スポンサーリンク

「加計学園問題」腹立たしい柳瀬元秘書官の答弁のおかげで夫婦喧嘩

柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が国会の参考人招致で、愛媛県職員らとの首

相官邸での面会(2015年4月2日)について答弁しました。

柳瀬元秘書官いわく、

「面会した民間人は加計学園だけ。3回面会」

「首相への面会報告はいちいちしていない」

「愛媛県側と面会していない」

スポンサーリンク

問題点は嘘をつくなということだけ

最初、加計学園関係者とも面会した記憶はないと言っていたのに。

また、愛媛県との面会については、中村知事が証拠として、柳瀬元秘書官の名刺もオープ

ンし、面会記録も愛媛県に残っています。

なのに国会招致でも、柳瀬元秘書官は「愛媛県と会った記憶はない」と言っている。

これをきいたら大方の国民ははrだた市区思うのではないdしょうあkね 。

柳瀬元秘書官は、「国会ですべて誠実にお話する」と言っていたのに実に腹立たしい。

愛媛県の中村知事が言っていたように、「最初から正直に話しておれば簡単な話」だった

のに。

何であんなに嘘をついて、真実を小出しにしていくのか。

結局、加計学園に対する特別扱い(首相案件)を隠そうとした、だから安倍首相が知らな

かったことにしておかないといけないということでしょう。

おかげで、朝から妻と口論?

何で、庶民の茶の間で、右派・左派に分かれて論戦しなければならないんだー?

柳瀬元首相秘書官さん、あなたが最初から事実を話しておけば何でもない話だったんです

よー。

(私)…

「安倍首相周辺の特別扱い、利益誘導を野党が追求するのはいいことだ。しかし、追求の

ための確たる証拠を持っていない。なので、ああだ、こうだとダラダラと引きずっていく

しかない。この点、野党は大いにイメージダウン。 でも、権力者の身勝手を追求するの

はいいことだ。」

(妻)…

「野党はいつまで、❝もりかけ❞を政局にしようとしているの。こんな大事な時期に国会を

欠席するなんて許せない。庶民が苦労して収めた税金を国会空転で無駄使いするのは許せ

ない。(主婦の感覚かな?)

蓮舫議員が柳瀬元秘書官に嘘をつくなと迫るのはおかしい。説得力なし。自分の国籍問題

のときの答弁を思い出してみて」

妻は、どうも口角泡を飛ばして政府を追求する女性議員を嫌いらしい。蓮舫然り、辻元然

り、福島瑞穂然り。(女性同士の感覚かな?)

そりゃあ、私も野党が国会を欠席していたのは、いいことではないと思いますよ。

でもそれ以上に、安倍政権の最近のやり方、安倍首相の周辺の議員の皆さんの言動が腹立

たしいのです。

例えば、金田元法務大臣のバカ答弁。

あのとき、安倍首相は即刻、金田法相の解任をすべきだったと思うんですけど。

また、稲田元防衛大臣の「防衛大臣も自衛隊も自民党を応援しています」との暴言など、

とても大臣の発言とは思えません。

安倍首相の国民の安全・幸福には軍事力が必要不可欠という考えはとても正しいと思うん

ですけど。

与党は謝罪すべきことはきちんと謝罪し、野党は振り上げた拳をいい加減に降ろして、与

野党一致団結して、拉致問題等、国難に立ち向かうべきでしょう。

<加計問題>柳瀬氏答弁広がる矛盾 愛媛知事、証拠示し反論
5/12(土) 0:59配信 毎日新聞
学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が国会の参考人招致で、2015年4月2日の愛媛県職員らとの首相官邸での面会について答弁した内容に対し、同県の中村時広知事は11日、定例記者会見で柳瀬氏の名刺を示すなどして反論。「県職員の信頼にかかわる」と批判し、面会の人数、現獣医学部長の同席の有無など重要な点についても矛盾が広がった。

柳瀬氏は10日にあった衆参両院の予算委員会の参考人質疑で、学園関係者との面会を認める一方、県や今治市の職員については「随行者の中にいたかもしれない」などと答弁した。また、「(面会相手は)10人近くのずいぶん大勢」とした上で、話していたのはほとんどが吉川泰弘・元東大教授(現・岡山理科大獣医学部長)や加計学園の事務局職員で、「保存している名刺の中に、県や市の職員の人の名刺はなかった」とも話した。

これに対し、中村知事は会見で「県職員は子供の使いではない」と反発。県、市、加計学園関係者の計6人が全員メインテーブルにつき、真ん中には県職員がいたと説明した。吉川氏については「2日(の面会の際)はいなかった」と断言した。

更に県職員が当時の記憶を基に、柳瀬氏に説明した内容をまとめた文書も公表。「(柳瀬氏と)会った会わないという単純な話をなぜ引きずらないといけないのか」と述べ、一連の問題に終止符を打つため、職員からの申し出で名刺を公開したことを明らかにした。

一方、県職員が作成した文書に「首相案件」と書かれていたことについて、柳瀬氏が「(私は)普段から首相という言葉は使わないので違和感がある」と述べたことに反論。「地方では総理ってあまり言わない」と述べ、「総理」という言葉を聞いた職員が「首相」とメモした可能性に言及した。

今治市も11日、柳瀬氏との面会の際、獣医学部新設に関する取り組みなどを説明したと明らかにした。

◇首長経験者が愛媛県擁護

愛媛県の異例の対応について、他の首長経験者からも「政府より、記録を残している県を信用すべきだ」と擁護する声が上がる。

元神奈川県逗子市長の富野暉一郎・福知山公立大副学長は「官邸が何の記録も残していないなどあり得ない」と指摘する。首相秘書官が自治体の職員と会うことは極めて珍しいとして、「愛媛県には非常に重要な面談で、記録は正確に残したはずだ」と話す。

前鳥取県知事の片山善博・早稲田大大学院教授も「今の政府はうそをつきすぎて、しどろもどろになっている」と国側の対応を批判。愛媛県が柳瀬氏の名刺などを公開したことについては「政府が本当のことを明らかにしないなら、当然の対応だ」と擁護し、「柳瀬氏は早く真実を話すべきだ」と訴えた。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。