すぐにわかる「ひな祭り(桃の節句)」の歴史

もうすぐ、雛(ひな)祭りですね。

雛祭りは、女の子を授かったご両親や子どもたちにとって、華やかで思い出深い行事にな

っていることと思います。

我が家でも、幸い女の子を授かって、楽しい年中行事となっていました。

お雛様は娘が嫁いだ今でも飾っています。

【関連投稿】
子供に聞かれたら?もうすぐ桃の節句、旧暦=太陰暦ではなかった?

お雛様をリースするボランティア活動。でもお雛様には大切な思い出が!

スポンサーリンク

ひな祭り(桃の節句)の歴史

3月3日は、「ひな祭り」として知られています。

「ひな祭り」は「桃の節句」ともいいますが、正しくは上巳(じょうし、じょうみ)の節

句といいます。

3月の初めの巳の日という意味ですが、後に3日に定まり、ちょうど桃の季節でもあるの

で、今では桃の節句という美しい名前になっています。

もともとは、人形(ひとがた)、あるいは形代(かたしろ)と呼ぶ紙やわらで作った素朴

な人形に、自分の災厄を移して海や川に流したお祓いの行事(流し雛)と、平安時代に始

まる人形遊び(ひいな遊び)とが、長い年月の間に結びついたのが、現在の「ひな祭り」

になったと考えられています。

このように、「ひな祭り」は生まれた女の子が健やかに育つことを願って行う楽しい年中

行事ですが、私は兄弟の男の子の幸せも一緒に願っていました。

「節」「節句」とは

「節」は季節の変わり目という意味で、「節句」は季節の節目に、無病息災、豊作、子孫

繁栄などを願って、お供え物をしたり、邪気を祓う行事で「節供(せっく)」ともいいま

す。

「節供」とは、文字通り季節の変り目に神に供えた食物のことです。

江戸時代は、1年のうちで特に重要な節目を五節句として式日(しきじつ)に定めていま

した。

五節句

次の5つを五節句といい、中国から伝わったものです。

☆人日(じんじつ・1月7日)=七草の節句

この日は七草粥を食べます

☆上巳(じょうし・3月3日)=桃の節句

☆端午(たんご・5月5日)=菖蒲の節句・端午の節句

菖蒲をお風呂に入れました。(菖蒲湯)

☆七夕(たなばた・7月7日)

☆重陽(ちょうよう・9月9日)=菊の節句

この日は菊を浮かべた酒を飲むそうですが、我が家にはその風習はありませんでした。

皆さんのお家ではどうでしょうか。

これらの節句は、中国の陰陽五行説に由来していますが、現在にまで伝わっていることを

考えると、きっと日本の文化・風習によく馴染んだからでしょう。

5つとも奇数月ですが、陰陽五行説では奇数は「陽の数」として縁起の良い数とされてお

り、現在でもお祝い事や祭事のお供えの金銭は奇数の1万円札を入れますよね。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。