高畑敦子さんの記者会見。マスコミレポーターの愚かさと下品さ。でも視聴者の良識に安心した。

テレビで、高畑淳子さんの記者会見を見ているんだけど、
レポーター(一部の人)の質問が愚かすぎます。
(まともな質問もあったけど)

「子供は成人しているが、親のあり方をどう思いますか?」
「息子さんが強姦をするようなことを予感しなかったですか?」
「息子さんの性欲が強いと感じたことはありますか?」
「ご自身の子育てについてどう思いますか?」
「女性に対して危ういなと思ったことは?」
「息子はすいませんといっているらしいが、何に対して謝っていると思いますか?」
「被害者に何と言って謝りますか?」

強姦致傷で逮捕された息子の母親に対して、
なんだ、このバカ質問は!恥を知れ!

〇 わが子を見て「強姦しそうな目つきをしているな」なんて思う
親がいるわけないだろ!
〇 わが子が犯罪者になることを期待して子育てをする親がいるわけないだろ!

レポーターというのはどんな方々でしょうか。
この中に、正式な身分の局アナもいるんでしょうか。

世の中の大勢の人々に発信する立場にあるわけだから、
レポーターの人にはしっかりと教育してほしいな。

でも、ネットやSNSを見てホッとしました。
大勢の人がこの記者会見やその中での質問に憤りを覚えています。

ネット社会の無責任さや犯罪性が指摘されることが多いですが、
こうして良識的な判断も拡散させることができるんですね。

そもそも、成人の犯罪ですから別人格の親を引きずり出す
ことはできないはずです。
母親が芸能人だからこそ、ああして記者会見になったのですから、
マスコミの側も人として最低限の良識は持ち合わせてほしいです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。