ゲスト出演の役作りのため、前歯を抜いた女優がいた。いったい誰?酒井若菜さん

このニュース配信には正直驚きました。

そもそも、大人が健康な永久歯を抜くなどとんでもないことだと、

僕は思っています。それも、特に目立つ大切な前歯を!

年齢が進むにつれて、健康な歯の数、髪の毛の数がとても大切なもの

に思えてきます。

歯医者さんも、健康な歯の数は若さのバロメーターだとおっしゃっています。

逆に歯が抜けていく人は、そうでない人に比べ、肉体的にも精神的にも

加齢が進むとのことです。

そんな大切な前歯を1本、何とドラマの役作りのためだけに、

抜いた女優さんがいるというのです。

その名前は、酒井若菜(35)さん。(僕は全く知らない女優さんでした)

しかもです。主演ではないのです。

それどころか、単にゲスト出演の役柄です。

そのドラマは、ユースケ・サンタマリア(45)が、

主演しているフジテレビ系ドラマ「火の粉」(土曜・後11時40分)で、

その第4話(23日放送)と5話(30日放送)にゲスト出演するのです。

酒井若菜さんは「「私、この役作りで、前歯を一本抜きました。そして、銀歯を入れて撮影していました。」

とブログで抜歯を明かしました。

実は僕はこのドラマを第1話から見ていて、とてもおもしろいです。

酒井若菜、ドラマゲスト出演のため役作りで前歯1本抜く

スポーツ報知4月23日(土)13時8分配信

女優の酒井若菜(35)が23日に更新したブログで、役作りのために前歯1本を抜いたことを明かした。

酒井はユースケ・サンタマリア(45)主演のフジテレビ系ドラマ「火の粉」(土曜・後11時40分)の第4話(23日放送)と5話(30日放送)にゲスト出演。酒井は「「私、この役作りで、前歯を一本抜きました。そして、銀歯を入れて撮影していました。

どこにも出かけられなかったよ。はは」と明かすと、「クマやほうれい線がいっぱい出るように、極力ブスに映れるように、努めました。お楽しみに」とつづった。

歯を抜いてまで役作りをしたのは、「私は、以前から言っているように、役や作品の大きさで、役作りの程度を変えることができないのです。ゲスト出演でも、必要ならば歯の一本くらい抜く。それが私の仕事に対する誠意です」と説明。また、「大切なユースケさんの、大切な主演作に、少しでも貢献できればと思い、ユースケさんはじめ、皆さんと相談して、抜いちゃいました」とユースケに対する思いも明かした。・・・・・・・・・・・

僕が今、一番おもしろいと思っているドラマは、この「火の粉」なんです。

でも、視聴者として、酒井さんが言うほどのリアリティをドラマに求めていません。

(悪いけど。所詮、フィクションですから)

上の記事には、「ユースケさんはじめ、皆さんと相談して、抜いちゃいました」とありますが、

本当に相談されたんでしょうか。

僕がユースケ・サンタマリアなら、絶対にノーサンキューで、

酒井さんには本物の歯を抜かなくても、メイクや演技でカバーできるよと

アドバイスすると思います。

相談して抜いたのが本当だとしたら、ドラマの関係者のみなさんは

どんな話をされたんでしょうか。

みなさんも、抜歯を止めるようにアドバイスをされたのではないでしょうか。

ニュースの中で、酒井さんは「ゲスト出演でも、必要ならば歯の一本くらい抜く。

それが私の仕事に対する誠意です」と断固、おっしゃっているので

本人の意志がきっと固かったのでしょう。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。