賛成ですが、相手の人権を全く
無視する身勝手な犯人の悪質性を考えると、これでも罪が軽すぎると
思いますね。
被害にあった女性が一生の心の傷を負うことを考えれば、
最低でも10年以上の懲役を科しても当然と思うのですが。

さらに裁判についていうと、庶民の私には刑事裁判の傍聴に
いった経験もないのですが、裁判は原則、公開のはずです。

ですので、こうした強姦や強制わいせつなどの裁判では、今以上に
被害者のプライバシーを保護できるような方法を規定すればいいと
思います。
そうすれば、これまでの「被害者の気持ちを何より大切にする」という
趣旨もいかせるはずです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。