「除夜の鐘」と「盆踊り」と「運動会」と「保育園」の音に文句をつける人たち

今日は大晦日。お寺では「除夜の鐘」がつかれます。

どこからともなく遠く聞こえてくる除夜の鐘の音は、風情があって私は好きなんですけど。

でも近年は、近隣住民からの苦情のため、「除夜の鐘」を中止せざるを得ないお寺もあるよ

うです。近所からの苦情で「除夜の鐘」を自粛する寺も…「伝統文化」と「人権」が衝突12月31日 〉

「お寺の除夜の鐘」問題について

お寺と言えば普通、大きな敷地を持っている所が多いので、鐘をつく音が真横から聞こえて

くることはないとは思うのですが、中には鐘撞堂のすぐ近くに一般住宅が建っているという

もあるでしょう。

遠くからかすかに聞こえてくる鐘の音は風情があっても、家の真横で108回ゴ~ンと響いて

くると、やっぱり風情どころではなくイラついてくるのかな。

でも1年に1回の事だし、家の近くに鐘撞堂があってそこから除夜の鐘が直接響いてくると

いう環境は、願っても簡単には手に入る環境ではないし、他所よりは良いところではない

かな。

結論。「除夜の鐘」は文句を言わずに静かに聞いて、自分の今年の行いを108回反省しましょう。

日本に住む以上、「除夜の鐘」は日本の文化なんだから、お寺にに文句を言わずに寛容な心で

対応すべきでしょう。

それに、そこのお寺は文句を言う人が住む何百年も前からすでにあったのですから。

後から来た人は、お寺があるのを承知で家を建てたり、引っ越してきたはず。

お盆の「盆踊り」問題について

これは、「除夜の鐘」より、判断が難しいです。

「盆踊り」も日本の伝統行事ですので、お盆の間くらいは、我慢するくらいの寛容性が欲し

いですね。

盆踊りって、普通、お盆の間だけでせいぜい2・3日でしょう。

ただ、盆踊りのため、大音量で流す『盆踊り音頭』は、確かに一部の人には騒音に聞こえる

場合もあるでしょう。

特に、地域のコミュニティに関心のない人はそうでしょう。

でも自分がコミュニティに関心がないからと言って、昔から地域の人々が守り育ててきた盆

踊りを止めてしまえと言うのは、自分勝手な横暴な考えだと思います。

盆踊りのスピーカーも夜9時頃には終了することが多いでしょう。

これくらいは我慢の範囲内ではないかな。

結論。地域住民どうしの関係が良いほど地域は住みやすいから、我慢するべき。

そもそも、年中行事の盆踊りにストレスを感じる自分の生き方自体を見つめ直した方がいいの

かも。

学校の「運動会」問題について

年1回の学校の運動会に「うるさい」と文句をつけてくる人がいます。

高校では体育祭と言いますが、校庭の横に新しく家を建てた人が、「うるさいので、体育祭を

止めろ」と言って来たのには驚きました。

その家にどんな事情があったかはよくわかりませんが、どんな事情があるにせよ、校庭の隣

接地に後から家を建てたのはその一家です。

学校ですから、グラウンドでは運動会もするし校内放送もします。それを自分がうるさいか

らやめろとは、よく言えたものです。

1年にたった1回の運動会の音がなぜ、がまんできないのでしょうか。

あなたたち家族もそうやって、学校教育の行事の中で育ってきたはずです。

結論。

我慢してください。1年に1回の運動会に文句をつけてくるあなたの人格に問題ありです。

文句を言うあなたも小さい頃は学校で育てられ、グラウンドの運動会で楽しい思い出を作っ

たはずです。学校の近所の人たちに支えられていたはずです。

「保育園」の音に文句をつける人

上記の運動会問題と本質的に同じ問題ですが、ただこちらは、1年中ということになります。

でも、やっぱり、保育園の方が先にそこにあったのですよね。

それを承知で保育園の近くに引っ越してきたんですよね。

文句を言うあなたも、保育園や幼稚園で育てられ、その近隣の住民に支えられてきたはずです。

文句を言うのは筋違いというもの。

ただ、放課後、意味もなく鳴っているチャイムのようなものは、学校等は注意すべきだと

思います。

結論。

保育所の園児の声を騒音と捉える大人の側の寛容性の欠如が問題です。

どうしても保育所の園児の声等が許せないのなら、引っ越しするしかないでしょう。

これは決して保育所側の横暴ではないと思います。

高速道路のような防音壁を設置するという考えもあるかもしれませんが、保育所は刑務所で

はありません。子供たちは地域に開かれた環境の中で育っていくのです。文句を言うあなたも

そうして育てられてきたのです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。