端午の節句は元々は女性のための節句。「鯉のぼり」に母親鯉はいない

こんにちは。

こないだ娘に初めての赤ちゃんが産まれて、みんな大喜び。

赤ちゃんは男の子。

今年の5月5日はこの子にとって初めての「端午の節句」なので、初節句ということにな

ります。女の子なら3月3日(桃の節句)に行いますよね。

でも、この赤ちゃんは、少し前に産まれたばかりなので、初節句は来年の5月5日にお祝

いすることにしました。

なので、今度の5月5日はちょっとした飾り物をプレゼントして、兜とか鎧とかの初節

句のお祝いは来年の5月5日にすることにしました。

娘夫婦もはじめての赤ちゃんの世話で、今は端午の節句のお祝いどころではない感じ。

なので、生後1~2ヶ月の場合は、すぐにやってくる5月5日には行わず、翌年に行う場合

も多いようです。

ということで、我が家もこの例に習いました。

こちらの方(近畿圏)は、お嫁さんの実家が鎧・兜などの五月人形を贈る習わしだと思う

んだけど、嫁ぎ先は東京なんで、東京ではどうなんでしょうか。

まあ、現在は、いろんなパターンがあって、お婿さんとお嫁さんの実家が相談して、費用

は折半するようなものもあります。これなんかは両家が仲良くなるし、イイ感じだと思う

けど、これがきっかけで「仲違い」なんてこともありうるな。

さて、今日はこの「端午の節句」が元は女性の節句だったという話。

スポンサーリンク

知ってた?端午の節句は元々、女性の節句だった

「端午の節句」は男の子のお祝いで、「桃の節句」は女の子のお祝いということは、日本

中に定着しています。

でも、元々の由来をたどると、「端午の節句」は「女性のお祭り」だったそうです。

「知らなかった!」

端午の節句が女性の節句だった理由は?

端午の節句といえば、今は男の子の健やかな成長を願うお祝いの日ですが、古くには女

性の行事だったのです。

引用:ウィキペディア

昔、中国では五月は悪い月とされ、薬草をとって悪い気をはらう行事があり、かおりの強いアオイや菖蒲には、魔よけの力があると信じられていた。また、このころは、ちょうど田植えのシーズン。田植えは、昔、女性の仕事だったから、この日は女性が大切にされ、女性だけが菖蒲をふいた屋根のある小屋に集まり、そこで過ごした。これが「菖蒲の節句」=「女の人の節句」と呼ばれる。しかし江戸時代になると、菖蒲が「尚武(武を重んじること)」に変わり、男の子の節句となった

江戸時代になると、菖蒲の読みが「尚武(武を重んじること)」と重なることから、「尚

武」に変わり、男の子の節句に変化していったんですね。

鯉のぼりには「お母さん鯉」はいない

また、端午の節句だけは、女性が菖蒲をふいた屋根のある小屋に集まり、そこで過ごして

身を休めたんですね。

なので端午の節句には女性の姿が見えないので、「鯉のぼり」には、「お母さん鯉」がい

ないのだそうです。

私、一番大きな黒い真鯉がお父さんで、その次に大きな緋鯉がお母さんだとずっと思って

たんですけど、違うんですね。

ということは、あの緋鯉は「お姉さん鯉」ということになるのかな。

なるほど、童謡の「こいのぼり」の歌詞には、お母さん鯉は出てきません。

〈引用:ヤフー画像〉
画像

やねより たかい こいのぼり
おおきい まごいは おとうさん
ちいさい ひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。