スポンサーリンク

「裁判員制度」開始から10年。一般市民感覚こそ大切なので裁判官自身が身につけるための努力をすべき【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

「裁判員制度」が始まってもう10年経ったそうな。

早いもんですね。

自分には全く縁のない制度として今日まできたけど、こないだ友人の息子がなんと裁判員

に選ばれて、現在、研修に行かされているそうな。

まあ、それで裁判員制度がちょっとは身近になった気がしました。

ところで、僕は裁判に市民感覚を反映させるというコンセプトには大賛成なんですが、具

体的方法としてのは裁判員制度にはあまり賛成できません。ないよりはあったほうがマ

シだとは思うけど。

なぜなら、裁判官に裁判という仕事があるがごとくに、一般市民にも普段の大切な職業・

仕事があります。それを勝手に抽選で選んでおいて、50日も何ヶ月も裁判に拘束し

て、その上、守秘義務があるとか、破ったら法的に罰せられるとか、一般市民には大きな

お世話です。

「一般市民を舐めとんのか?」と、言いたいです。

法的に休業補償もしてくれるけど、そんなこと当たり前ですよね。それにそんな過酷な裁

判員をやっても、その後、そのことが本来の自分の仕事のスキルにつながらないですよ

ね。つながらないどころか、仕事から離れた分、同僚との厳しい競争において行かれると

いう側面もあります。

しいて裁判員に選ばれた利点があるとすれば、裁判という一般市民が携われない仕事を経

験させてもらうことで、人生においてちょっと違う世界を見ることができたということぐ

らいだと思うんですよね。

その上で、裁判員の経験を酒の席で、ああだったこうだったと友人と話せたら、人生はも

っと変化に富んだものなるかもしれません。でも、そんなことやったら、守秘義務違反!

だから裁判員制度を決めたお偉方は、やっぱり上から目線なんですよね。

一般市民には受け入れられていない。だから抽選で選ばれた人の辞退率が67%にもなっ

ています。市民は自分の仕事を持っているのですから当然でしょう。

では、どうしたらいいのでしょうか。裁判官と一般市民の立場を逆転させるのです。

つまり、裁判官に職業体験をさせるのです。

裁判官も50日くらい、コンビニのレジに立ってやってみるべきです。

建設現場で力仕事もやってみろよ。

女性裁判官だったらキャバクラでホステスもやってみて、水商売の苦労を体験したらいい

のです。

市民感覚を裁判に反映させるためにまずやるべきことは、裁判官自身が市民感覚を身につ

けることです。そのために、裁判官に異種職業体験させることが効果的だと思います。

それなら現状の制度のまま、運用できるはず。

あと一点、裁判官の身分は職業柄、安全が保障されていますが、一般市民が裁判員になっ

て逆恨みを受けたらどうするのでしょう。

裁判官のようには安全上の保障がされていません。

さて、裁判員制度の現実に目を移しましょう。

裁判員裁判(一審)で死刑判決が出た37人の内、5人の被告の一審判決が覆され、無期

懲役になっています。

量刑に市民感覚が反映され、性犯罪なんかは厳罰化の方向にあるらしい。これは非常にい

いことで、法務省が裁判に市民感覚を取り入れる言ったのは、こういう方向性を期待した

からでしょう。

なのに、裁判員裁判において、裁判員が市民感覚を活かし正義と良心に基づいて死刑を選

択して、それを専門家の裁判長や裁判官が訴訟指揮をとったうえで死刑判決を導き出して

いるのに、高裁以上が何でそれを尊重しないのでしょうか。

これって高等裁判所以上が、素人の裁判員が入っている裁判員裁判を信頼していない、も

っと言えばバカにしてるってことですよね。

なぜなら、死刑判決が5年の懲役に訂正されたなんてことなら、裁判員裁判の事実認定に

大間違いがあったということだけど、死刑を無期懲役にしたということは、裁判員裁判の

事実認定に誤りはなく、高等裁判所も一審も事実認定においては共通認識があったと言う

ことでしょう。

あとは、死刑を選ぶか、無期懲役を選ぶかの問題だけ。

そこで一般市民感覚を備えた裁判員が加わる一審では死刑を選んだということです。

だったら、高裁は一審を尊重しろよ。

裁判官の中には、死刑廃止論者がいるらしい。また融通の聞かない法律家として永山基準

を盲信している裁判官もいるでしょう。

だいたい2人以上殺したら死刑にできるなんてこと、もともと根拠のないことだし、そう

した大法廷の判例を金科玉条のようにすること自体、間違いだと思うね。

そもそも、自分の欲望のために何の罪もない人の命を奪ったら、それだけで死刑にされて

当然というのが市民感覚であり、被害者感覚でしょう。

裁判官は判例とか詳しいに決まっているけど、それを知らない市民が市民感覚で判断して

ね、というのが裁判員裁判の本来の趣旨だったはず。

裁判員制度を作っておきながら、一般市民をバカにするなと管理人は言いたいよ。

ヽ(#`Д´)ノ

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。